可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

最も美しいクリスマス・キャロル&ソング (with 歌詞と伴奏音源付き)

によって書かれた
Clara Avrillier
ライターについて
Clara Avrillierは幼い頃から音楽に親しみ、合唱団で歌ったり、複数のオーケストラで打楽器パートを担っていました。その後、スコットランドでピアノとクラシック音楽を学びました。言語学の修士号を取得後、音楽と言語のスキルを結集させて、Tomplayの一員としての道をスタートさせました。
発刊の日付
06/09/2021
詳細を表示する/隠す

最も美しいクリスマス・キャロル&ソング (with 歌詞と伴奏音源付き)

クリスマスは本当に一年で最も素晴らしい時期です! 雪、プレゼント、そして大切な人との時間...このホリデーの期間は喜びと幸せに満ちています。 そして、お気に入りのクリスマスキャロルやクリスマスソングに合わせて歌うことは、この季節を祝う最適な方法です。

Tomplayには素晴らしいクリスマス作品のセレクションがあり、この記事では、いくつかの最も美しいクリスマスキャロル&ソングに焦点を当てています! 各楽譜には歌詞が含まれており、音源に合わせて歌って頂けます。

▶️️ クリスマス・キャロル&ソングのTomplayの楽譜カタログを発見してみましょう

1. "さやかに星はきらめき(オー・ホーリー・ナイト)”を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️  歌詞と伴奏音源が付いた"さやかに星はきらめき(オー・ホーリー・ナイト)”の楽譜

"さやかに星はきらめき(オー・ホーリー・ナイト)"は、1800年代から人気のある伝統的なクリスマス・キャロルです。1843年にプラシード・カポーというフランス人によって書かれた詩に端を発しています。 1847年、カポー地元の司祭が、それを歌にするよう彼に要求し、カポーは作曲家のアドルフ・アダンに音楽を依頼しました。この作品は1847年に初演され、それ以来、根強い人気を保っています。歌詞はジョン・サリヴァン・ドワイト によって1855年に英語に訳されました。  

Tomplayでは、高音質オーケストラ&合唱音源に合わせて、"さやかに星はきらめき(オー・ホーリー・ナイト)”を歌って頂けます。 7種類の調から、自分の声に合った調を見つけて頂けます。

2. ”きよしこの夜”を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️  歌詞と伴奏音源が付いた”きよしこの夜”の楽譜

多くの人にとって、クリスマスに"きよしこの夜”は欠かせません。 この曲は、1818年のクリスマスイブにオーストリアで最初に演奏されました。歌詞はヨーゼフ・モールが、音楽はフランツ・クサーヴァー・グルーバーが担いました。この美しい歌は瞬く間にヒットし、ヨーロッパ中、そしてアメリカに広まりました。第一次世界大戦中、1914年のクリスマス休戦中にドイツとイギリスの兵士によって歌われました。この歌はクリスマスにおいて非常に重要な役割を果たし、2011年にはユネスコ無形文化遺産となりました! 

Tomplayでは、高音質オーケストラ&合唱音源に合わせて、きよしこの夜を歌って頂けます。 7種類の調から、自分の声に合った調を見つけて頂けます。

3. "恋人たちのクリスマス"を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️  歌詞と伴奏音源が付いた"恋人たちのクリスマス"の楽譜

より現代的なクリスマス・ソングを見てみましょう、マライア・キャリーの"恋人たちのクリスマス"です!この心地よいヒット曲は1994年にリリースされ、クリスマスのスタンダードナンバーとしての地位を確立した数少ない現代の曲の1つです。伝統的なベルチャイム、明るい雰囲気、キャッチーなメロディなど、誰もがこのクリスマスの曲を愛しています。  

Tomplayでは、高音質音源に合わせて、"恋人たちのクリスマス"を歌って頂けます。 12種類の調から、自分の声に合った調を見つけて頂けます。

4. "Have Yourself A Merry Little Christmas”を、 Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️ 歌詞と伴奏音源が付いた"Have Yourself A Merry Little Christmas”の楽譜

次は、ミュージカル「若草の頃」(1944年)でジュディ・ガーランドによって演奏されたキャロル、"Have Yourself A Merry Little Christmas”を見てみましょう。ヒュー・マーティンとラルフ・ブレインの作品であるこのキャロルは、ジュディ・ガーランドの登場シーンのために作曲されました。彼女は、家族がセントルイスを離れてニューヨーク市に引っ越す計画を知り、妹を元気づけようとします。最初の草稿の後、ガーランドはそれがあまりにも悲いものだったのでキャロルの改訂を要求しました! 2番目のバージョンが、私たちが知っている"Have Yourself A Merry Little Christmas"です。これは、希望に満ちたメランコリックな素晴らしいキャロルです。リリース以来、このキャロルはフランク・シナトラやマイケル・ブーブレを含む多くの有名なアーティストによってカバーされてきました。  

ご自身の声に合った調を選択し(12のオプションがあります)、歌詞を見ながら、Tomplay.com"Have Yourself A Merry Little Christmas”を、オーケストラ&合唱の伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

5. "Away in a Manger"を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️ 歌詞と伴奏音源が付いた"Away in a Manger"の楽譜

"Away in a Manger"の起源は不明であり、多くの人は、それがドイツの司祭、マーティン・ルーサーの作品であると信じていました。しかし、歴史家たちはこの考えを信じなくなり、今日、それは1885年の本「Little Children’s Book for Schools and Families」に由来すると信じています。メロディにはさまざまなバージョンがありますが、最もよく知られているのは1895年のウィリアムカークパトリックによるものです。このキャロルは信じられないほどシンプルですが、素晴らしいものです。  

Tomplay.comでは、オーケストラ伴奏音源に合わせて、12の調からご自身の声に合うものを選び、"Away in a Manger”を歌って頂けます。

6. "Feliz Navidad"を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️ 歌詞と伴奏音源が付いた"Feliz Navidad"の楽譜

1970年、プエルトリコのシンガーソングライター、ホセ・フェリシアーノは、米国の自宅にいる時、ホームシックを感じ、自国のクリスマスを恋しく感じていました。こうして、国際的に成功したFeliz Navidadが誕生しました。この曲のオリジナルバージョンには、スペイン語で6語、英語で13語の19語しか含まれていません。フェリシアーノは、人々をその前向きなメッセージと結びつけるために、バイリンガルの歌詞を書くことを選びました…そして、それはうまくいきました。この曲はクリスマス休暇の定番です。 2011年、カナダの歌手マイケル・ブーブレは、メキシコの歌手タリアと一緒に、歌詞を修正し、素敵な導入部を用いてこの曲をカバーしました。 

Tomplay.comでは、歌詞を見ながら、高音質伴奏音源に合わせて、12の調からご自身の声に合うものを選び、"Feliz Navidad”を歌って頂けます。

7. "もみの木"を、Tomplayを使って歌ってみましょう

▶️️ 歌詞と伴奏音源が付いた"もみの木"の楽譜

もともと"もみの木"という曲はクリスマスとは何の関係もありませんでした!これは、モミの木を意味するドイツのフォークソング”O Tannenbaum"に基づいています。この作品のオリジナルの歌詞は、寒いドイツの冬を乗り切る助けになる、忠実さと希望の象徴である常緑樹に焦点を当てたものでした。現代版の歌詞は1824年にエルンスト・アンシュッツによって書かれました。人々がクリスマスツリーの伝統を流用し始め、この歌はますます人気が出てきました。 20世紀のある時点で、歌詞が再び修正され、クリスマスソングとなりました。  

Tomplay.comでは、歌詞を見ながら、オーケストラ伴奏音源に合わせて、12の調からご自身の声に合うものを選び、"もみの木"を歌って頂けます。

コメントを追加...