可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

サクソフーォン 運指一覧

音符をクリックして、サクソフォーン用双方向型運指表を使用してみましょう。 PDFを無料でダウンロード・印刷して頂くことも可能です。

Additional section image
サクソフーォン image

アルト / テナー / ソプラノ / バリトン・サックスは同じ運指ですか?

サクソフォーンは真鍮製ですが、シングルリードの木管楽器です。最も一般的なタイプのサクソフォーンは、アルト / テナー / ソプラノ / バリトン・サックスです。どのサックスを演奏するかに関係なく、運指はすべて同じです。つまり、上記の運指表は、どのタイプのサックスにも当てはまります。

サクソフォーンの持ち方

上記の運指表を見て最初の曲を演奏する前に、楽器のどこに手を置くかを知っておく必要があります。 左手から始めましょう。この手は楽器の上部にあります。サックスの後部(体に最も近い)にある黒または金のキーを探します。これが、親指を置く場所です。次に、楽器の前に向けて曲げ、3本の指(人差し指、中指、薬指)を3つの大きなキーパールに置き、小さなキーをスキップします(画像1を参照)。

次に右手に移ります。楽器の下部に配置され、左手のように親指を置く場所があります。人差し指、中指、薬指はサックスの前で曲げ、3つのキーパールの上に置かれます。小指は、他の指の少し後ろにある大きなキーの上に置かれます(画像2を参照)。 手をどこに置くべきかを理解したら、上記の双方向型運指表を使用して、音を出す練習をして、楽曲を演奏して頂けます。任意の音符をクリックするだけで、運指が画面上に表示されます。サクソフォーンの運指表を無料でダウンロードして頂き、印刷して頂くことも可能です。

Image 1: 左手のポジション Image 1: 左手のポジション
Image 2: 右手のポジション Image 2: 右手のポジション

運指表でどう初めて、サクソフォーンで最初の音を演奏する方法は?

手が定位置にあり、最初の音を弾く準備ができました。運指表は役に立ちますが、最初に、どこから始めればよいかを知る必要があります。 始めるのに最も簡単な音符は中央の音域にあり、各手の最初の3本の指を使用するだけで演奏可能です。サクソフォーンの素晴らしいところは、キーを押して別のキーを「追加」するたびに、ピッチが変更されることです。例として左手を取り上げてみましょう。人差し指を押すとBの音が鳴ります。次に人差し指と中指を押すとGの音が出ます。初心者の場合、毎回音符を追加していくこの方法は、音符の学習を始めるのに最も簡単な方法です。 代替の運指があり、運指表には最も一般的ないくつかの例が記載されていることにご留意ください。

これで準備は完了です。Tomplayで楽曲の演奏を初めてみましょう!

初心者用を含むあらゆるレベルのサクソフォーンの楽譜をご用意しています。Tomplayのプロのミュージシャンのチームが、伴奏音源を録音し、皆さまの演奏のお供をいたします。初心者サックス奏者のために、オンスクリーン機能もご用意しています。任意の音符を選択すると、画面上のサクソフォーンが点灯し、押すべきキーとレバーが表示されます。