日々
時間
議事録

BLACK FRIDAY 特別オファー / 年間サブスクリプション

40%オフ
オファーの特典を受ける!
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

トランペットで演奏する美しいクリスマス作品10選(楽譜付き)

によって書かれた
Marie Elizalde
ライターについて
バスク地方でアコーデオン奏者の家族に生まれたマリー・エリザルデは、14歳からアルトサックスを学びました。音楽理論とクラシック音楽のサクソフォーンを学んだ後、彼女は何年にもわたってフランス南西部にて、「bandas」(お祝いの行進バンド)で演奏してきました。 「私が今住んでいる国にはマーチングバンドがいない」という理由で引退した彼女は、以来ずっとミュージシャンであり続け、プレイリストへの情熱を育み、ノンストップで歌い、間違っているように聴こえるものを絶えず恐れています。情熱的で寛大な彼女は、ウィットとユーモアを駆使して、音楽への愛情をTomplayのコミュニティと共有するのが大好きです。
発刊の日付
数日前
詳細を表示する/隠す

トランペットで演奏する美しいクリスマス作品10選(楽譜付き)

このブログでは、様々な難易度にアレンジされた、Tomplayのトランペットで演奏する美しいクリスマス作品のセレクションをご紹介します。 クリスマスの魔法と一緒にトランペット奏者の才能を周りのみんなに披露しましょう! もっとたくさんの曲を演奏したい方は、Tomplayのトランペットのカタログ クリスマスソング・セレクション もご覧ください:

▶️️ Tomplayクリスマス作品のトランペット譜カタログを見る

1. Feliz Navidad

▶️️ クリスマス音楽 “Feliz Navidad" をトランペットで演奏する

1970年、プエルトリコのシンガーソングライターであるホセ・フェリシアーノは当時のニューヨークの家でホームシックを感じ、母国のクリスマスに想いを馳せていました。このことがきっかけとなり彼は “Feliz Navidad” を書きました。この曲はスペイン語の6語と英語の13語の、わずか19語しか含まれていませんでした。フェリシアーノがポジティヴなメッセージを伝えるため、そして、休暇中の人々を結束させるためにバイリンガルの歌詞を書いたというこの選択は多くの議論を呼びました。

この作品はすぐに世界的な大ヒットとなり、クリスマスの休暇には欠かすことのできないものとなりました。 それは、2011年のメキシコの歌手タリアとのデュエットで歌ったマイケル・ブーブレによるものを含め、複数回カバーされました。 また、フェリシアーノ自身も2017年にジュールズ・ホランドとのコラボレーションでスカのバージョンをリリースしています。

Feliz Navidad をクリスマス・トランペット譜のコレクションに加えて、Tomplayと一緒にポジティヴで楽しい休暇を過ごしましょう!

2. レット・イット・スノー!

▶️️ クリスマス音楽 “Let It Snow" をトランペットで演奏する

“Let it snow” は、1945年にサミー・カーンとジュール・スタインによって作曲されました。 二人の作曲家は少し涼しい気候を望んでいましたが、同年7月のカリフォルニアは格段に暑い状況でした。そのせいもあり、面白いことに、この曲は当初クリスマスや休暇のお祝いとは関係のないものでした。それにも関わらず、シーズン中にはラジオ局がこの曲を流し、無数のアーティストによってクリスマスのコンピレーションでこの曲がカバーされました。

オリジナルバージョンはヴォーン・モンローによって歌われていますが、まず思い浮かぶのは、1950年に録音されたフランク・シナトラのバージョンや、1959年のディーン・マーティンのカバーかもしれません。明るいこの2つのバージョンは、「ダイ・ハード」のラストシーンとクレジットにオリジナルバージョンが使われているにも関わらず、複数の映画やコマーシャルで使われています。

あなたのトランペットで Let It Snow を演奏して、冬の季節に新鮮さをもたらしましょう!Tomplayの中級から上級レベル用にアレンジされたバージョンで、今すぐこのクリスマス音楽をトランペットで演奏しましょう!

3. Have Yourself a Merry Little Christmas

▶️️ “Have Yourself a Merry Little Christmas" をトランペットで演奏する

“Have Yourself A Merry Little Christmas” は、ジュディ・ガーランドが出演した映画「若草の頃 (Meet Me in Saint Louis)」のためにヒュー・マーティンとラルフ・ブレインによって書かれ、1944年にリリースされました。

マーティンは当初、好きにメロディーを書いていましたが、その後2〜3日続けて演奏したのち、上手くいかないと判断して破棄しました。しかし幸いなことに、メロディーを耳にしていたブレインが、捨てるには勿体無いとマーティンを説得しました。 いくつかの歌詞を改訂後、この曲はアメリカの映画業界で最も有名な曲の1つとなりました。フランク・シナトラ、ジョン・レジェンド、カーペンターズは、後にこの曲をカバーしたアーティストの一部です。

中級レベルにアレンジされた Have Yourself A Merry Little Christmas を、Tomplayが提供する多くの演奏機能を利用してトランペットで演奏しましょう。

4. Little Drummer Boy

▶️️ クリスマス音楽 “Little Drummer Boy" をトランペットで演奏する

当初 “Carol of the drum” と題されたこの曲は、1941年にアメリカの作曲家キャサリン・ケニコット・ディビスによって書かれました。 チェコのキャロルが基になっているという噂がありますが未だ証明されていません。この歌は、幼いイエスの前に行くように誘われた貧しい少年の物語です。少年は赤ちゃんのイエスに持っていくプレゼントがなく、できることに最善を尽くす為、ドラムを演奏することに決めました。

この曲は、オーストリアのトラップ・ファミリー合唱団が1951年に初めて録音した時、より多くの聴衆に届けられました。その後数十年にわたって、ジョニー・キャッシュからボニーMやジョーン・バエズまで、様々なバックグラウンドを持つアーティストによって録音されてきました。

初級/中級レベルにアレンジされた、Little Drummer Boy のスーザン・ボイルのバージョンを演奏して、クラシックのクリスマス・トランペット譜のコレクションを充実させましょう!

5. きよしこの夜

▶️️ “きよしこの夜" をトランペットで演奏する

1818年12月23日、オーストリア・アルプスでは、人々がその地域にある聖ニコラウス教会でキリストの降誕を祝し演奏する予定でした。しかし、演奏する予定のオルガンに、夕方までに修理が間に合わない損傷があることを彼らは発見しました。

会衆を担当する司祭のヨゼフ・モールは、数年前に書いた “Stille Nacht” (“Silent Night”) という詩を使うことができるのではないかと考えました。彼はオルガニストのフランツ・クサーヴァー・グルーバーに、ギター伴奏に合わせてメロディーを書くように頼みました。それからほんの数時間後、このキャロルはクリスマス・イヴの礼拝中に初めて演奏されました。 それ以来、この曲は人気を博し、2011年にはユネスコの “無形文化遺産” にも登録されました。

オーケストラの伴奏付きで、中級レベルにアレンジされた きよしこの夜 をトランペットで演奏しましょう。クリスマスにTomplayでちょっとした魔法をかけましょう!

6. ジングルベル

▶️️ “ジングル・ベル" をトランペットで演奏する

この曲は、“One Horse Open Sleigh” というタイトルで、1857年にボストンで初めて出版されました。ジェームズ・ピアポントによって作曲されましたがその理由は未だ謎のままです。ある人は日曜学校の聖歌隊の歌、またある人はお酒を飲むための歌であると...いずれにしても、この曲は、全く曲中では触れられていないクリスマスやホリデーシーズンにすぐに関連付けられました。

今や世界で最も有名なクリスマスソングの1つであり、それから約50年後に、英語圏ではない国へも広げる為、フランス語とドイツ語に訳されました。また、2人のアメリカ人宇宙飛行士がハーモニカとスレイ・ベルをこっそり持ち込み、任務中にいたずらとして演奏したことにより、宇宙から届けられた一番最初の歌にもなりました。

Tomplayで ジングル・ベル をトランペットで演奏しましょう。ピアノ伴奏付きで、初級/中級レベルにアレンジされています。テンポが速くてもご安心ください。Tomplayでは、楽譜のテンポを調節することができるので、無理なく演奏できるまで練習して頂けます!

7. アヴェ・マリア

▶️️ “Ave Maria" をトランペットで演奏する

1825年、フランツ・シューベルトは、ウォルター・スコットの詩である The Lady of the Lake に触発され、7つのドイツ歌曲のシリーズに取り組んでいました。王が亡命を宣言した後に、父と一緒に身を潜めて生活をする Ellen Douglas の物語を描写しています。楽曲のセレクションは1826年に出版され、その後 Opus 52 という名で知られるようになりました。“Ave Maria” はその6番目の楽曲です。瞬く間にシューベルトの作品の中で最も有名な作品の1つとなりました。

元々この作品は、ピアノ伴奏と女性の歌い手用にドイツ語で書かれていました。ルチアーノ・パヴァロッティやバーバラ・ヘンドリックスなどの有名な歌手が歌うと一層人気が高まり、この曲はドラマや映画でも度々使用されていました。最も注目に値するのは、1940年の「ファンタジア(Fantasia)」のサウンドトラックです。ウォルト・ディズニーは、“禿山の一夜(Night on Bald Mountain)” で、暗闇の中で踊る悪魔と幽霊を描写し、それとは対照的に、“Ave Maria” では日の出と僧侶の行列による夜明けを描写しました。

中級〜上級レベルにアレンジされた Ave Maria のトランペット用双方向型楽譜をクリスマスに演奏して、厳かな気持ちでクリスマスをお祝いしましょう!

8. さやかに星はきらめき

▶️️ “さやかに星はきらめき(O Holy Night)" をトランペットで演奏する

物語は1843年、プラシド・カポーというフランス人が一つの詩を書いたときに始まります。 1847年、その土地の教会の要請により、作曲家のアドルフ・アダンの助けがあり、その詩は曲になりました。当時は、“Cantique de Noël” として知られていました。この作品は、1847年にオペラ歌手のEmily Laureyによりロックモールで初演されました。

フランスでは、伝統的に今も昔も深夜のミサの初めに演奏されています。歌詞は後にジョン・サリバン・ドワイトによって英語に翻訳され、今では誰もが知っているタイトルになっています。 瞬く間に米国で人気を博し、他の英語圏へと広まっていきました。セリーヌ・ディオンやマライア・キャリーによるものを含む多くのカバーによってその人気が拡大されました。

Tomplayで、オーケストラ伴奏付きの、中級レベルにアレンジされたクリスマス音楽 さやかに星はきらめき(O Holy Night) をトランペットで演奏してクリスマスシーズンを開きましょう!

9. クリスマスおめでとう

▶️️ “クリスマスおめでとう" をトランペットで演奏する

“おめでとうクリスマス” の起源は未だに明らかではありませんが、16世紀にイギリス南西部で作曲されたという事はわかっています。広まったきっかけは作曲家のアーサー・ウォーレルです。彼は、ブリストル大学の合唱団に所属しており、メロディーと歌詞をアレンジしました。彼らは1935年12月のコンサートで初めてこの新しいバージョンを歌いました。

この曲はイギリス全域で人気を博し、その人気はのちにアメリカに広まりました。今ではクリスマスの情景の一部となっているので、クリスマスに関連する音楽のコンピレーションや映画で多く使用されています。これから数週間にわたってたくさん耳にすることでしょう。

Tomplayで初級/中級レベルにアレンジされた クリスマスおめでとう をトランペットで演奏して、クリスマスの気分に浸りましょう!

10. クリスマスの12日

▶️️ “クリスマスの12日" をトランペットで演奏する

この曲は1780年にイギリスで出版されましたが、当時まだメロディーはなく、歌詞もフランス語であったと言われています。この曲の意味や起源についても正確なことはわかっておらず、未だに議論されています。歌詞を間違えた人がキスやおやつのペナルティを課されるという、子供の記憶ゲームだったという説が有力です。

歌が歌われた国や地域によって追加されたものも含め、歌詞は複数回変更されています。本来の形では、“cumulative song” であり、自分の歌の前に、今までの人が歌った全ての歌を繰り返す必要があります。“梨の木のヤマウズラ(a partridge in a pear tree)” から始まり “ドラマー12人のドラム(twelve drummers drumming)” など。たくさんの混乱と笑いに備えましょう!

Tomplayの初級/中級レベルでアレンジされた クリスマスの12日 をトランペットで演奏し、友達を楽しませて、記憶ゲームにチャレンジしましょう!

 

Tomplayのセレクションは気に入って頂けましたか?クリスマスのトランペットの楽譜をもっと演奏したい方は、是非以下のカタログもチェックしてください:

▶️️ Tomplay クリスマス作品のトランペット譜カタログを見る

コメントを追加...