音楽:その無限の美徳

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
24/09/2020
詳細を表示する/隠す

音楽:その無限の美徳

音楽の力は、私たちがそれを聴いていても演奏していても、私たちの体や心に、多くの点で大きな影響を与えます。それがどのように、そして何故そうなるのか​​、一緒に紐解いてみましょう。

若い時に楽器の演奏を学ぶと、多くの美徳があることはよく知られています。それは、私たちの認知機能、言い換えれば記憶力、注意力、学習スキルと言語、視覚、精神運動、そして実行機能を発達させる効果を持つ脳のための丸みを帯びたエクササイズです。
従って、音楽を演奏することは、特に学びと発達の段階にある子供たちにとって、強力な刺激となります。
しかし、これだけではありません。脳の左半球が理性を支配しているということを忘れないでください。論理的、デカルト的、順次的なものです。それは西部の人口の80%の脳の支配的な側面です。
右半球に関してですが、この部分が直感、創造性、そして想像力を左右します。出生時には、脳の右側が支配的ですが、教育、学校教育、社会の影響を受けて、この傾向は逆転することとなります。
音楽演奏は、両半球を同等に機能させるための優れたツールであり、それらの能力をすべて活用するための最良の方法です。

音楽も社会的結束のための優れたベクトルです。一緒に音楽を演奏したり、歌ったり、あるいはグループで音楽を聴くだけで、関係が強化され、コミュニケーションがよりシンプルで自然なものとなります。
他人と音楽を演奏することによって、私たちは他の人に耳を傾けること、より良いコミュニケーションを取ること、グループの中で自分自身を表現することを学び、そして各人が重要なパートを担うということを理解します。家族にとっても、音楽の愛を共有することは関係を強化することなのです!

それはまた、強力な社会的標識です。自分と似た音楽の趣味を持っている人の方が、それ以外の人よりも自分と親しいと感じませんか?これが音楽の社会学です。したがって、たとえこの事例が前世紀のほうが多く見られたとしても、音楽の好みに従って学校で形成されるグループがまだあります。
しかし、何よりも、私達の音楽の好みは私達を選ぶもの。合理的で論理的な人はバロック音楽に特に魅了されるでしょう。反対に、より直感的で感情的な人は、おそらくショパンのロマンチックな音楽が心に響くでしょう。

私たちが不安を持っているかいないかという自然な素因もまた、私たちの生物学的または民族的アイデンティティ、あるいは過去の経験と同様に、私たちが演奏したい、または聴きたい音楽の決定的要因です。これはゲシュタルトの音のアイデンティティーと呼ばれます。
このように、私達は、時間と共に進化するか、時には変更され得る内部の音のアイデンティティーに呼応する音楽にさらに目を向けます。確かに、それは私たちが影響を受けるかどうかを決定する特定の振動とテンポの複雑な混合物です。
私たちの思い出や感情が、単なる写真よりもさらに強烈に、歌や音楽にどのように刻み込まれるのかを考えてみてください。
音楽は、私たちの健全なアイデンティティに影響を与えるだけでなく、私たちの心拍を変え、私たちの気分を完全に変えることができるのかもしれません。

私たちの心の鼓動は、私たちが聴いている音楽や演奏している音楽のテンポによって固定され、私たちの心のリズムと呼吸を変えることによって、私たちの脳は幸せホルモンとしても知られるドーパミンとエンドルフィンを放出します。
私たちを幸せにするという事実以外に、これらのホルモンは、スポーツ中などに、痛みや刺激を感じにくくする他、私たちを動きたい、またはダンスをしたいという思いにさせ、不安やストレスを軽減し、結果として平均寿命を延ばしてくれます!
例えば、音響学は、共鳴の原理と共振として知られる法則を通して、その周波数に作用するチベットのボウルと音叉を使うことにより、深い緩和をもたらします。
音楽学に関して言うと、昏睡状態から脱した患者を助けたり、アルツハイマー病を治療するために、医学界で使用される頻度はますます高まっています。私たちは、音楽が海馬を刺激することを知っています。海馬はまだ、記憶に関わる私達の脳の非常に神秘的な部分です。患者は、愛する人々の最初の名前を思い出すのが困難である間、幼年期に聴いた歌を心で歌うことができることがわかっています。これらの発見以上に、これらの経験は患者に、コミュニケーション、微笑み、そして歌うことの喜びを与えるのです!

音楽の力がそれほど素晴らしいのであれば、それを利用するのは私たちだけなのかどうかを尋ねるのは非常に正しいことです。そうではないことは明らかです。動物も音楽に非常に敏感であり、様式の選択に関して全く無関心であることが実験で証明されています。動物にとっての音楽の効果も、人間にとっての効果と同じなのです。それは、リラックス、及び気分と健康の改善です!
これだけではありません。植物も音楽に敏感です。研究によると、音楽が鳴っている温室では、植物の成長は非常に刺激されるとのこと。音楽は単なる振動であるため、それがすべての生物に影響を与えることは理にかなっていますよね。

私たちの脳は非常に音楽を受容しやすく、私たちの心についても同じことが言えますが、私たちの全身は音楽とその振動を聞いて理解します。音楽を演奏することで、私たちは自分の感情を通して音楽に意味を与え、音楽は私たちにその多くの美徳の賜物を100倍にして返してくれることを考えると、それは素晴らしいことですよね!

コメントを追加...

  • 29/10/2019
    Pour ceux qui en doutaient....!
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む