ギター用 / ポップ、ロック、映画音楽の伴奏音源

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
17/09/2020
詳細を表示する/隠す

ギター用 / ポップ、ロック、映画音楽の伴奏音源

ギター自体、アコースティック・クラシック作品で本領を発揮するものですが、その楽器は、特に現代音楽ではアンサンブルにおけるソロ楽器として知られています。では、一人で演奏するとき、この楽器を演奏する喜びを最大限に引き出すにはどうすればよいのでしょうか。ここで、伴奏音源の出番です。この記事で、すべてを説明致します!

ギター用の伴奏音源とは?

この伴奏音源により、ギター(またはその他の楽器)を、1人でいる時も、または、一緒に演奏する親族や仲間がいないという場合も、伴奏に合わせて演奏して頂くことができす。

 伴奏音源は、様々な背景で使用することができます。純粋にリズミカルな伴奏の場合もあれば、逆に、歌手を伴うことを前提とした、完全なインストゥルメンタルである場合もあり、演奏会やライブ以外に、自宅で一人で練習する際にも役立ちます。  

 ギターの伴奏音源には、ベースギター、ドラム、場合によってはボーカル、キーボード、その他のギターパートが含まれますが、メインのギターパートは含まれません。それがあなたの役割だからです!  

 したがって、伴奏音源が他のすべての演奏を担っている間、ギターソロのパートを自分で演奏したり、即興で演奏をして頂くことができます。一人で練習して退屈、ということはもうありません!ご自宅で、ライブパフォーマンス会場と(ほぼ!)同じセッティングを実現することができ、テンポをキープしながら、グループ演奏に取り組んで頂けます。 

 Tomplayのギター用カタログ、伴奏音源が含まれているものばかりです!私たちは、あなたのすべての音楽的欲求を満たすべく、あらゆるスタイル、あらゆるレベルの楽譜とタブ譜をご提供いたします!プロが演奏する、グループの他パートの音源を再生できるだけでなく、伴奏音源はマルチトラック形式でご利用頂けます。伴奏音源をスタートし、ボーカルとバックボーカルを追加して、各トラックの音量をお好みに合わせて調整してみましょう。

▶️ 伴奏音源が付いたギター用のTomplayカタログ一覧をチェックする

 

ギター用 / ポップ、ロック、映画音楽の伴奏音源

どの曲を選ぶべきか、迷っておられますか?私たちがお手伝い致します!以下で、伴奏音源付きギター用のTomplayカタログにある最高の楽曲一覧をチェックし、リンクをクリックして、楽譜やタブ譜にアクセスし、レベルを選択して、演奏をスタートしましょう!

1. "Hey There Delilah" –プレイン・ホワイト・ティーズ

▶️ プレイン・ホワイト・ティーズの"Hey There Delilah” を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

 ”Hey There Delilah"は、ポップロックグループ プレイン・ホワイト・ティーズの3枚目のアルバム「All That We Needed」に収録されています。リリース直後に、このタイトルは米国で最初のヒットとなり、2007年7月には、ビルボードのHot Top100のトップにランクインしました。   

グループの歌手であるトム・ヒッゲンソンは、アメリカ人アスリートのデリラ・ディクレチェンゾに会った後、彼女との間には何もなかったにもかかわらず、この楽曲を書きました。彼は彼女を感動させたかったのですが、実際には、彼女が恥ずかしい思いをしたというだけでした!  

2018年8月、トム・ヒッゲンソンは、曲のヒストリーに基づいた、潜在的なシリーズを生み出すことを発表しました。それは、シンガーソングライターとニューヨーク大学の学生の長距離恋愛(浮気)の現代版おとぎ話とも言える、ロマンチックなコメディかもしれません。彼らが出会った夜、彼は彼女のために人生を変える歌を作曲します。

"Hey There Delilah"の楽譜に同期されているTomplayの伴奏音源は、さまざまな音源(ベース、ドラム、ギター、リードボーカル、click)を別々にしており、マルチトラックシステムにより、お好みで音量を調整して頂くことができます。

2. "Careless Whisper" - ジョージ・マイケル

▶️ ジョージ・マイケルの"Careless Whisper"を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

"Careless Whisper”は、ジョージ・マイケルの初めてのソロ曲でした。 1981年に、ワム!のメンバーであるアンドリュー・リッジリーと共に書いた、不貞をテーマにしたこのバラードは、スティーブ・グレゴリーがサックスで演奏したイントロのリフにより、ヒットしました。  

 ジョージ・マイケルは、彼がこれまで作曲した他のどの曲よりも、このサックス・ソロの作品に多くの賛辞を受け取ったことを認識しました。マイケルが探していたサウンドをグレゴリーが提案する前に、このソロを演奏するにふさわしい10種のサックスが試聴されました。  一般に信じられていることとは異なり、"Careless Whisper”は、ジョージ・マイケルの人生における実際の出来事に基づいたものではありません。彼がこの歌を書いて、通勤するためにバスに乗っていたとき、彼は17歳でした。物語はフィクションですが、メロディーは素晴らしく、楽曲は大成功を収めました。  

 Tomplayの楽譜で、伴奏音源に合わせて"Careless Whisper"を演奏してみましょう。伴奏をスタートさせ、メインギターをミュートにして、ボーカルとバックボーカルを追加し、各トラックの音量をお好みに合わせて調整してみましょう。

3. "Back to Black" - エイミー・ワインハウス

▶️ エイミー・ワインハウスの"Back to Black"を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

 同名のアルバムで2006年にリリースされた"Back to Black"は、エイミー・ワインハウスの最も有名なタイトルの1つです。ザ・スプリームスの”Baby Love"、ザ・ロネッツの"Be My Baby"、シャングリラスの”Remember (Walking In The Sand)”からインスピレーションを得ています。 

 黒と白を基調にしたビデオは、彼女の心の葬式を描写し、彼女を別の場所に残した彼との別れを呼び起こします。アルバム同様、この楽曲は世界的に成功を収めました。  

Tomplayの伴奏音源をスタートさせ、スタジオで録音したプロが演奏する音源に合わせて"Back to Black"を演奏してみましょう。

4. ”さらば恋人よ”〜ドラマ「ペーパー・ハウス」

▶️ ドラマ「ペーパー・ハウス」に登場する”さらば恋人よ”を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

現在、世界中で知られているこの音楽は、ドラマ「ペーパー・ハウス」に密接に関連しています。 ”さらば恋人よ”は、20世紀、第二次世界大戦中に反ファシストのコミュニティで生まれた有名なイタリアのパルチザン・ソングで、世界中の過激派及び抗議者の、抵抗の賛美歌となっています。 

 それは、1930年代のイタリアで、祖母が孫娘にこの歌を教えたという話です。彼女はしばしば、仕事がきつく、田んぼで他の「モンディーナ(女性労働者)」と一緒にその歌を歌いました。その後、少女は第二次世界大戦中に抵抗勢力の一員となり、1944年にこの歌の歌詞は、今日私たちが知っているものとなりました。その革命的な言葉は、抑圧に対する闘争の象徴です。 

 今日も現代のアーティストに取り上げられており、 ”さらば恋人よ”のメロディーが若い世代から聞こえてくることもあります。オーケストラ伴奏音源が同期された、ギター用の ”さらば恋人よ”の楽譜を発見してみましょう。

5. "Dust in the Wind (すべては風の中に)" - カンサス

▶️ カンサスの "Dust in the Wind (すべては風の中に)" を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

"Dust in the Wind (すべては風の中に)” は、1977年にリリースされた、アメリカのプログレロックグループ、カンサスの有名なタイトルです。  それは、グループの最初のアコースティック曲の1つでした。そのスローなメロディーと憂鬱な歌詞は、彼らの他のヒット曲とはかなり異なり、曲のインストブリッジは、ヴィオラにメロディックなラインを与えるものです。  

この曲は、ギタリストのケリー・リブグレンによって語られた通り、「風の中のほこり」の背後にあるインスピレーションを物語るものです。- 「ある日、ツアーの最中に家で座っていると、妻が、私が爪弾きしているのを聴いていたんです。彼女は、”それ、本当にいい感じよ。それから曲を作るべきだわ”と言いました。でも私は、”いや、単なる練習だからね”といったんです。

 当時、アメリカインディアンの詩を読んでいて、「私たちのすべては風のほこりだ」というフレーズに出くわしました。これに私は本当に衝撃を受けて、思い出しました。私はこの詩を爪弾きしながらハミングして、その15分後には、歌になっていました。  私がグループの前で演奏したとき、静まり返った沈黙がありました。時々、シンプルなインスピレーションから生まれるものは、時間を取り組んできたものよりも、長らく生き続けるものです。」  

Tomplayの楽譜に同期された伴奏音源に合わせて、 "Dust in the Wind (すべては風の中に)”を演奏してみましょう。伴奏音源をスタートさせ、メインギターをミュートにし、ボーカルとバックボーカルを追加し、各トラックの音量をお好みで調整してみましょう。

6. “パーフェクト" - エド・シーラン

▶️ エド・シーランの“パーフェクト"を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

“パーフェクト”は、エド・シーランの婚約者に捧げられています。彼のキャリアが、最初のヒットによって定義されることのないように、その歌手は、このロマンチックなバラードによって、初期の数々のヒット曲にしっかりとしたフォローができることを、とても誇りに思っています。  

エド・シーランは、イビサにあるジェームス・ブラントの家で、その歌詞をひらめいたことを明らかにしています。そこで2人の歌手は、朝の6時にフューチャーの "March Madness" を聴いていました。彼は言いました:「草の上で裸足で、自分たちは好きな歌に合わせて踊っていた。その日のためにスタジオを予約し、その日”パーフェクト”を書き終えた。それが特別であることは、わかっていた。」  

彼の兄弟、マシュー・シーランがその曲のオーケストレーションを手がけました。彼らが音楽で共同作業をしたのはこれが初めてで、亡くなる前に2人の兄弟が共同作業をするのを見たいという祖母の願いが実現したのでした。  

Tomplayの伴奏音源をスタートさせ、私たちがスタジオで録音した、プロが演奏する伴奏音源に合わせて”パーフェクト”を演奏してみましょう。沢山のTomplayの機能を活用して、効果的に曲を学んで下さい。

7. "天国への扉" -  ボブ・ディラン

▶️ ボブ・ディランの"天国への扉"を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

ガンズ・アンド・ローゼズ版の"天国への扉"は、映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」の予告編のためにボブ・ディランが書いて録音したオリジナル版よりもおそらく有名でしょう。

脚本家はディランを知っていて、彼に、その映画のためにいくつかの楽曲を書くよう依頼しました。彼が「ビリー」を歌うのを聞いてその脚本家は確信し、その歌手に役をもオファーしました。

 この曲がある精神性を呼び起こすことは間違いありませんが、その真の意味について、同意する人はほとんどいません。 "天国への扉"は、ヒーローのパット・ギャレットの友人である保安官が、子供の頃の友人であるギャングとの銃撃戦中に致命傷を負ったときに流れます。 それが保安官の最後の遺言であり、犯罪の人生に彼の心を傾けなかったことを後悔するものなのでしょうか。それとも、楽園や地獄に向かって旅をするという永遠の疑問に関する、平和主義の歌なのでしょうか?誰もが独自の解釈を有しています!

 複数のレベルでご用意している"天国への扉”のギター譜を発見し、高音質伴奏音源に合わせて演奏して、沢山のTomplayの機能を活用してみましょう。

8. "サウンド・オブ・サイレンス" - サイモン& ガーファンクル

▶️ サイモン& ガーファンクルの"サウンド・オブ・サイレンス"を、伴奏音源に合わせてギターで演奏する

"Sound of Silence"は、1964年にリリースされたサイモン& ガーファンクルの最初のアルバム「Wednesday Morning, 3 AM」に収録されています。

メロディーと歌詞のシンプルさが、この有名な楽曲の鍵です。人類と仲間のコミュニケーション不足というテーマに基づくこの楽曲は、何度もカバーされてきました。  

ポール・サイモンが21歳で音楽業界での最初の仕事を始めたときに、この"Sound of Silence"を書きました。彼の仕事は、出版社からレコード会社のアーティストに楽曲を提供することでした。 6か月後、彼は1曲も書くことができませんでした。  

罪悪感に襲われ、彼は自身の楽曲を提供し始めました。彼は"Sound of Silence”を手放す前に、その職を辞しました。  

"Sound of Silence”の楽譜に同期されているTomplayの伴奏音源は、さまざまな音源(伴奏、ギターソロ、ギター1、ギター2、click)を別々にしたもので、マルチトラックシステムにより、その音量をお好みで調整して頂くことができます。

▶️ Tomplayのギターのカタログをご覧ください

 

伴奏音源が付いた最適なギターアプリはどれ?

数多くのギター用アプリがあり、中には伴奏音源が付いているものもあります。では、どれを選ぶべきなのでしょうか?

Tomplayをチェックされることをお勧めします! 

Tomplayアプリには、初心者、中級者、上級者のギタリストのために、いくつかのレベルに編曲された何百もの楽譜またはタブ譜が含まれています。各曲には、高音質の伴奏音源が同期されており、まるでミュージシャンと一緒に演奏している気分で、演奏して頂くことができます。  

マルチトラックシステムにより、各トラックの音量をお好みで調整して頂くことができます。したがって、ソロのギターパートを伴奏音源から削除して、演奏中に聴きたい楽器のパート、ボーカルのみを残しておくことができます。  

また、その他の数多くのTomplay独自機能により、楽譜に書き込みをしたり、特定のパッセージを繰り返し練習したり、必要に応じて伴奏音源のテンポを変更することで、お好みのテンポで、伴奏に合わせてギターパートを演奏して頂くことができます。  

Tomplayの楽譜をご使用頂くことで、教育的かつ楽しい演奏時間になるだけではなく、グループ内の他の楽器との調整感覚も養うことができます。

Tomplayショップのギター用楽譜コーナーにてお会いしましょう。私たちの全カタログをチェックして頂き、ソロの演奏、またはアンサンブル用の楽曲の演奏を思い切りお楽しみ下さい!

 

コメントを追加...

  • Rabanowitz
    12/10/2020
    Pour guitare électriques... Du jazz classique genre Real book ? De la bossa ? Présentation aussi en grille d'accords ?
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Mr Venus
    26/03/2021
    Looking for three Hazel o Connor tracks to be instrumental Blackman/People in glass houses (both these lose sax and add electric guitar to make an electro punk more edgy sound) and her song That’s life this more folky harpycord and Irish type drums getting stronger with each chorus no backing vocals needed on any tracks and Joe Jackson piano backing with vocal backing for his track Real Men would ideally like these as near to 15 th April as possible please send quote and call if anything u need 07763332153 thanks MrV
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む