ヴァイオリンで演奏する最も美しいクリスマス・ソング集

によって書かれた
Clémentine Bouteille
ライターについて
ローザンヌ高等音楽院で修士号を取得した若手歌手兼ヴォイストレーナーのClémentine Bouteilleは、叙情的な歌唱に加えて、バロック音楽からロックまで様々なジャンルに情熱を注いでいます。一例としては、Trio AimOsonのコンサートにて才能を発揮しています。自身のステージ活動により、彼女は歌のテクニックに非常に興味を持つようになり、声と身体の関係について研究し、J-B Rochの下で声楽におけるオステオパシーを学ぶようになりました。
発刊の日付
24/12/2020
詳細を表示する/隠す

ヴァイオリンで演奏する最も美しいクリスマス・ソング集

クリスマスまであと数週間となりました!この記事では、ヴァイオリンで演奏する最も美しいクリスマスソング・キャロルをご紹介します。各曲には、あらゆるレベルのヴァイオリニストにご利用頂ける楽譜へのリンクが含まれています。

レベル別に分類され、20%〜30%オフでご利用頂ける、ヴァイオリンのための最も美しいクリスマスソング集をご覧ください

1. さやかに星はきらめき

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”さやかに星はきらめき”を演奏してみましょう

プラシード・カポーが歌詞を、19世紀にアドルフ・アダンが音楽を手掛けた有名なクリスマスキャロル"さやかに星はきらめき”は、キリスト教の伝統に根付いているものです。 

 12月24日の真夜中のミサで頻繁に演奏されるその楽曲は当初、ヴォーカル及び鍵盤楽器最初は声とキーボードのために書かれたものでした。歌手のエミリー・ローリーは、1847年にこの宗教的な賛美歌を歌った最初の女性であり、"アダムのクリスマス"として知られていました。  

今日でも、この歌はクリスマスのお祝いにおいて欠かせない楽曲の一つであり、様々な形式で演奏されます。

ピアノ伴奏音源付き、ヴァイオリン用の"さやかに星はきらめき”のアレンジを発見してみましょう。音源を再生すると、楽譜が自動的にスクロールし、伴奏音源に合わせて演奏してみましょう!

 ピアノ録音でバイオリンの「OHolyNight」のアレンジを探ります。オーディオトラックを開始すると、楽譜が自動的にスクロールし、伴奏で再生されます。

2.レット・イット・スノー! 

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”レット・イット・スノー!”を演奏してみましょう

大人気の"レット・イット・スノー!”は、作曲家のジューリー・スタインと作詞家のサミー・カーンの作品です。   

クリスマスの雰囲気を満喫させてくれる、ディーン・マーティンやフランク・シナトラのバージョンは広く知られています。この曲はもともと、クリスマスソングではなく、ラブソングでした。

1945年にヴォーン・モンローによって初めて録音されたこの曲は、すぐに米国のヒットチャートのトップに登場しました。それ以来、多くの素晴らしいアーティストが世界中で演奏しています。

"レット・イット・スノー!”の楽譜を、Tomplayで発見してみましょう。私たちが録音したピアノ伴奏音源が、楽譜に同期されています。

3.アヴェ・マリア

▶️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”アヴェ・マリア”を演奏してみましょう

フランツ・シューベルトの有名な”アヴェ・マリア"は、おそらくシューベルトの最も人気のある楽曲であり、クラシックのジャンルにおけるクリスマス音楽の傑出した作品であり続けています。   

聖母マリアの最も有名な賛美歌であるこの曲はもともと、中世の終わりにスコットランドで展開される物語である、ウォルター・スコット卿の詩湖の女神」のもと、1825年に作曲された「エレンの歌第3番」です。

この素晴らしい賛美歌は、様々な楽器用に頻繁に再解釈され、ソロまたは伴奏付きで演奏されています。 

複数のレベルでご用意している、ピアノ伴奏音源付きの”アヴェ・マリア”をヴァイオリンで演奏してみましょう。

 4. ジングルベル

▶️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”ジングルベル”を演奏してみましょう

もう1つの有名なクリスマス・ソング”ジングルベル"は、1857年に"One Horse Open Sleigh"というタイトルで初めて出版され、感謝祭で伝統的に演奏されてきた後、素晴らしいクリスマスソングになりました。  逸

話ですが、1965年12月に、宇宙で演奏された最初の曲であると言われています。それ以来、100人以上の音楽家によって演奏されています。   

ヴァイオリン用に編曲された”ジングルベル”の楽譜を発見してみましょう。楽譜に同期されているピアノ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

5.Have Yourself a Merry Little Christmas

▶️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで "Have Yourself a Merry Little Christmas"を演奏してみましょう

"Have Yourself a Merry Little Christmas”は、ミュージカル映画「若草の頃」のためにヒューマーティンとラルフ・ブレインによって1944年に作曲された楽曲です。最初のバージョンは、ジュディ・ガーランドによって演奏されました。   

この楽曲は、第二次世界大戦中に米国で最も人気のある曲の1つでもありました。   

フランク・シナトラによるこのクリスマス・ソングのカバーは、歌詞が変更されており、間違いなく世界で最も知られているバージョンです。 2000年、それはクリスマスパーティーで最も演奏された曲の1つでした。  

楽譜に同期されているピアノ伴奏に合わせて、"Have Yourself a Merry Little Christmas”をヴァイオリンで演奏してみましょう。Tomplayの沢山の機能を利用して、良い状態で作品に取り組んで下さい。

 6.ジョイ・トゥ・ザ・ワールド

▶️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”ジョイ・トゥ・ザ・ワールド”を演奏してみましょう

北米で最も人気のあるクリスマス・キャロル"ジョイ・トゥ・ザ・ワールド"は、英国の作家アイザック・ウォッツの詩に触発された曲です。それは、1713年に出版された詩集から取られており、その多くは聖書の詩篇にルーツを見出しています。  

最初の音楽は、1839年に、ローウェル・メイスンによって書かれました。その旋律はおそらく、作曲家ヘンデルが好んだと思われます。確かに、その合唱曲の主題は、「メサイア」のオーケストラ序曲と"わが民を慰めよ"伴奏部に見られるように思われます。最初の4つの音符は、同オラトリオの"Glory to God”"Lift up your heads"に触発されています。

"ジョイ・トゥ・ザ・ワールド"はもともとクリスマス・ソングではなく、キリストの晩年の再臨を賛美する賛美歌でした。  

ピアノ伴奏音源付き、"ジョイ・トゥ・ザ・ワールド”のヴァイオリン譜を発見してみましょう。伴奏音源を再生すると自動的に楽譜がスクロールされ、ピアノ伴奏に合わせてヴァイオリンパートを演奏してみましょう!楽譜をスクロールさせる伴奏を開始し、ピアノと一緒にバイオリンパートを演奏してください!

 7.きよしこの夜

▶️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”きよしこの夜”を演奏してみましょう

1818年12月24日の前夜に、ザルツブルク近郊の村で初めて演奏されたこのキャロルは、ドイツ語で最も人気のあるキャロルの1つです。   

深く眠っている子どもイエスを説明する歌詞とその音楽性においては子守唄のようなこの曲は、非常に特別な状況で作曲されました:ネズミ(またはさび)のために、オルガニストを使用できず、その詩は、教師によって音楽にされ、隣の町のオルガニスト、フランツ・クサーヴァー・グルーバーがギターの伴奏を付けました。このクリスマス・キャロルが何世紀にもわたって人々に愛されるようになることを、彼らは知る由はなかったでしょう…   

ピアノ伴奏音源がついたきよしこの夜”をヴァイオリンで演奏してみましょう。ご自身のレベルに合った楽譜を選択してください!

 8.もみの木

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”もみの木”を演奏してみましょう

 クリスマスツリーは、年末のお祝いにおける非常に重要なシンボルであり、若い人からお年寄りまで、広く愛される楽曲もみの木”は、まさにそれに捧げられています。 

ドイツを起源とするこの曲は、16世紀にさかのぼる伝統音楽に触発されました。それは時を経て、1819年に、作曲家ヨアヒム・ アウグスト・ツァルナックが手掛けたラブソングとなりました。その曲では、木の緑が忠実に関連付けられています。

エルンスト・アンシュッツによって作曲された、私たちが知っているバージョンが誕生したのは1824年のことでした。   

しかし、それだけではありません。その旋律は、19世紀に海を渡りました。このドイツの賛美歌は、1861年にメリーランド州の賛美歌になり、その後しばらくの間フロリダ州の賛美歌となり、第二次世界大戦中に再び人気のある曲になりました。   

もみの木は、針葉樹が私たちの家に到着したことを示す、年の終わりを象徴する楽しい祝祭の歌であり続けています。その曲は、沢山の音楽家、グループによってカバーされてきました。  

ピアノ伴奏付き、もみの木”のヴァイオリン譜を発見してみましょう。伴奏のテンポを自由に調節し、演奏して頂くことができます。

9. ホワイト・クリスマス

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”ホワイト・クリスマス”を演奏してみましょう

“ホワイト・クリスマス”は、1940年代の初めに、ロシア出身のアメリカ人作曲家、アーヴィング・バーリンによって作曲されました。   

その優しいメロディーの下には、アメリカン・ドリームによって支えられた、米国に到着した移民の深い憂鬱が隠されています。偉大なスター、ビング・クロスビーが歌った模様が1941年のクリスマスにNBCラジオで最初に放送された後、その曲は大ヒットとなりました。   

“ホワイト・クリスマス"は、歴史上最も広く売られている曲の1つです。映画「スイング・ホテル」のために1942年に録音され、5,000万部以上が販売されていますが、それ以降に録音された他のバージョンを含めた場合、売上は1億倍に増加する可能性があります。  

その曲は、フランク・シナトラ、エルヴィスプレスリー、エラ・フィッツジェラルド、ザ・ビーチボーイズ、ケイティ・ペリー、レディー・ガガなど、偉大なアーティストが最もカバーしている名クリスマス・ソングの1つです。   

ピアノ伴奏音源がついた”ホワイト・クリスマス”のヴァイオリン譜を発見してみましょう。特定のパッセージを繰り返し練習し、楽譜に書き込みをして、書き込みをした楽譜を印刷して頂くことも可能です。

10. We Wish You A Merry Christmas

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで"We Wish You A Merry Christmas" を演奏してみましょう

もう一つのクリスマスパーティーの定番"We Wish You A Merry Christmas"は、16世紀にイギリスのウェスト・カウントリーで作曲されました。   

この民謡は、クリスマスと新年を取り上げる珍しい楽曲の一つです。実際、その曲は、家から家へと向かう合唱団によって歌われたクリスマスキャロルであり、彼らにお菓子を提供したであろう田舎の貴族のために歌われました。 

作曲家兼指揮者のアーサーウォーレルは、ブリストル大学で自身のマドリガル・シンガーズのために旋律をアレンジし、1935年12月にコンサートで演奏しました。オックスフォード大学出版局から”メリークリスマス"というタイトルで出版され、世界中で有名になりました !   

ピアノ伴奏音源がついた"We Wish You A Merry Christmas”のヴァイオリン譜を発見してみましょう。プロが演奏するピアノ伴奏音源に合わせて、ヴァイオリンパートを演奏して下さい。

 11. ひいらぎかざろう

▶️️ ピアノ伴奏に合わせて、ヴァイオリンで”ひいらぎかざろう”を演奏してみましょう

そして最後に、この記事を終了すべく、Falalalalaとしても知られる"ひいらぎかざろう"を演奏することをお勧めしたいと思います。   こ

れは、クリスマスとユール(スカンジナビアとゲルマン諸国における冬至の西暦紀元前のお祝い)のための伝統的なウェールズの歌です。  

その元の名は、16世紀にさかのぼり、新年を意味するNosGalanでした。英語の歌詞は1862年に登場し、スコットランドの音楽家、トーマス・オリファントによって書枯れました。  

1794年に、音楽家のエドワード・ジョーンズによって初めて出版された"ひいらぎかざろう”は、1789年のW.A.モーツァルトのピアノ・ソナタ18番にて、1803年には、オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンといったように、偉大な作曲家にも取り上げられました。   時代を超えて今も演奏・歌われている人気の旋律です!   

ピアノ伴奏音源がついた、"ひいらぎかざろう”のヴァイオリン譜をTomplayで発見してみましょう。Tomplayの沢山の機能を利用して、良い状態で作品に取り組んで下さい。

クリスマスや新年のパーティーに向けて、この記事の楽曲を演奏してみてはいかがでしょう。

コメントを追加...

loader.gif