可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ヴァイオリン初心者のための5つの音階練習

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
昨日
詳細を表示する/隠す

ヴァイオリン初心者のための5つの音階練習

ヴァイオリン初心者ですか?こちらの記事では、音階練習のための5つの演習をご紹介します。これらの演習は、ト長調、イ長調、ニ長調、ハ長調、ホ長調の音階に焦点を当てたものです。Tomplay双方向型楽譜により、楽譜に同期されたに焦点を当てています。 Tomplayインタラクティブ楽譜には、第2ヴァイオリンパートの音源が同期されており、合わせて練習して頂くことができます。

1. 音階 ト長調

最初に学ぶ音階は、ト長調、ニ長調、イ長調です。これらは、音楽をやるための耳のトレーニング及び左手のテクニックの向上に適しているものです。

ト長調のスケールを見てみましょう。この音階は、G、A、B、C、D、E、Fシャープ(およびG)の音符で構成されており、シャープが1つ含まれています。

簡単に演奏できるため、クラシック音楽でも現代曲でも、頻繁に使用されている音階の1つです。

ト長調は、「人の音階」と称されることもあり、バロック時代の祝祷の鍵と見なされていました。

下記ビデオをクリックして、第2ヴァイオリンパートに合わせてト長調の音階を練習してみましょう。 

▶️ ヴァイオリンでト長調の音階を練習するのに役立つ、その他の練習曲を発見する

2. 音階 ニ長調

続けて、ニ長調の音階を練習してみましょう。音階には、2つのシャープが含まれます(FとC)。

一例を挙げるとすると、パッヘルベルの有名なカノンは、ニ長調で作曲されました(元々は通奏低音と共に、3つのヴァイオリンのために書かれました)。

下記ビデオをクリックして、第2ヴァイオリンパートに合わせてニ長調の音階を練習してみましょう。  

▶️ ヴァイオリンでニ長調の音階を練習するのに役立つ、その他の練習曲を発見する

 

3. 音階 イ長調

イ長調の音階は、ファーストポジションで演奏することができるため、幅広く学習用教材にも用いられています。ヴァイオリンを演奏するための出発点ということもできます。

イ長調音階は、左手のポジションに、優しく、直感的に作用します

下記ビデオをクリックして、第2ヴァイオリンパートに合わせてイ長調の音階を練習してみましょう。 

▶️ ヴァイオリンでイ長調の音階を練習するのに役立つ、その他の練習曲を発見する

 

4. 音階 ハ長調

ヴァイオリンの学習において、ハ長調音階を演奏することで、ポジショニングにおけるヴァイオリン特有の姿勢を学ぶことができます。

ハ長調の練習では、特定の左手のポジショニング、ひじの動きを学習できます。

この音階のすべての音符は幹音です。つまり、シャープまたはフラットは登場しません。

下記ビデオをクリックして、第2ヴァイオリンパートに合わせてハ長調の音階を練習してみましょう。 

▶️ ヴァイオリンでハ長調の音階を練習するのに役立つ、その他の練習曲を発見する

 

5. 音階 ホ長調

こちらの記事は、ホ長調音階で締めくくりたいと思います。この音階には、F、C、G、Dの4つのシャープが含まれています。

ホ長調の音階で作曲された最も有名な作品の中には、ヴィヴァルディの四季〜春、バッハのヴァイオリン協奏曲BWV1042、ドビュッシーのアラベスク第1番などがあります。

下記ビデオをクリックして、第2ヴァイオリンパートに合わせてホ長調の音階を練習してみましょう。 

▶️ ヴァイオリンでホ長調の音階を練習するのに役立つ、その他の練習曲を発見する

 

この記事が、音階練習に役立つものであることを願います。Tomplayショップで、2つのヴァイオリンのための全音をチェックし、レベル別に分類された音階コレクションをダウンロードして下さい。

 

コメントを追加...