日々
時間
議事録

特別オファー / 年間サブスクリプション

30%オフ
オファーの特典を受ける!

ピアノで演奏する最も美しいクリスマス音楽10選

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
24/09/2020
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏する最も美しいクリスマス音楽10選

クリスマスの休暇まで残り数週間となりました!Tomplayを使えば、あなたの愛する人に演奏を聴かせるために、伝統的なクリスマス・キャロルを簡単に学ぶことができます。

各作品には、初心者用、初級、中級、上級の複数のレベルにアレンジしたピアノ譜へのリンクが含まれています。

 

20%オフでご利用頂ける、複数のレベルでピアノのためにアレンジしたピアノのための最も美しいクリスマス音楽コレクションもチェックしてみましょう。

 

1. ジョイ・トゥ・ザ・ワールド

▶️ 初心者用初級中級上級でご用意した”ジョイ・トゥ・ザ・ワールド"をピアノ・ソロで演奏してみましょう。

“ジョイ・トゥ・ザ・ワールド”は、アメリカで最も古く、かつ人気のある伝統的な歌の1つです。 イギリスの讃美歌作家のアイザック・ウォッツは1719年、詩集を出版しました。それぞれの詩は、詩篇に基づいています。そのうちの1つは、聖書の詩篇98篇に沿って書かれています。

メロディは、1839年にローウェル・メイソンがヘンデルのオラトリオ「メサイア」の合唱部分(第2部(第33曲) “Lift up your heads, O ye gates”と第1部(第17曲) “Glory to God in the highest”)の旋律を抜き出して編曲したものといわれています。ヘンデルは、そのメロディを作曲しなかったということになります。

アイザック・ウォッツは、”ジョイ・トゥ・ザ・ワールド”という言葉を、キリストの降誕のお祝いとしてではなく、時の終わりにキリストの到来を賛美する賛美歌として書いています。

複数のレベルにアレンジされた”ジョイ・トゥ・ザ・ワールドのピアノ・ソロ譜を発見し、片手パートの高品質伴奏音源に合わせながらもう片方の手のパートの練習を行える片手練習機能をお楽しみ下さい。

 

2. “きよしこの夜”

▶️ 初心者用初級中級上級用にアレンジされた”きよしこの夜”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう。

▶️ 初心者用初級中級用にアレンジされた”きよしこの夜”を、伴奏音源に合わせてピアノで演奏してみましょう。

歴史は、1818年のオーストリア・アルプスで遡ります。 12月23日、ザルツブルク近郊の村オーベルンドルフにある小さな聖ニコラス教会で、キリストの誕生を再現することになっていました。

残念なことに、オーベルンドルフの聖ニコラス教会の司祭は、災難に直面していました。オルガンがネズミの仕業で故障し、夕方の礼拝前に修復することは不可能でした。

しかし、ヨーゼフ・モール神父はあきらめる人ではありませんでした。彼は数年前に書いた「きよしこの夜」と呼ばれる詩を探し始めました。

彼は自分の詩を、隣の街の教師でありオルガン奏者であるフランツ・クサーヴァー・グルーバーに見せ、ギター伴奏でメロディーを書くように頼みます。

数時間後、小さな聖ニコラス教会のクリスマスイブの礼拝で、初めて歌が演奏されました。

いくつかのレベルにアレンジしたきよしこの夜を、ピアノ・ソロで、またはオーケストラ伴奏音源に合わせて演奏し、Tomplayがご提供する多くの機能をお楽しみください。

 

3. “恋人たちのクリスマス”

▶️ 初級中級上級用にアレンジされた”恋人たちのクリスマス”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう。

▶️ 初級中級上級用にアレンジされた”恋人たちのクリスマス”を、伴奏音源に合わせてピアノで演奏してみましょう。

“恋人たちのクリスマス”は、英語を話す人々に最も好まれているクリスマス・ソングの1つです。その曲はウォルター・アファナシェフとマライア・キャリーによって書かれ、マライア・キャリーが歌っています。

1993年のアルバム「Music Box」が成功した後、マライア・キャリーと彼女のチームはクリスマス・アルバムを録音することを考えていました。当時、クリスマス・アルバムを制作することは、ミュージシャンの間での慣行ではありませんでした。クリスマス・ソングをカヴァーすること、あるいは作曲することは、この後に人気になったのです。

このクリスマス・キャロルが作曲されてからすでに25年が経っていますが、今でもその曲は新鮮です。いくつかのレベルにアレンジした恋人たちのクリスマスを、ピアノ・ソロで、またはオーケストラ伴奏音源に合わせて演奏し、Tomplayがご提供する多くの機能をお楽しみください。

 

4. “クリスマスおめでとう”

▶️ 初心者用初級中級上級用にアレンジされた“クリスマスおめでとう”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

▶️ 初心者用中級用にアレンジされた”クリスマスおめでとう”を、伴奏音源に合わせてピアノで演奏してみましょう。

▶️ 初心者用中級用にアレンジされた”クリスマスおめでとう”を、ジャズピアノのアレンジで演奏してみましょう

”クリスマスおめでとう”は16世紀に作曲され、イギリスのェスト カントリーで誕生しました。その時代、お金のない音楽家たちは、裕福な聴衆のために演奏をしていました。

その曲は、作曲家兼指揮者のアーサー・ウォーレルによって人気を博すことになります。彼はブリストル大学でマドリガル歌手のためにメロディを編曲し、1935年12月にコンサートで演奏しました。

同じ年、彼の編曲版はオックスフォード大学出版局より「メリー・クリスマス」というタイトルで出版され、時代を超えて演奏されるものとなりました。

ピアノ・ソロ版、またはオーケストラ伴奏が付いたクリスマスおめでとうの楽譜をチェックしてみましょう。複数のレベルにアレンジされたジャズ・バージョンもあります。Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみ下さい。

 

 

5. “キャロル・オブ・ザ・ベル”

▶️ 初心者用初級中級上級用にアレンジされた“キャロル・オブ・ザ・ベル”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう。

“キャロル・オブ・ザ・ベル”は、”Shchedryk”と呼ばれる昔のウクライナ民謡のメロディーに基づいています。

その曲は、1916年に、ウクライナの作曲家兼音楽教師のミコラ・ドミトロヴィチ・レオントヴィチによって書かれました。

曲の元のタイトルは「小さなツバメ」を意味し、家の中を飛ぶ鳥の物語を伝えるもので、これからの年がどれだけ素晴らしいかを家族に伝えます。それは、もともとは新年を祝うための歌でした。

複数のレベルでアレンジした“キャロル・オブ・ザ・ベルのピアノ・ソロ譜をチェックし、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみ下さい。

 

6. Have Yourself A Merry Little Christmas

▶️ 初級中級用にアレンジされた“Have Yourself A Merry Little Christmas“を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

▶️ 初級中級用にアレンジされた“Have Yourself A Merry Little Christmas“を、伴奏音源に合わせてピアノで演奏してみましょう

ヒュー・マーティンとラルフ・ブレインが1944年に、ジュディ・ガーランドの映画「若草の頃」のために“Have Yourself A Merry Little Christmas“を書いたほか、MGMとブロードウェイのミュージカルのために他数十曲を作曲しました。

その歌は「メロディーと共に始まった」とマーティンは言っています 。「好きなマドリガルのような小さなメロディを見つけましたが、うまくいかないと思ったので、2、3日間演奏してからそれはゴミ箱に捨てました」と。

幸いなことに、ブレインはメロディーを聞いていて、その曲をゴミに捨てるにはあまりに勿体無い、と確信しました。

複数のレベルでアレンジした“Have Yourself A Merry Little Christmas”のピアノ・ソロ譜をチェックし、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみ下さい。

 

7. “ジングル・ベル”

▶️ 初心者用初級中級用にアレンジされた“ジングル・ベル”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

▶️ 初心者用初級用にアレンジされた“ジングル・ベル”を、4手連弾で演奏してみましょう

▶️ 初級中級用にアレンジされた”ジングル・ベル”を、ジャズピアノのアレンジで演奏してみましょう

感謝祭のために”ジングル・ベル”を作曲したのは、思いやりがほとんどない日和見主義者と言われるジェームス・ロード・ピアポント でした。それは、お酒の友となる歌になるはずでした。

その曲は最初、1857年にボストンで「One Horse Open Sleigh」というタイトルで出版されました。これが、世界で最も有名なクリスマス・キャロルの1つです。その曲は1956年に、エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ジョニー・キャッシュによる、ミリオン・ダラー・カルテットの演奏楽曲の1つとなりました。

1948年には、フランシス・ブランシュによって「Vive le vent」というタイトルでフランス語に翻訳され、フランスでも非常に人気のあるその曲は、最近ではダリダ、ミレイユ・マチュー、ミカといった歌手によって演奏されています。

ピアノ・ソロ、4手連弾、またはジャズ・バージョンで複数のレベルにアレンジされたジングル・ベルの楽譜を発見し、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみください。

 

8. “牧人ひつじを“

▶️ 初級中級用にアレンジされた“牧人ひつじを”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

人気のあるクリスマス・キャロル“牧人ひつじを“の誕生は、中世の文明がヨーロッパでピークに達した13世紀または14世紀にさかのぼり、口頭で伝えられたと言われています。それは、ベツレヘムでのイエスの誕生の物語を伝えるものです。

“Aujourd'hui le Roi des Cieux”は、“牧人ひつじを“のフランス語版です。どちらのメロディーも同じですが、歌詞は異なります。

この歌は、さまざまなフランスの人気のアーティストによって演奏され、クリスマスには合唱団によって頻繁に歌われます。

ピアノ・ソロ用にアレンジされた牧人ひつじををチェックし、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみください。

 

9. “Il est né le divin enfant”(この子こそ、神さまのみ子)

▶️ 初心者用初級中級上級用にアレンジされた“Il est né le divin enfant”(この子こそ、神さまのみ子)を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

“Il est né le divin enfant”(この子こそ、神さまのみ子)は何世紀にもわたって演奏されています。それは、重要な発表を告知する歌です。なぜなら、もし私たちがこのテキストを信じるなら、それは、遅れたイエスの誕生を世界に知らせるものだからです。

この歌は、1863年にサン=ディエ大聖堂のオルガニスト、ジャン=ロマン・グロージャンによって収集されたロレーヌ地方のクリスマス音楽のコレクションの中で初めて公開されました。

そのメロディーは、17世紀のフランスの狩猟音楽“La Tête bizarde”.に由来しています。

ピアノ・ソロ用にアレンジされた“Il est né le divin enfant”(この子こそ、神さまのみ子)”をチェックし、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみください。

 

10. “もみの木”

▶️ 初心者用初級中級上級用にアレンジされた“もみの木”を、ピアノ・ソロで演奏してみましょう

▶️ 初級中級用にアレンジされた“もみの木”を、伴奏音源に合わせてピアノで演奏してみましょう。

もみの木が素晴らしいクリスマスツリーになったという事実を説明するための多くの伝説が存在します。最も人気のある物語の一つは、儀式を終わらせるためにカシの木の命を奪う司祭の物語です。落下すると、カシの木は非常に小さな木を除き、道にある全てを破壊します…

“もみの木”は、ドイツを起源とするクリスマス・ソングです。現在知られている歌詞の最初のバージョンの誕生は1550年にさかのぼり、別のバージョンは1615年にメルヒオール・フランクによって書かれました。

しかし、最も有名なバージョンは、ライプツィヒのオルガニスト兼教授であるエルンスト・アンシュッツによってドイツ語で作曲された1824年の音楽とテキストに基づいています。

この歌は多くの言語に翻訳されており、1939年以来、米国メリーランド州の州歌となっています。

ピアノ・ソロ用にアレンジされた“もみの木”をチェックし、Tomplayがご提供する沢山の機能をお楽しみください。

コメントを追加...

可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む
loader.gif