アルト、テナー、ソプラノ、バリトン・サックスの中で、どれを選ぶのが良いのでしょう?

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
01/10/2020
詳細を表示する/隠す

アルト、テナー、ソプラノ、バリトン・サックスの中で、どれを選ぶのが良いのでしょう?

サクソフォーンは、20世紀、最も幅広く演奏されている楽器の1つです。ラヴェルの有名なボレロから、ジョン・コルトレーンまたはシドニー・ベシェ、ビートルズやピンクフロイドも、彼らは皆、楽曲にそのシルキーで活気ある音を活用しています! 

まずは、その楽器の歴史を見てみましょう。1840年代の初めにサクソフォーンを発明したのは、ベルギーの楽器製作者であった、アドルフ・サックスでした。彼の父親も楽器製作者であり、彼は幼い頃から自分で楽器を発明し、作り始めました。 1841年、彼は、サクソフォーン(当時は”e"なし)をベルギーの産業展示会のパネルに提示し、1846年には特許を取得。彼の発明は、当時の最大の革新の1つとなります。

その楽器は 完全に金属製ですが、サクソフォーンは金管楽器ではありません。リードにより、その楽器は木管楽器です。サクソフォーンには、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス・サックス、サブコントラバスの7種類があります。今日、ご紹介するのは、アルト、テナー、ソプラノ、バリトン・サックスです。楽器選びの参考になれば幸いです!

  •  アルトサックス(E♭管

  アルトサックスは、その様々な利点と表現力により、サクソフォーンの中で最も広く演奏されています。この楽器はまた、テナー、ソプラノ、バリトン・サックスよりも非常に軽く、技術的にも習得しやすいため、初心者が最初のステップを踏むことが多い楽器でもあります。負荷なく楽しみながら演奏法を習得することができ、学生にとって完璧な楽器と言うこともできるでしょう。 

特に子供用のサクソフォーンをお探しの場合、アルトサックスは、その重量とマウスピースにより、非常に良い選択肢となります。他のサックスに比べて、より負荷なくテクニックを学ぶこともできます。小さな手のために特別に設計されたアルトサックスがあることもお忘れなく!

アルトサックスの音を探求してみてはいかがでしょう。こちらに、Baker Streetをアルトサックスで演奏した音源をご用意しています。下部にある、テナーサックスおよびソプラノサックスの音と比較して頂くことができます。リンクをクリックして、楽曲を再生してみましょう 。

  •  テナーサックス(B♭管

 1950年代半ば頃、テナーサックスが最も人気のあるジャズの楽器となり、その楽器とジャンルの間には、本当のロマンスが生まれました。彼らはお互いのために存在していると言っても過言ではないかもしれません! 

この楽器は重量があるため、大人が演奏します。すでにアルトサックスを演奏されている場合、テナーサックスの演奏をすることは簡単ではありません。ですが、テクニックの習得がより難しいので、テナーサックスから習い始める、ということは稀でもあります。

ジャズのあの楽曲を演奏したい、または、その音に魅了されてテナーサックスをやると決心した方は、チャレンジしてみましょう!テナーサックスからスタートすることは、十分に可能です。テナーサックスは単に、初める際に少し労力がかかる、というだけです。

テナーサックスの音を探求してみてはいかがでしょう。こちらに、Baker Streetをテナーサックスで演奏した音源をご用意しています。このブログ記事では、アルトサックスおよびソプラノサックスの音と、テナーサックスの音を比較して頂くことができます。リンクをクリックして、楽曲を再生してみましょう。

  • ソプラノサックス(B♭管)  

テナーサックスと同様に、ソプラノサックスはB♭管ですが、1オクターブ高く、2.5オクターブをカバーしています。サクソフォーンは高音を出すのが最も難しいので、この楽器の習得は難しい、ということにもなります。

アルトサックスのように曲がっているソプラノサックスもありますが、ほとんどの楽器は、真っ直ぐでクラリネットのような形をしながら、その音はオーボエを連想させるものでもあります。 

技術的に習得が難しいものの、曲がったソプラノサックスは、幼い子どもたちが学ぶときに使用されることがあります。その小さなサイズ、軽さ、そして密集したキーにより、幼少期にソプラノサックスの学習をスタートして、アルトサックスに移行するということも可能です。ただしこれは、子どもがアルトサックスの重量によって、演奏するのに苦労している場合の唯一の選択肢となります。この場合、子どもは、フルートまたはクラリネットといった楽器に目が向くという可能性もあります。 

ソプラノサックスは、クラシックやジャズの楽曲でよく使用され、電子音楽にはあまり適していません。 

ソプラノサックスの音を探求してみてはいかがでしょう。こちらに、Baker Streetをソプラノサックスで演奏した音源をご用意しています。このブログ記事では、アルトサックスおよびテナーサックスの音と、ソプラノサックスの音を比較して頂くことができます。リンクをクリックして、楽曲を再生してみましょう。

  • バリトンサックス(E♭管 

 最後に、バリトンサックスについて学んでみましょう。この記事で紹介する4つのサクソフォーンの中で最も大きいものであり、強烈で奥深いそのサウンドは、特にオーケストラやジャズバンドのベースラインで多用されます。

この楽器は、既にサクソフォーンの学習を始めている方にお勧めします。重量とサイズも大きいですが、価格もまた、他のサクソフォーンよりも高くなります。音は出しやすいものの、そのマウスピースをコントロールするのは難しく、最高音から最低音へと移行するのに、より多くの筋力を必要とします。 

ただし、すでにサクソフォーンに精通していて、バリトンサックスの世界と音を探求したいという場合は、是非トライしてみて下さい!アマチュアサックス奏者は、演奏を学ぶのに高度な専門的知識や技術を有していないといけないというわけではありません。

バリトンサックス(E♭管) 

 最後に、バリトンサックスについて学んでみましょう。この記事で紹介する4つのサクソフォーンの中で最も大きいものであり、強烈で奥深いそのサウンドは、特にオーケストラやジャズバンドのベースラインで多用されます。

この楽器は、既にサクソフォーンの学習を始めている方にお勧めします。重量とサイズも大きいですが、価格もまた、他のサクソフォーンよりも高くなります。音は出しやすいものの、そのマウスピースをコントロールするのは難しく、最高音から最低音へと移行するのに、より多くの筋力を必要とします。 

ただし、すでにサクソフォーンに精通していて、バリトンサックスの世界と音を探求したいという場合は、是非トライしてみて下さい!アマチュアサックス奏者は、演奏を学ぶのに高度な専門的知識や技術を有していないといけないというわけではありません。

 では、どれを選べばよいのでしょう?  

すべては、あなたのレベルとあなたが求めているもの次第です! 

アルトサックスは、技術的な観点から見ると、その軽さと扱いやすさから、サクソフォーンの習い始め、初心者に最適です。お子様にも向いていますし、小さな手のための特別モデルもあります!その楽器は、サクソフォーンの楽器の中で最も幅広く使われています。 ジ

ジャズを学び、テナーサックスを演奏する偉大なジャズマンに特有のサウンドをご自身でも出してみたいという場合は、テナーサックスをやってみるのが良いかもしれません。それでも、特に最初の段階で、少し手間がかかります。 

ソプラノサックスは小型で軽量ですが、技術的な習得が最も難しいため、初心者にはお勧めしません。マウスピースは小さく、良い音を出すには口の筋肉を駆使する必要があります。ですが、ソプラノサックスは、コントロール次第で、素晴らしい音色を出すことができます! 

要約すると、どのサクソフォーンを選択すべきかは、年齢音楽経験、サクソフォーンの演奏経験、そして最後に、ご自身の好きな音楽、つまり、探求したい音楽の様式と言えます。

では、どの楽曲を演奏したら良いでしょう?Tomplayの楽譜を探求してみましょう! 

どのサクソフォーンを選んだら良いのかがわかったら、 次は演奏したい楽曲を見つけてみましょう!

インターネットで何万というサクソフォーンの楽譜を見つけられるかもしれませんが、ご自身のレベルに合った楽譜を見つけるのは簡単ではありませんよね。

Tomplayは、アルト、テナー、ソプラノ・サックス用の楽譜の幅広いラインナップをご提供しています。楽譜は複数のレベルでご用意しており、各楽譜には伴奏音源が同期されています!

お好みの楽譜を選んで、プロが演奏する伴奏音源に合わせて演奏してみましょう!

こちらをご覧ください!

▶️ サクソフォーン用のTomplayの楽譜一覧を見る

 

コメントを追加...

  • Ambert Régis
    11/08/2020
    Bonne analyse ! Sur les 4, il ne me manque plus que le soprano. Ténor récemment acheté...et effectivement, 'spécificités' techniques...en cours d'acquisition... Par contre, une 'petite' remarque ? Tomplay ne propose pas de partitions pour Baryton ? Même si celles pour Alto ont déjà largement de quoi me satisfaire.... Ça manque (un peu) de La (Grave.. )... :-)
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Tomplay
      19/11/2020
      Cher Monsieur, merci de votre intérêt. En effet nous ne proposons pas encore de partition pour saxophone baryton. Cependant, le sax baryton jouant une octave en dessous du sax alto, vous pouvez tout à fait utiliser nos partitions et accompagnements pour sax alto. Nous transmettons votre demande d'ajout de partitions pour sax baryton à l'équipe de production.
      あなたのコメントは承認後公開されます
  • Dusty
    28/02/2021
    Very very informative! I am learning to play the saxophone and have acquired an alto sax. But I was also very curious about the other types of saxophones and was wondering if I have made the right choice. Now I know I have. Thanks a million!
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Anonymous
      16/03/2021
      Hey uhh, you know there are more than 7 types of saxophones right? There are c tenors, c sopranos, mezzo sopranos, slide saxophones, double bass saxes are actually called contrabass saxophones, subcontrabasses in c and bb, soprillos, etc... and also tenor is better than alto, even though it is a bit larger, and goes down almost halve an octave lower. Maybe go a year on the alto and then switch to tenor. That is what I did.
      あなたのコメントは承認後公開されます
    • Anonymous
      16/03/2021
      A lot of this information is wrong actually. You would be better off looking at the wikipedia saxophone family.
      あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む