トランペットを学ぶ子どもたちのための10の可愛らしい二重奏曲

によって書かれた
Norbert Pfammatter
ライターについて
Norbert Pfammaterはスイスのヴァレー州のアガーンで生まれ、地元で音楽を学びました。 その後、彼はローザンヌ音楽院でガブリエレ・カッソーネのクラスでプロになるべく、勉強を開始します。2004年に教員免許状を取得。2005年からは、フリブールの音楽学校でジャン=クロード・コリーのもとで指揮を学びました。 2010年6月には、音楽演奏及びウインド・アンサンブル指揮の修士号を取得しました。 彼は2010年より、クリシエ・ブラウ・バンドのリーダーを務めています。彼はクリシエの音楽学校の教育部長でもあり、ブラス、パーカッション、アコーディオンのクラスの部長を務めるローザンヌ音楽院で、トランペットを教えています。彼はJunior Slow Melody Contest の共同創設者であり、役員でもあります。Valaisan Brass Ensembleでは、ソプラノ・コルネットを演奏。 ブラスバンドやその他音楽グループの編曲家や作曲家としても活動しています。
発刊の日付
24/09/2020
詳細を表示する/隠す

トランペットを学ぶ子どもたちのための10の可愛らしい二重奏曲

トランペットを習っていますか?この記事はあなたのためにご用意したものです!初心者用、2本のトランペットで演奏する短い10曲をご用意いたしました。どの楽曲も、Tomplayアプリで演奏して頂けます。レッスン中に先生と一緒に練習した後、自分のパートではないパートの演奏音源に合わせて、先生と合わせているかのようにご自身で練習して頂けます。テンポを遅くしたり、録音して自分の演奏を聴いたりすることもできます。これらの10の短い二重奏曲の楽譜をすぐに検索された場合は、こちらをクリックしてください。すべての楽譜は、ローザンヌ音楽院のトランペット科の教師であり、クリシエの音楽学校の教育部長でもあるNorbert Pfammatterが入念にアレンジしたものです。

1. La valse des articulations

▶️ "La valse des articulations" を2本のトランペットで演奏する

4分の3拍子を基本とするワルツは、踊りたくなる気分にさせてくれるリズムです。このとても有名なダンスの様々なアーティキュレーションを学んでみましょう。それは、オーストリアのウィーンの街で非常に楽しまれるもので、音楽にさらなる彩が与えられます。その作品がさらに明るくなるのがわかるでしょう!

 

2. アー・ユー・スリーピング

▶️ "アー・ユー・スリーピング"を2本のトランペットで演奏する

カノンて何か知っていますか?それは、いくつかの声部がメロディーが、少し遅れてメロディを繰り返すものです。これは、対位法の厳密な形式でもあります。 ”アー・ユー・スリーピング”は、最も有名なカノンと言えるでしょう。

 

3. Miroir décalé

▶️ "Miroir décalé" を2本のトランペットで演奏する

魔法の鏡を想像してみてください。その鏡の前で動くと、鏡の中の像はすぐには変化しませんが、少し後で変化します。この二重奏の原則は、2つのトランペットの声部が相殺されていることです。それでは、魔法の鏡で、同時にではないものの、その反映も見える1つのメロディーを演奏する方法を学んでみましょう!

 

4. Triste et heureux

▶️ "Triste et heureux" を2本のトランペットで演奏する

長調と短調では、大きな違いがあります。長調の音楽は幸せを感じるものですが、短調の音楽は悲しさを感じものです。ご自身で、この作品のどの部分が長調で、どの部分が短調かを見てみましょう。

 

 

5. Pas par Pas

▶️ "Pas par Pas”を2本のトランペットで演奏する

階段を想像してみてください。私たちはその階段を数回上り下りすることができます。その階段のステップは、前後のステップで鳴る音符のことです。

 

6. ジングルベル

▶️ "ジングルベル” を2本のトランペットで演奏する

こちらは、楽器を学習を始めて数か月には演奏できるクリスマスソングです。サンタクロースは幸せを表すものであることがわかるでしょう!

 

7. Jeu de quartes

▶️ "Jeu de quartes”を2本のトランペットで演奏する

音楽の4分の1は、例えばド〜ファのような4度の音程間隔によるものですこの二重奏で、音程間隔の色を探ってみましょう。

 

8. Bonds et rebonds

▶️ "Bonds et rebonds" を2本のトランペットで演奏する

2つのカンガルーが競い合っていることを想像してみてください。メロディ、リエゾン、アーティキュレーションのおかげで、二重奏はこのオーストラリアの動物の競争の完璧に描写しています。

 

9. Ballade en tierce

▶️ "Ballade en tierce" を2本のトランペットで演奏する

音楽の3分の1は、ド〜ミといった3度の音程間隔によるものです。この二重奏で、音程間隔の色を探ってみましょう。

 

10. Switching Voices

▶️ "Switching Voices" をトランペット2本で演奏してみましょう

全てが交替になります!タイトルのとおり、途中で声部を入れ替えます!

 

これらの楽曲をはじめとする沢山の楽曲をTomplayを使って演奏してみましょう!

これらの楽曲全てを演奏してみては如何でしょう?こちらをクリックして、Tomplayのカタログでこれらの楽曲を発見してみましょう!

他のクラシック作品や、初心者トランペット奏者向けのポップスやジャズの作品、映画音楽の楽譜を探求したい場合は、トランペット用の全カタログにて検索して頂けます。 トランペット用のすべての楽譜には、高音質伴奏音源が含まれています。また、トランペットの学習、と演奏技術の向上に役立つ沢山の機能がございます!

コメントを追加...

可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む