可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ドラムで演奏する、最高のジャズ 6曲

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
25/05/2021
詳細を表示する/隠す

ドラムで演奏する、最高のジャズ 6曲

ジャズミュージックのヒット曲 6曲を発見し、それらの歴史を少し学んでみましょう。複数のレベルにアレンジされた、各曲のドラム譜へのリンクが含まれています。アレンジは2つのモードでご用意しています。1つは音符が書かれた楽譜モード、もう1つは即興モードです。どちらのモードでも、プロが演奏する、自分のパート以外の音源に合わせて演奏して頂けます。

1. “リスペクト” - アレサ・フランクリン

▶️アレサ・フランクリンの“リスペクト”を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう[1] 

アレサ・フランクリンの“リスペクト”という楽曲は誰もが知っていますが、その起源は広くは一般に知られていません。   “リスペクト"は、1965年にアメリカの歌手オーティス・レディングが作曲し、録音したものです。元の歌詞は、パートナーによって尊重され、考慮されることを要求する男性の物語を語るものです。それは、妻が望むすべてのものを妻に与えたいと願う絶望的な男性の訴えです。彼女が彼を傷つけたかどうかは関係ありません。重要なのは、彼がお金を家に持ち帰ったときに彼女を尊敬できるということだけです。マッチョな感じがしませんか?   

1967年、レコードプロデューサーのジェリー・ウェクスラーは、この曲を若くてまだ世に知られていない歌手であったアレサ・フランクリンがカバーするべきだと提案し、関係する登場人物の性別を逆転させ、その曲を、当時の非常に前衛的なフェミニストの賛美歌にしました!   

このバージョンは、米国における人種差別に反対する抗議運動にも関連しており、「尊重」の主張を社会全体に広げるものです。 複数のレベルでドラム用にアレンジされた“リスペクト”のTomplay譜をご覧ください。 オンスクリーン・ドラムといったTomplayの沢山の機能を活用し、高音質伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

2. “ABC" -  ジャクソン5

▶️ ジャクソン5の“ABC"を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう [2] 

次に、1970年にリリースされたジャクソン5のヒット曲「ABC」を見てみましょう。この曲は、グループの最初のヒット曲である"I Want You Back"の姉妹曲として、認知されています。  

モータウン・レーベルの創設者であるベリー・ゴーディが、次のジャクソン5のヒット曲に、"I Want You Back”と同じ家族の雰囲気を持たせるように依頼し、この曲でそれが実現されています。

これら2つの楽曲の主な違いは、"ABC" の歌詞が子どもたちのグループによって歌われることを意図して書かれたことです。これは、嫉妬を取り上げたり、愛の関係が損なわれた後に誰かを取り戻すことをテーマにした以前のヒット曲とは異なるものです。”ABC”は、子どもらしさが出ている曲ですが、その完成度は素晴らしいものです!

マイケルは兄弟たちに、愛はABCと同じくらい簡単だと説明します。彼らは複雑で正確な声の相互作用にて応答しあいます。素敵ですよね!

ちなみに、"1-2-3"と呼ばれるはずだったこの曲は、ポップチャートのトップにあったビートルズの"Let It Be”の座を奪いました!   

複数のレベルで、ドラム用にアレンジした”ABC”の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜に書き込みをしたり、オンスクリーン・ドラムといったTomplayの機能を活用して、マルチトラック伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

3. "Living in America" - ジェームス・ブラウン

▶️️ ジェームスブラウンの"Living in America"を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう[3] 

1970年代半ばの恵まれた時期からわずかに停滞期に入ったあと、ジェームス・ブラウンは自分のキャリアが突然ストップすることを経験することになります。皮肉なことに、彼の音楽は、1970年代のディスコサウンドや1980年代のより生々しいストリートサウンドが流れていたディスコやナイトクラブで、それほど人気が​​ありませんでした。   

しかし、パフォーマンスとリニューアルに関して、1970年代の終盤は、魂のゴッドファーザとも言える彼にとって穏やかな時期でした。   

1985年には、映画「ロッキー4/炎の友情」が公開され、それと共にジェームス・ブラウンのキャリアに新たな息吹を吹き込んだ作品"Living in America" がリリースされました。成功したハリウッド映画が、認識されることを求めている偉大なアーティストの重要性を回帰することは驚くべきことです!   

ジェームス・ブラウンのスタイルに非常に沿っている一方で、"Living in America" の最も珍しい特徴の1つは、彼が自分で書いた曲ではないという事実です。彼は、非常に才能のある作曲家であり、自身のヒット曲のほとんどは、彼が書いたものです。   シルベスター・スタローンと共に、米国対ソ連をテーマにしたボクシング映画「ロッキー4/炎の友情」は皆さまの記憶にあるものでしょう。

この映画はあまり成熟したものではありませんでしたが、当時は観客は魅了され、彼らの支持を得ました。   史上最高の映画リストに分類されることは確実ではないものの、「ロッキー4/炎の友情」は当時最も収益性の高い映画の1つでした。 "Living in America" は、人々の喜びを反映し、当時のアメリカ人が享受していた自由を描いています。   

複数のレベルで、ドラム用にアレンジした"Living in America" の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜に書き込みをしたり、オンスクリーン・ドラムといったTomplayの機能を活用して、マルチトラック伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

4. "Hit the Road Jack" - レイ・チャールズ

▶️️ レイチャールズの"Hit the Road Jack"を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう[4] 

魂を呼び起こさせ、アメリカ音楽に深く影響を与えたレイ・チャールズは、ジャズ、カントリー、ブルースからインスピレーションを得ました。

 “Hit the Road Jack”は、パーシー・メイフィールドが書いた曲で、レイ・チャールズが初めて録音した曲です。それは、彼の最も有名な楽曲の一つでもあります。

その曲は、夫婦のちょっとコミカルな議論の模様を描いています。妻は片付けをしようとしますが、夫は彼女を説得して、そこに置いておくようにしようとします!この歌は、作家のジャック・ケルアック及び彼の本「オン・ザ・ロード」に捧げられています。

Tomplayを使って、ドラムで"Hit the Road Jack”を演奏してみましょう。[再生]を押すと、楽譜が画面上で自動的にスクロールするので、ページをめくる必要はありません。

5. “ハッピー”  - ファレル・ウィリアムズ

▶️️ ファレル・ウィリアムズの“ハッピー”を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう

今日の殆どのポップス曲とは異なり、“ハッピー” はファレル・ウィリアムズがアニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」のサントラのために書いたものです。 

この歌がキャッチーである鍵は、その繰り返しにあります。「ハッピー」という言葉は56回繰り返され、コーラスはその曲の半分以上を占めます。

トレンドを無視せずにユニークな楽曲を作ることは、不可能に思えます。ですがこれは、ファレル・ウィリアムスが”Happy"を作曲するにあたって賭けたことで、彼は、"Blurred Lines”や"Get Lucky”といったヒット曲の流れに乗りながら、R&BやFunk、ジャズミュージックの要素も組み入れたのです。 

ドラム用にアレンジされた”Happy”の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜に書き込みをして、高音質伴奏音源に合わせてテンポを自由に調節しながら演奏してみましょう。

6. "Uptown Funk" - ブルーノマーズ

▶️️ ブルーノマーズの "Uptown Funk"を、伴奏音源に合わせてドラムで演奏してみましょう[5] 

2016年2月7日、カリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで第50回スーパーボウルが開催され、1億人がテレビでその様子を視聴しました。   

このイベントでパフォーマンスを行うことは多くのアメリカ人アーティストの夢ですが、それをできる人はほとんどいません。その夜、その役目を担ったアーティストには、コールドプレイとビヨンセもいました。そして、ブルーノ・マーズがステージに上がると、観客は夢中になりました!  

マーク・ロンソンと一緒に、彼は数時間続くジャムセッションから生まれた楽曲"Uptown Funk"のバリエーションを演奏しました。このコンテクストにおいて、この楽曲は「コンテンポラリー・クラシック」と広く認知されることになります。   

複数のレベルで、ドラム用にアレンジした"Uptown Funk"の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜に書き込みをしたり、オンスクリーン・ドラムといったTomplayの機能を活用して、グループの他パートのマルチトラック伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

コメントを追加...

  • Fred LAMANT
    21/03/2021
    Bonjour , auriez vous la partition version batterie de Whole lotta love de Led zeppelin ? Merci et bonne journée
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • 25/05/2021
    Amazing article, thank you!
    あなたのコメントは承認後公開されます