可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ディッキンソン大学音楽学部は、どのようにTomplayを使用しているのでしょうか

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
昨日
詳細を表示する/隠す

ディッキンソン大学音楽学部は、どのようにTomplayを使用しているのでしょうか

米国 カーライルにある ディッキンソン大学は現在、Tomplayとコラボレーションを行っており、年間100名近くの学生がTomplayを利用しています。Jennifer Blyth氏は、同大学音楽学部の責任者で、教授も務めています。この記事では、彼女が、Tomplayを使用した感想、そして学生及び教師陣から届いたフィードバックを皆さんにご紹介します。

ご自身のバックグラウンドについて、少々お話頂けますか?

私はディッキンソン大学のピアノ科、室内楽及び音楽理論の教授として23年間務めています。

ディッキンソン大学の教師陣及び生徒に、Tomplayへのアクセスを提供することを決めたのは何故ですか?

私たちは当初、Tomplayを、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの期間に、室内楽を継続できる場、そして音楽を共同制作できる場とみなしていました。その6ヶ月、そして事実上2学期中、教育学的観点より、このプログラムを使用することの美しさを発見したと言えます。今後も恒久的に、レッスンや授業でTomplayを引き続き使用していく可能性があります。”双方向型”楽譜や、作品を学びながらテンポを変更できる機能は、私たちの学生を大いに助け、一緒に演奏するピアニストや室内楽奏者と直接関わることなしに、それは、学生にとっての演奏の場を均等にするものでした。

Tomplay以外のデジタルプラットフォームは検討しましたか?Tomplayを選択した決定的な要因は何でしたか?

他のオプションも検討しましたが、私たちの学生に関連するもので、これほど多くの機能を提供するプラットフォームは他にありませんでした。また、オンデマンド・リクエスト機能を提供しているプラットフォームは他にはありません。私たちのオーケストラは、グリーグの「ホルベアの時代から」に取り組んでいました。 Tomplayで生徒に個々のパートを練習させることは、 対面でのリハーサルの準備となるものでした。おそらくさらに重要なことは、デジタル譜が、最近、アンサンブル演奏の現実となったバーチャル演奏のための、 複数のセパレートトラックをつなぎ合わせるのに役立つ、一種のクリックトラックとして機能することでしょう。

教師陣及び生徒が、Tomplayサブスクリプションをセットアップするプロセスはどうでしたか? 何らかの問題に遭遇しましたか? 

セットアップは効率的で簡単でした。Tomplayには人間味があり(にもかかわらず、それはデジタル・ソフトウェアなのですが)、非常に利用しやすかったです。常に私たちは、メールや電話でやり取りができて、担当の方からは速やかにお返事を頂くことができました。この、非常にさわやかで誠実な対応が、私たちが利用を決めた理由の1つでした 。楽譜を印刷することができるとしても、Tomplayはアプリであり、純粋なデジタル製品です。

大学でTomplayの使用を提案した際、従来の紙の楽譜を愛用している教師陣で、懸念を示した人はいましたか?そのような問題にどのように対処されましたか? 

はい、教授や学生たちからの反発に遭遇しました。 タブレットにアクセスできないという声もありました。仮想メトロノームとしてのクリックトラックの必要性 しかし、バーチャルメトロノームの必要性が明らかになりました ーデジタル譜を利用することの利点により、それが私たちの運用方法となりました。( 私たちの協奏曲コンクールに向けて)協奏曲に取り組んでいる学生にとって、デジタル譜は、オーケストラとの練習を重ねる上で必要不可欠です。

概して、数週間の使用後、教師陣及び学生からのフィードバックはいかがでしたか? 具体的な例を教えてください。  

全体的に見て、学生は少し学習する上で波があったかとも思いますが、彼らが実際に会うことはないだろうという素晴らしいアーティスト達と、デジタルで関わることができるという特典を楽しんでいます。 伴奏に合わせて演奏ができて、コラボレーション及び室内楽の演奏が可能になるという点で、実際他に比較できるツールはありません。毎年、私たちは協奏曲のコンクールを開催していますが、今年は、Tomplayがなければ、開催することはできませんでした。実際、今回初めて学生は、ピアノ伴奏ではなく、フルオケの伴奏に合わせてコンクールに参加することができます。Tomplayなしのコンクールはもやは考えられないかもしれません!

Tomplayを、他の音楽系機関にオススメしますか?また、その理由は何でしょう?

私は、すべての教育機関が、Tomplayを教育ツールとしての使用を検討することをお勧めします。バーチャルの世界で確かに、Tomplayは私たちの助けとなるものでしたが、それ以上に、学生が、このプログラムを通したコラボレーションを楽しんでいます。

 

 

 

 

コメントを追加...

  • Jaime
    24/02/2021
    This is a great example of how to integrate TomPlay within a school system. I wonder if this could lead into concert band repertoire and playing along with a recording of the concert band piece?
    あなたのコメントは承認後公開されます