可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ピアノで演奏する最も美しいエイナウディの作品6選

によって書かれた
Clara Avrillier
ライターについて
Clara Avrillierは幼い頃から音楽に親しみ、合唱団で歌ったり、複数のオーケストラで打楽器パートを担っていました。その後、スコットランドでピアノとクラシック音楽を学びました。言語学の修士号を取得後、音楽と言語のスキルを結集させて、Tomplayの一員としての道をスタートさせました。
発刊の日付
18/06/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏する最も美しいエイナウディの作品6選

ピアノで演奏するルドヴィコ・エイナウディの最も美しい作品集をご覧ください。これらの作品の運指が記された楽譜はすべて、Tomplayアプリ及びWeb サイト上にご用意しております!

ルドヴィコ・エイナウディは、軽快でリズミカルな音楽でその名が知られるようになりました。現代最高の作曲家の 1 人として認められているこのイタリア人ピアニスト (トリノ生まれ) の作品は、20 年以上にわたって、増え続ける忠実な聴衆を喜ばせてきました。

彼は、クラシックから電子音楽まで、さまざまな様式で作曲し、アルバムを作成し、世界中の有名なコンサート・ホールで満員の聴衆を前に演奏し、また、数々の賞を受賞した映画音楽を手掛けたことで、トップに躍り出ました。彼の作品は瞑想的で、しばしば内省的です。

幼い頃、彼にピアノに導いたのは母親でした。父のジュリオ・エイナウディは出版を手がけており、エイナウディ出版社の創設者でもあります。祖父のルイジ・エイナウディは1948年から1955年までイタリアの大統領を務めました。

1982年、ルドヴィコ・エイナウディはミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で作曲を学びました。その後、奨学金を得て米国のタングルウッド音楽祭に参加し、作曲家のルチアーノ・ベリオのもとで音楽の勉強を続けました。 

正統派路線で数年を費やした後、1986年にナルト、彼はより自由かつ個人的な音楽言語を探し始めました。彼のキャリアが始まったのは、 成功を収めた初のレコーディング"Le Onde”をリリースした1990 年代でした。 

自身の音楽について、彼は次のように述べています。「概して、私は定義が好きではありませんが、"ミニマリスト”とは優雅さ、そしてオープンであることを意味する用語であり、その他の定義よりは、"ミニマリスト"と呼ばれたいと思います。」

1. Nuvole Bianche

▶️ ピアノ・ソロで、ルドヴィコ・エイナウディの"Nuvole Bianche”を演奏してみましょう

エイナウディの音楽はそのシンプルさで知られていますが、この作品も例外ではありません:この作品の基礎を成す 4 つの和音があり、作品全体に変奏が登場します。"Nuvole Biancheを聴くと、平和な、そしてリラックスできる言葉が頭に浮かびます。  

2004 年に、アルバム「Una Mattina」に収録される形でリリースされたこの作品は、もともとピアノ・ソロのために書かれましたが、ピアノ&ヴォーカルのバージョンも作られました。エイナウディはNuvole Biancheについて以下のように述べています。「...吊るされているかのような軽やかさがあります。奥行きがないという意味ではなく、この音楽はどこか浮かんでいる、そういう、軽やかさです。それは、私に、真の、そして全うに誠実な感情を考えさせるものです。」  

この作品はヘ短調で書かれていますが、和声は長調と短調の間を行き来します。リズミカルなテクスチャのレイヤーとともに、空を横切って移動するNuvole Bianche (白い雲) を実際に想像することができます。  

この作品では、両手共に一貫した8分音符を演奏することになり、両手の優れた調整が必要です。多くのピアニストには利き手があることを考えると、これは大きな挑戦でもあります。  

ここで、Tomplay が役立ちます。"Nuvole Bianche”のピアノ・ソロ譜には、運指やテンポ変更のオプションといった便利な機能が搭載されています。お楽しみ下さい!

2. Fly

▶️ ピアノ・ソロで、ルドヴィコ・エイナウディの"Fly”を演奏してみましょう

ルドヴィコ・エイナウディは、2006 年にリリースされたアルバム「 Divenire 」のために "Fly “を作曲しました。しかし、この美しい作品を有名にしたのはフランス映画「最強のふたり」であり、ヴィヴァルディの作品やアース・ウインド&ファイアーの楽曲と並んでサウンドトラックに登場します。

映画のサウンドトラックに収録されているエイナウディの作品は "Fly “だけではありません。後ほど登場する大成功を収めた" Una Mattina "も含まれています。作曲家自身が、映画「最強のふたり」の音楽の一部を手掛けました。映画の監督たちはネットで彼を発見し、マイケル・ナイマンやトーマス・ニューマンに似た彼の作曲スタイルを気に入ったのです。

この映画は、四肢麻痺の貴族 (フランソワ・クリュゼ) が日常生活を手伝ってもらうべく、問題を抱えた若者 (オマール・シー) を雇い、その模様を描くものです。この感動的かつ面白い物語の音楽の作り手として、監督たちは、一定の距離を保ちながら、音楽を通じてさまざまな感情を伝えることができる作曲家を必要としていました。 

" Fly "は反復的な 4 分音符で始まり、続いてシンコペーションが登場します。その後、旋律にシンコペーションを伴う三連符が用いられ、最初の音楽的アイデアに戻ります。  

ピアノと重なり、絡み合って緊張感を生み出す電子音は、作品の雰囲気において徐々に重要な役割を果たします。よく見てみると、エイナウディはここでも、後ほどご紹介する大ヒット曲 “Divenire" で使用しているのと同じ”トリック"を使用しています。

ピアノ・ソロ用にご用意したFly" の楽譜をTomplayで発見し、楽譜に同期したプロが演奏する音源も聴いて、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら演奏してみて下さい。

3. Elegy for the Arctic

▶️ ピアノ・ソロで、ルドヴィコ・エイナウディの"Elegy for the Arcticを演奏してみましょう

2016 年 6 月、ルドヴィコ・エイナウディはGreenpeaceと組んで北極圏でコンサートを行い、北極の公海に海洋保護区を建設するキャンペーンを支援し、氷河の融解と海面上昇に対する意識を高めました。  

彼は、ノルウェーの群島であるスヴァールバル諸島のWahlenbergbreen氷河の前にある、北極海の浮遊式プラットフォームで、この機会のために特別に作曲された作品「Elegy for the Arctic」を初めて演奏しました。 「そこで演奏していて、まるで神々のために演奏しているような気分だった」と彼は述べています。  

その作曲家の演奏には、氷の塊が砕けて水に落ちる音も入っていました。これは、地球上で最も危機にさらされている場所の 1 つ (私たち全員が依存している) を保護するために立ち上げられたキャンペーンにとって、魔法のような、厳粛な瞬間でした。  

ピアノ・ソロ用にご用意している"Elegy for the Arctic Tomplay を使用して演奏してみましょう。楽譜に同期したプロが演奏する音源も聴いて、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら演奏してみて下さい。

4. Divenire

▶️ピアノ・ソロで、ルドヴィコ・エイナウディの"Divenire "を演奏してみましょう

2006 年、ルドヴィコ・エイナウディは、これまでで最も野心的であり、ベストセラーとなったアルバム「Divenire」をリリースしました。その中で、その作曲家は多くの音楽様式をまとめ上げ、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、そして様々なデジタル エフェクトの助けを借りて、それを昇華しました。

エイナウディの Web サイト上で、彼は以下のように述べています。「私が招待された2002年に始まり、長い年月をかけて生み出された”Divenire"….標高2000メートルの高原で演奏する曲を書くために(...): その機会のために、私はピアノのための組曲を2曲書きました。ハープと弦楽オーケストラは、19 世紀のスイスのアーティスト、ジョヴァンニセガンティーニによる 3 枚の絵画、La vita、La natura、La morte (生命、自然、死) からインスピレーションを得ています。  

素晴らしい環境の中でオーケストラと共演することは、非常に強烈な経験でした。私はまるで山腹を流れ落ちる小川の中にいるような気分でした。その中に没頭するだけでなく、止められないその水の勢いの一部を実際に体験しました (...)。その経験以来、私は他にも多くのことをしてきましたが、遅かれ早かれそのアイデアを発展させ、それを拡張することを常に考えていました。」  

アルバムはリリースと同時に一大ブームを巻き起こし、ヨーロッパ中のクラシック音楽チャートのトップを飾り、イタリアのポップ チャートを席巻しました。エイナウディはその後、キャリアの中で最大のツアーに乗り出し、ヨーロッパ中で 80 回のコンサートを行い、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの忘れられないパフォーマンスで締めくくりました。  

このアルバムのメインの楽曲である” Divenire" は、彼の最も美しい作品の 1 つです。それはエネルギーと感情の旋風であり、自然に浮き沈みを繰り返します。音符が物語るストーリーへの興味を失うことなく、私たちを魅了します。

“Divenire" は右手のシンプルなメロディで始まり、左手のオーケストラのオスティナートに支えられます。ここでも、エイナウディはミニマリズムを用いて作品の原動力を生み出しています。和音は、ドラマチックで内省的なエンディングに向かって、繰り返しの中で豊かなモチーフに発展します。  

ピアノ・ソロでご用意している”Divenireを、 Tomplay で演奏してみましょう。片手練習機能を活用し、一方のパートの高音質音源に合わせて、片手ずつ練習してみましょう。

5. Una Mattina

"Una Mattina" は、映画「最強のふたり」で聞くことのできるエイナウディのもう 1 つの有名な作品です。これは、"Divenire"の前にリリースされた、2004 年の同名アルバムに収録されており、ピアノとチェロのための小品が含まれます。  

エイナウディはそのアルバムを以下のように表現しています。「...物語によってリンクされた楽曲のコレクション...私がタゴールと呼んでいる私のピアノ、私の子どもたち、ジェシカとレオ、リビングルームを明るく照らすオレンジ色のキリム絨毯、雲空をゆっくりと帆走し、窓から差し込む陽光、私が聴く音楽、読む本と読まない本、思い出、友人、愛する人たち」  

この作品は、同映画のラストシーンで演奏され、強烈で感動的な瞬間への素晴らしい瞬間を作り上げるものです。作品は、エイナウディ特有の一貫したリズムで始まり、右手は表現力豊かなメロディを奏で続けます。  

"Una Mattina"は、ペダリングの練習や両手のバランスの習得に最適です。  

6. Experience

"Experience"は、 2013 年のアルバム 「In a Time Lapse」でリリースされました。リリースの 2 日前、エイナウディは、"Experience"を含むアルバムのトラックのいくつかを、ミラノの自宅から自分の YouTube チャンネル上で、ライブ演奏しました。  

この作品は、もともとピアノと弦楽オーケストラのために、ハープも交えて書かれたものです。エイナウディ自身、ヴィヴァルディ時代のイタリア・バロック作品と比較しています。  

この作品を調べると、その音楽に力が蓄積されていることがわかります。短い導入部の後、メロディは右手でゆっくりと展開します。16 分音符が両手に現れ、作品の壮大さに貢献します。短い休止の後、作品のエネルギッシュなリズムが引き継がれます。 

 

 Tomplay.com でその他のピアノ譜を発見して下さい。

コメントを追加...