可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ピアノで、5つの異なるスタイルでハッピーバースデーソングを演奏する方法(楽譜と伴奏付き)

によって書かれた
Marie Elizalde
ライターについて
バスク地方でアコーデオン奏者の家族に生まれたマリー・エリザルデは、12歳からアルトサックスを学びました。音楽理論とクラシック音楽のサクソフォーンを学んだ後、彼女は何年にもわたってフランス南西部にて、「bandas」(お祝いの行進バンド)で演奏してきました。 「私が今住んでいる国にはマーチングバンドがいない」という理由で引退した彼女は、以来ずっとミュージシャンであり続け、プレイリストへの情熱を育み、ノンストップで歌い、間違っているように聴こえるものを絶えず恐れています。情熱的で寛大な彼女は、ウィットとユーモアを駆使して、音楽への愛情をTomplayのコミュニティと共有するのが大好きです。
発刊の日付
28/07/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで、5つの異なるスタイルでハッピーバースデーソングを演奏する方法(楽譜と伴奏付き)

Tomplayは、大切な人に合うスタイルでハッピーバースデーソングをピアノで演奏して頂けるように、この有名な楽曲の複数のバージョンを集めました。

7月から9月にかけては、出生率が増えることをご存知ですか?夏が誕生日のお祝いが多いと感じる方もいるかと思います。甘いケーキの過剰摂取はさておき、あなたの大切な人たちに特別な贈り物をする絶好の機会です:ピアノの音で、幸せなお誕生日祝いをプロデュースしましょう。

楽曲の起源

「ハッピーバースデーソング」の出所は不明です。1893年に、ケンタッキー州の幼稚園の教師であるパティが、妹のミルドレッドに、子供たちが簡単に覚えられる音楽を作曲するように依頼したという説があります。その姉妹は「Good Morning to all」という名で曲のメロディを作曲しました。その時から、1912年にメロディとテキストを含む曲が最初に出版されるまでの間に何が起こったのか、そこには議論の余地があります。というのも当時、曲のクレジットは言及されていませんでした。 

この曲の最も有名なバージョンには、ジョン・ケネディの45歳の誕生日に演奏された、マリリン・モンローと彼女のセクシーな「ハッピーバースデー、ミスタープレジデント」があります。より奥さまにフレンドリーなバージョンをお探しの場合は、有名人による誕生日の願いを有料で受け取ることのできる特別なプラットフォームがあります。いかがでしょう? 

この曲は、あらゆる誕生日のお祝いにおいて重要な役割を果たしており、歌詞は数十の言語に翻訳されています!しかし、「Feliz aniversário」、「Fijne verjaardag」、「Zorionak zuri」のいずれを歌っても、そのやり方は変わりません。誰かが電気を消し、火のともったろうそくが付いたバースデーケーキが贈られ、ろうそくを吹き消すまで、幸せな願い事をしながら全員が歌います。色々な思い出がありますね…

皆さまにご利用頂けるバージョン

ヴィクター・ボーグは、1951年に初めて、彼自身の変奏曲からベートーヴェンモーツァルト等の史上最大の作曲家の作品の組み合わせに至るまで、その素晴らしい才能で「ハッピーバースデーソング」を新たなものにしました。しかし、それはクラシック音楽です。では誕生日の女の子/男の子の音楽の好みにより近い、特別なバージョンを演奏してカスタムタッチを追加できるとしたら、いかがしょう。

Tomplayは、皆さまのお好みに沿います!私たちのピアノ譜カタログには、デヴィッド・ボウイの長年のピアニストであるマイク・ガーソンが編曲した複数のバージョンが含まれています。初心者用から上級まで、全てのレベルにアレンジされた皆さまにぴったりの楽譜を、Tomplayで見つけて頂けます!一番の良さは何でしょう?すべての楽譜には、オーケストラと一緒に演奏して頂ける高音質伴奏音源が同期されています

クラシック、ジャズ、さらにはブギウギのバージョンで、レベル問わず、ご友人を感動させることができます。演奏時、群衆の後ろで歌うふりをしているという場合は、Tomplayの双方向型楽譜を使って、ピアノでハッピーバースデーソングを演奏する方法を学び、ご友人やゲストを喜ばせましょう!

▶️️ ハッピーバースデーソングのクラシックバージョンをピアノで演奏する

クラシック音楽は西ヨーロッパのジャンルであり、中世から20世紀初頭にかけてヨーロッパで作曲され演奏された殆ど全ての音楽を網羅しています。ここでは、18世紀末から19世紀初頭にかけてのクラシック音楽、古典派についてお話します。

荘厳なバロック時代の後、当時の流行はより軽くてより演奏しやすいものを追求することでした。チェンバロはピアノの役目として残され、弦楽器のセクションはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスに縮小され、クラリネット、フルート、オーボエなどの管楽器用のスペースが残されています。

この時期には、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルトなどの影響力の大きい作曲家が登場しました。作品ではダイナミクスとフレージングに重点が置かれ、音楽に生命と感情がもたらされました。これこそ、誕生日のお祝いに必要な要素ですよね!Tomplayのすべてのピアノ譜には、オーケストラ伴奏音源が同期されており、楽譜は様々なレベルにアレンジされています。ちょっと恥ずかしがり屋の初心者の方でも、初心者用のハッピーバースデーソングの楽譜がありますので、ご安心ください。Tomplayの楽譜で、感動的な誕生日のお祝いにしましょう!

▶️️ ハッピーバースデーソングのブルースバージョンをピアノで演奏する

あなたの友人は、口数が少なくとも、常にすべてのことについて深く掘り下げるのが好きですか?そして、彼は自身を表現する必要があるときはいつも、心と魂を楽器に託して、または歌ったりして、セッションのために何人かの友人を連れて行くことを好みますか?その場合、その人のお誕生日に、ちょっとしたブルースを演奏するのはいかがでしょう?

意見は分かれますが、「ブルース」という言葉は、憂鬱と悲しみを意味する「ブルーデビル」という表現から来ているという説があります。それは「霊歌」、つまりアフリカ文化の奴隷の歌であり、あるパートが導き、他のパートが「call and response」の歌い方で答えるというものから始まりました。ブルースは、19世紀の終わりにディープサウスのアフリカ系アメリカ人コミュニティを駆け巡った絶望と不公正の感覚から生まれました。奴隷制は終わりを告げ、それらのコミュニティに(相対的な)自由の感覚と、それからどのように継続するかについての多くの新しい疑問を残しました。

ジャズのように、ブルースは多くの異なるスタイルとバリエーションで拡大し、南部の州全体に広がり、その後、米国の国境を越えました。曲全体で繰り返される”サイクル"が特徴で、最も人気があるのは、12小節のブルースとなる4小節の3回の繰り返しです。この構造により、フレーズは無限の方法で解釈できるため、歌と演奏にある程度の自由が与えられます。試してみませんか?ブルースバージョンでハッピーバースデーソングをピアノで演奏する方法を学び、ご友人に自分の誕生日の願いをスタイリッシュに即興で演奏してもらいましょう!

▶️️ ハッピーバースデーソングのジャズバージョンをピアノで演奏する

ジャズを定義しようとすることは、一種の"ミッションインポッシブル"です。誰もが独自の概念を持っており、何かを忘れずに、ジャズのすべての様式、サブスタイル、感性を説明することはできません。そして、誰もがそれに同意しません。ブルースとラグタイムから19世紀の終わりに生まれたジャズは、卓越したアメリカのジャンルになりました。

時間の経過とともに絶え間なく進化している主な理由は、最初からジャズは文化の混合の結果であったということです。ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティに端を発するこのジャンルは、そのコミュニティを構成する西アフリカの部族の多様性だけでなく、カリブ海、クレオール、フランスの楽器や文化、そしてニューオーリンズで当時見つけることのできる他のあらゆるものの影響を受けました。人々を踊らせたいという最初の願いとともに、人気のある背景から生まれたジャズは、後に着席型のコンサートやクラブではるかに「静的」になりました。今では、米国の枠をはるかに超えて、成功への道のりで関わったすべての文化から生まれた、様々なスタイルが数多くあります。

ただし、すべてのバリエーションには共通点があります。固定譜ではなく即興に基づいた音楽を作り、曲の解釈ごとに一部のソロパートを変更するというものです。それゆえ、ご友人の誕生日パーティーをエレガントなクラブのようにしたい場合は、Tomplayでジャズバージョンのハッピーバースデーソングを、オーケストラ伴奏に合わせてピアノで演奏して、周囲のゲストを驚かせましょう!

▶️️ ハッピーバースデーソングのブギウギバージョンをピアノで演奏する

ブギウギのジャンルは、1870年代の終わりにテキサスのアフリカ系アメリカ人コミュニティにそのルーツを見出し、そこでは米国の鉄道建設が行われていました。音楽の一部は蒸気機関車の音に触発されたとさえ言われています。その起源の正確な場所はまだ明らかにはなっていないものの、それが、「ブギウギ」という名前と、西および南アフリカの言語の複数の単語との間に類似点があるアフリカ大陸から来たことはほぼ確実です。

1920年代にポピュラーになったこの様式のブルース音楽は、左手によるビートに重点を置いたピアノを中心としています。もともとは経験の浅いミュージシャンが演奏した様式で、メロディではなくリズムに焦点を当て、ダンスに誘うものです。ミード・ルクス・ルイス、ピート・ジョンソン、アルバート・アモンズなどのミュージシャンからさらなる注目を集め、カントリー、ジャズ、そしてもちろんロックンロールなどの他のジャンルに影響を与え始めました。

ピアノを弾くのがつまらないからといってからかい続けているご友人がいたり、ご友人の真の情熱がダンスである場合、このバージョンの「ハッピーバースデーソング」がぴったりかもしれません!少しテンポが速すぎますか?問題ありません。Tomplayをご利用頂くと、楽曲のテンポを下げて、習得戸に合わせて練習して頂けます。Tomplayで、ハッピーバースデーソングのブギウギバージョンをピアノで演奏し、自然なリズム感で周囲を驚かせましょう!

▶️️ ハッピーバースデーソングのボサノヴァバージョンをピアノで演奏する

おそらく、この地球上の毎日が、祝うことに十分な理由であると考えているご友人がるかもしれません。その人のお誕生日は、また別のものです!その人にとって音楽は人生なので、ボサノヴァを選ぶことを検討するかもしれません。

1950年代後半にリオデジャネイロで、中産階級の若い世代の間で生まれたこのジャンルは、文字通り「新しいトレンド」を意味します。サンバから派生したこのジャンルは、ジョアン・ジルベルトの革新的なギタービートと、彼の独特の歌い方、 Vinicius de Moraesの歌詞、アントニオ・カルロス・ジョビンの作品を融合させて生み出されました。それらの作品は後にアメリカに持ち込まれ、1964年にジルベルト、彼の妻、ジョビンはアメリカのスタン・ゲッツと協力して伝説のアルバム「Getz/Gilberto」を録音しました。そのアルバムは1964年だけで200万枚以上を売り上げました。

ボサノヴァは、愛、ロマンス、ビーチライフ、そして人生の甘さを語ります。誕生日のお祝いにぴったりです!比較的アクセスしていただき易いピアノのラインで、ボサノヴァはより簡単なレベルのピアノ練習にも合います。初級-中級レベルにアレンジされたハッピーバースデーソングのボサノヴァバージョンを発見し、Tomplayとカラフルなお誕生日祝いの準備をしててみましょう!

このセレクションをお楽しみ頂けましたでしょうか。その他のハッピーバースデーソングのピアノ譜にご興味がある方は、Tomplayのハッピーバースデーソングのフルコレクションをチェックしてみて下さい!

コメントを追加...

  • Leonie
    23/08/2021
    Hello am so sorry kan a goh tollit
    あなたのコメントは承認後公開されます