サクソフォーンで演奏する最も美しいジャズ作品

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
24/09/2020
詳細を表示する/隠す

サクソフォーンで演奏する最も美しいジャズ作品

アルトサックス、テナーサックス、ソプラノサックスで演奏する最も美しいジャズ作品のセレクションをご覧ください。各楽譜には、高音質の伴奏音源が含まれています。楽譜は、初心者用、初級、中級、上級にアレンジされており、各楽譜には楽譜へのリンクが含まれています。

1. Fly me to the Moon - フランク・シナトラ

▶️ "Fly me to the Moon"をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ "Fly me to the Moon"をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ "Fly me to the Moon"をソプラノサックスで演奏する(初心者用中級上級

“Fly me to the Moon“と聞くと、フランク・シナトラの甘い声を思い浮かべる方も多いでしょう。実は、この曲は1954年にバート・ハワードによって書かれているものです(そして、コール・ポーターにインスパイアされています)。この曲は、シナトラの他にも沢山のアーティストに演奏されてきており、1960年にはペギー・リーが演奏しています。

Tomplayの多くの機能を利用して、ベストな環境でフランク・シナトラの“Fly me to the Moon “を学習してみましょう。

プロが演奏するジャズオーケストラ伴奏音源に合わせながら、メトロノームのテンポを自由に調節し、楽譜に書き込みをして、難しいパッセージを繰り返し練習してみましょう。

2. Hit the Road Jack - レイ・チャールズ

▶️ "Hit the Road Jack"をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ "Hit the Road Jack"をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ "Hit the Road Jack"をソプラノサックスで演奏する(初心者用中級上級

魂を呼び起こさせ、アメリカ音楽に深く影響を与えたレイ・チャールズは、ジャズ、カントリー、ブルースからインスピレーションを得ました。  “Hit the Road Jack”は、パーシー・メイフィールドが書いた曲で、レイ・チャールズが初めて録音した曲です。それは、彼の最も有名な楽曲の一つでもあります。

  その曲は、夫婦のちょっとコミカルな議論の模様を描いています。妻は片付けをしようとしますが、夫は彼女を説得して、そこに置いておくようにしようとします!この歌は、作家のジャック・ケルアック及び彼の本「オン・ザ・ロード」に捧げられています。

  Tomplayを使って、サクソフォーンで"Hit the Road Jackを演奏してみましょう。[再生]を押すと、楽譜が画面上で自動的にスクロールするので、ページをめくる必要はありません。

3. 枯葉 - ジョゼフ・コズマ

▶️ “枯葉”をアルトサックスで演奏する(初級中級上級

▶️ “枯葉”をテナーサックスで演奏する(初級中級上級

▶️ “枯葉”をソプラノサックスで演奏する(初級中級上級

“枯葉"は、ジャック・プレヴェールがフランス語で作詞し、ジョゼフ・コズマが作曲を担ったジャズスタンダードであり、その後、ジョニー・マーサーが英語版の作詞を手がけました。

もともとハンガリー出身のコズマのことを、当時パリにいたプレヴェールはすでに知っていました。彼らは、「Le Rendez-Vous」と呼ばれるバレエ作品のためにこの歌を通して協働し、1946年にその楽曲は映画「枯葉~夜の門」で使用されることになります。 イヴ・モンタンをはじめとする多くのアーティストが、長年にわたってこの曲を演奏してきています。イヴ・モンタンの名は、この歌に永遠にリンクしています。  

複数のレベルでご用意している枯葉の楽譜を発見し、高品質ジャズ伴奏音源に合わせてお楽しみください。

4. ベイカー・ストリート - ジェリー・ラファティ

▶️ “ベイカー・ストリート “をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “ベイカー・ストリート “をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “ベイカー・ストリート “をソプラノサックスで演奏する(初心者用中級上級

ジェリー・ラファティの有名なソフトロックの曲 “ベイカー・ストリート “は、家を所有するという男性の夢を思い起こさせます。彼は、持っていないということを忘れるために、酒を飲みます。曲のタイトルは、ロンドンの同名のストリートにインスパイアされているものです。  

サクソフォーンのソロバージョンは、イギリスのTVプレゼンターであるボブ・ホルネスによって録音されたという都市伝説があります。しかし、実際はイギリスの作曲家兼サクソフォーン奏者のラファエル・ラヴェンスクロフトによって演奏されているものです。  

様々なレベルでご用意しているサクソフォーン用のベイカー・ストリート の楽譜をTomplayで発見し、高音質ジャズ・オーケストラ音源に合わせて演奏してみましょう。また、Tomplayの多くの機能を活用して、楽曲を最適な環境で練習しましょう。

 

5. ブルートレイン - ジョン・コルトレーン

▶️ “ブルートレイン”をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “ブルートレイン”をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “ブルートレイン”をソプラノサックスで演奏する(初心者用中級上級

サクソフォーン奏者のジョン・コルトレーンの音楽は、ジャズ史に消えることのない功績を残しており、1957年にリリースされた”ブルートレイン"が彼のアルバムの中で最も注目に値することは、誰もが疑わないことでしょう。そのアルバム名は、収録されている一曲目と同じものです。  楽曲の"Blue Train"は、トランペットに導入にトロンボーンが加わり、するとすぐにコルトレーンによるサクソフォーンのジャズの旋律が続き、それはこの曲を真の傑作にするものです。  

複数のレベルでご用意したサクソフォーン用のブルートレインの楽譜をTomplayで発見し、楽譜に書き込みをして、高音質伴奏音源に合わせながら、お好みのテンポで演奏してみましょう。

6. All of Me - シーモア・シモンズ&ジェラルド・マークス

▶️ “All of Me“をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “All of Me“をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

"All of Me"は、シーモア・シモンズ&ジェラルド・マークスが作曲した楽曲で、ビング・クロスビー、ビリー・ホリデイ、ルイ・アームストロング、フランク・シナトラといった多くのスターが演奏するジャズ最大のヒット曲の1つです。   このタイトルは、当時夫を失ったばかりのアメリカ人歌手兼女優 ベル・ベイカーによって初めて歌われました。彼女は、パフォーマンスの最中に涙を流したと言われています。メディアはそのステージのことをこぞって取り上げ、この歌はヒットすることとなります。 

"All of Me”は、始めたばかりの人、またはジャズのスキルを向上させたい人にとって理想的な楽曲です。

テナーサックスとアルトサックス用に8つの難易度でご用意いたしました。プロが演奏するジャズバンドの高音質伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。

7. Feeling Good - Michael Bublé

▶️ “Feeling Good”をアルトサックスで演奏する(初級中級上級

▶️ “Feeling Good”をテナーサックスで演奏する(初級中級上級

▶️ “Feeling Good”をソプラノサックスで演奏する(初級中級上級

もともと、1964年にあるミュージカルのために書かれた"Feeling Good"は、1965年にリリースされたアルバム"I Put a Spell on You”のためにレコーディングしたニーナ・シモンによって有名になりました。楽曲はその後、多くの映画、TVシリーズ、CMに登場します。 マイケル・ブーブレ、ローリン・ヒル、ジョージ・マイケル、ジョン・コルトレーン、ロックバンドのミューズといった沢山のアーティストが、"Feeling Good"を取り上げました。

 この"Feeling Good”は、マイケル・ブーブレのバージョンです。楽譜に同期された、プロが演奏するジャズオーケストラ伴奏音源に合わせて、あなたのレベルに関係なくサクソフォーンでこの曲を演奏してみましょう。楽譜に書き込みをして、その楽譜を印刷して頂くことも可能です。

8. キャラバン - デューク・エリントン

▶️ “キャラバン”をアルトサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️ “キャラバン”をテナーサックスで演奏する(初心者用中級上級

▶️“キャラバン”をソプラノサックスで演奏する(初心者用中級上級

フアン・ティゾール とデューク・エリントンによる”キャラバン”は、1936年12月に初めてリリースされ、1937年6月にポップチャートで4位になりました。  この曲の短調のメロディーのメインテーマは、エリントンのアレンジによって強化され、刺激的で活気のあスタンダードとなりました。 ダミアン・チャゼルの傑作映画「セッション」にも登場します。 

 複数のレベルでご用意しているキャラバンのサクソフォーン用の楽譜を発見し、高音質伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。Tomplayがご提供する沢山の機能をご活用ください!

コメントを追加...

  • BERNARD LASSAY
    01/05/2020
    Je recherche surtout de la variété Française ?
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Tomplay
      19/11/2020
      Cher Monsieur, Nous ajoutons chaque semaine un grand nombre de partitions pour saxophone et autres instruments dans le catalogue Tomplay, et sommes heureux de pouvoir vous proposer depuis quelques temps de plus en plus de variété française ! Sachez aussi que l'abonnement Premium Tomplay vous offre la possibilité de commander un pièce de votre choix tous les trois mois. Pour toute suggestion de pièce, vous pouvez écrire à notre service client ici : https://tomplay.com/fr/contact
      あなたのコメントは承認後公開されます
  • 矢野俊喜
    16/05/2020
    ネット配信に利用できますか?
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Bois alain
    19/12/2020
    j'aime bien les morceaux de musique qui me permet d'évoluer dans ma démarche merci alain B.
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Tomplay
      14/01/2021
      Cher Alain, à votre service !
      あなたのコメントは承認後公開されます
  • MR OU MME MEUNISSIER
    02/01/2021
    j aimerais avoir des partitions pour sax alto et clarinette pour les jouer
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Martin longpre
    13/02/2021
    C'est possible d'avoir les backup track pour saxo ténor
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む