ピアノで演奏する、シューマンの最も美しい7つの作品

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
27/04/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏する、シューマンの最も美しい7つの作品

この記事では、ピアノで演奏するシューマンの最も美しい7つの楽曲をご紹介します。 パピヨンから子どものためのアルバム、そしてピアノ協奏曲イ短調を通して、シューマンの素晴らしいピアノ作品が誕生した背景を探ってみましょう。もちろん、Tomplayアプリ、運指法が記載されたこれらの全ての楽譜を発見して頂くことができます!

ロベルト・シューマンの人生と作品には、ロマン主義と情熱という2つの共通点があります。彼の苦痛とクララ・ヴィークへの愛情は、彼の創作活動の根幹を成すものです。彼の二面性は、彼の内面にある2つの人格、フロレスタンとエウセビウスの共存によって示され、音楽だけでなく文学に対する彼の趣向でも解釈できるものです。 

ロベルトは1810年6月8日にドイツのツヴィッカウで生まれました。彼は家族にとって5人目の子供であり、彼の父親は書店を経営する傍ら、出版業も手掛け、作家でもありました。    

ロベルト・シューマンは幼い頃、文学に情熱を持ち、詩人になることを夢見ていました。同時に、大聖堂のオルガニストよりピアノのレッスンを受け、2番目の情熱を音楽に傾けました。彼はすでに作曲も初めていました。 

1828年に姉のエミリーが自殺し、その後すぐに父親が亡くなると、彼の母親はライプツィヒで法律を勉強するように言います。ですが、彼はほとんど勉強に関心がなく、法律を学ぶよりも町の音楽コミュニティや哲学のコミュニティに頻繁に通っていました。   

そうしているうちに、彼はピアノ製作者で教師でもあったフリードリヒ・ヴィークに出会い、フリードリヒの教えを請い、彼の家に引っ越すことになります。そして、シューマンが18歳の時、フリードリヒの娘であるクララと出会います。シューマンより9歳下の彼女は既に神童ぶりを発揮していました。

1. 1829年〜1831年:  パピヨン Op.2 〜第7曲:ワルツ

▶️ パピヨン Op.2 〜第7曲:ワルツをピアノで演奏する

1829年から1831年の間、シューマンはパピヨン Op.2を作曲しました。ピアノのためのこの組曲は、彼の義理の3人の姉妹、テレーズ、ロザーリエ、エミリーに捧げられており、「Abegg」という名前の変奏曲で現代的なものでもあります。   

 マスクされたボールを描いているその作品は、ドイツの作家ジャン・パウルの小説「生意気盛り」に直接影響を受けているものです。1832年にこの組曲について、シューマンは以下のように書いています。   

「パピヨンをテレーズ、ロザーリエ、エミリーに取ってあげて[...]。そして、ジャン・パウルの「生意気盛り」の最後の場面をできるだけ早く読んでもらい、パピヨンは実際には仮装舞踏会の音を解釈したものであることを伝え、Winaの天使のような愛、ヴァルトの詩的な性質、そしてVultの生き生きとした精神が、パピヨンでよく描かれているかを尋ねてみて。」   

「生意気盛り」からその”パピヨン”へと、パッセージを直接紐付けたロベルト・シューマンの、文学と音楽の密接なつながりがよく表現されています。 

絶妙なワルツである、第7曲を見てみましょう。作曲家は次のパッセージを、「砂漠の焦げた干ばつまたは発熱の乾熱」と例えました。それは私たちを夢へと誘う穏やかな間奏です…  

Tomplayアプリの中級に分類されている、シューマンのパピヨンOp.2〜ワルツ、数年の経験を持つアマチュアピアニストにお勧めです!。 Tomplayの楽譜には運指法が記載されているだけでなく、プロのピアニストが演奏する音源も含まれているため、学習プロセスが簡単になります。

2. 1834年〜1835年: 謝肉祭 Op.9〜第12曲:ショパン

▶️ 謝肉祭 Op.9〜第12曲:ショパンをピアノで演奏する

1830年代の初めに、シューマンは腕の耐え痛みに苦しんでいました。原因は不明でした:音楽のやり過ぎによる腱鞘炎?より器用さを得ることを可能にするはずだった、彼の発明の1つの使用から生じた右手の麻痺?性病?梅毒?それが何であれ、手を使うことができなかったことは、コンサートのピアニストとしての潜在的なキャリアを永遠に放棄しなければならないことを意味するものでした。シューマンは作曲家であり、そうでしか居られない、ことになるのです。  

 シューマンの心気症及び抑うつの傾向は、義理の姉ロザーリエの死、兄のユーリウスの死、そして1833年にドイツで猛威を振るったコレラの流行によって激化しました。   

シューマンは1834年から1835年にかけて、謝肉祭Op. 9を作曲し、当時ヨーロッパで非常に有名であ理、自身が非常に尊敬していたポーランドのヴァイオリニスト、カロル・リピンスキに捧げました。  

「4つの音符による面白い情景」という副題が付けられたその楽曲は21曲から成り、4つの音符の1つまたは2つのシリーズで構成された同じパターンで相互にリンクされ、パズルのように、単語を形成するドイツ語表記を分解することができます(シューマンの作品における、2つの芸術形式の相補性を示すものでもあります!)。  

 謝肉祭はパピヨンよりも音楽的に優れています。彼は作品にストーリー性を持たせ、音楽的な描写をし、音楽と彼自身の言葉との間に談合を持たせました。全体として、この作品は謝肉祭の期間中の、精巧で想像力豊かな仮面舞踏会を音楽的に表現するものです。自身の二面性が増していくが如く、シューマンは、魅力的な和声と、落ち着きのある強力な和音をピアノで次々と表現させます。  

彼はこの組曲の12番目の曲”ショパン”をフレデリック・ショパンに捧げましたが、ショパンは、この”謝肉祭”はまったく音楽ではない、と言ったと言われていますす。シューマンは2度ほどショパンに会いましたが、彼は温かく歓迎されず、ショパンは彼の作品についてはあまり意見がありませんでした。彼は、パピヨンに関するシューマンのメモを見て、本のような彼の鮮やかな想像力とインスピレーションを広くあざけっていたようです。  

この素晴らしい、謝肉祭Op.9〜”ショパン”  は、ショパンの夜想曲の形式で書かれています。 Tomplayアプリでは初級ー中級に分類されており、どなたでも演奏して頂けるものです。 Tomplayの楽譜には、世界的に有名なピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプの演奏が同期されており、運指法も記載されています。彼の絶妙な演奏は、作品を自分のものとするのに役立ち、学習プロセスを容易にします。

3. 1838年: 子供の情景 Op.15 〜第1曲:見知らぬ国と人々について

▶️ 子供の情景 Op.15 〜第1曲:"見知らぬ国と人々について"を演奏する

1835年、ロベルト・シューマンとクララ・ヴィークは初めてキスをし、恋愛をスタートさせ、長年お互いを想い合ったことを受けて、結婚したいと考えていました。   

クララの父であり、シューマンの元ピアノ教師だったフリードリヒは、結婚に激しく反対し、娘をシューマンから遠ざけるために、彼女のコンサートツアーを企画しました。彼は2人がそこまで熱烈な情熱を持っているとは思っていませんでしたが、2人はお互いに手紙を書き続け、それぞれの作品を互いに送り合っていました。   

したがって、シューマンはクララから受け取った作品に手を加え、彼女は、その作品を公の場で演奏しました。音楽的な愛の真の物語は、彼らの情熱から生まれました。シューマンの生涯において、音の言語は文学よりも優位に立つものでした。   

ロベルト・シューマンは、子供の情景」の中で、ロマンチックな祭儀への関心を明らかにしています。それは、彼自身の子供時代、彼が9歳から知っていたクララの子供時代、またはその2つが巧妙に混ざり合って、触発されたものなのでしょうか?   

1838年3月17日、彼はクララに以下のように書いています。「これは、ある日君が私に書いた”あなたは私に時々子供のことを考えさせます”ということへの返答であるのだろうか。もしそうなら、その子は羽を伸ばすことがわかると思う。というのも、私は30を超える短い作品を書き、そのうちの数十を選択して、「子供の情景」という名で1つの作品にまとめるので。間違いなく、あなたはその作品の演奏を楽しむでしょう。でも、自分がヴィルトゥオーゾであることを忘れてはいけません。その効果を抑えながらも、とてもシンプルで、自然で、飾り気のない感じで、流れに任せてみてください。」

その年、彼は、彼のクライスレリアーナを含むピアノのためのいくつかの傑作を生み出し、それらの作品のキャラクターは、シューマンがその時期に経験した困難さとは対照を成すものです。   

この作品の最初の曲であり、最も知られている曲の1つでもある”見知らぬ国と人々について”は、演奏者に、左手のテクニックに取り組むこと、右手の喜びに満ちたメロディと共に、2声部を理解するように誘います。指を自立させるようトレーニングすることはとても良い練習になります。Tomplayの楽譜には、運指法も記載されています。また、ピアニストウラディミール・ホロヴィッツの演奏も同期されており、好きなときに演奏聴くことができ、作品の習得が容易になります。

4. 1838年:子供の情景 Op.15 〜第7曲:トロイメライ

▶️ 子供の情景 Op.15 〜第7曲:トロイメライをピアノで演奏する

ここで、よく知られている楽曲をもう1つご紹介します。それは、「子供の情景 」の中心に来る”トロイメライ”です。

文章が表題であるにもかかわらず、その楽曲はすぐに成功し、それは、穏やかで夢のような内省を示すものです。 1890年代、「トロイメライ」はドイツ語圏の作曲家の作品に一番多く登場していると言っても過言ではありません。   

オーストリアの作曲家であるアルバン・ベルクの以下のコメントは、その楽曲を聴く音楽愛好家の気持ちを反映し、有名になりました。「このようなメロディが存在する中では、完全に足元を見失います。その価値は認識できますが、実証することはできません。このテーマに同意するために、知性は役に立つものではありません。 その魅力に敏感である面と、そうではない面があります。それに喜びを感じることを拒否する人を改宗させられる論拠はなく、それを攻撃する人には、その曲を演奏して泣かせること以外、何も言うことは何もありません。 なんて美しいのでしょう!」

 ちなみに、”トロイメライ”という名は、バラの栽培と新品種の育種のスペシャリストとして、国際的に高い評価を得ているドイツの家族経営企業であるコルデス社のバラにも付けられています。  

 Tomplayアプリには、ピアノで演奏するシューマンの”トロイメライ”の楽譜があります。楽譜には、運指法のほか、ピアニストのヤン・リシエツキによる演奏が組み込まれており、曲の学習に役立ちます。

 

5. 1839年:ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26〜第2曲:ロマンス 

▶️ ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26〜第2曲:ロマンス をピアノで演奏する

1839年、シューマンは数多くのロマン派の作曲家を生み出してきたウィーンに行きました。そこで、彼は音楽的評価を得ることに失敗し、クララと手紙と音楽作品のやり取りを続けていました。彼女の父親は、”酔っ払い”であるシューマンと娘が付き合うことを拒否していましたが、彼らの情熱はますます強まるばかりでした。フリードリヒ・ヴィークは、娘が演奏しているコンサートホールのディレクターに彼女のことを中傷するまで行きました。  

シューマンは、その街への旅によって、ウィーンの謝肉祭の様子を作曲することを思いつきます。彼はそこで最初の4つの楽章を書き、翌年ライプツィヒに戻って、最後の楽章を書きました。   

ここで、シューマンの作品が、当時の音楽様式に忠実であるものに変容し、ベートーヴェンとシューベルトによって事が動いた、古典派からロマン派への変容を完結させることに貢献しました。   

2楽章のロマンスは、難しいものではなくで、長さは1ページにすぎません。それは間違いなくこの作品の最も悲しい部分でありますが、それにもかかわらず、最も絶妙でもあります。 Tomplayアプリで、ウィーンの謝肉祭の道化〜ロマンスを演奏してみましょう。楽譜には、運指法も記載されています。自分で録音したり、楽曲を聴いたり、楽譜に書き込みをしたり、印刷したり等々、沢山の機能によって、学習プロセスがより効率の良いものになります。

6. 1845年:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54

▶️ ピアノ協奏曲イ短調 Op.54をオーケストラ伴奏に合わせて演奏する

1840年、ロベルトとクララは、ヴィーク家の主の祝福なしに、結婚の許可を得るために法廷に行きました。さらに、シューマンは、自身に対する中傷の訴訟で勝利しました。彼らは正式な結婚許可を得て、1840年9月12日にライプツィヒ郊外のシェーネフェルトで結婚式を執り行いました。   

シューマンとクララの結婚は多くの傑作に影響を与え、その年、彼はフランツ・リストと出会いました。当時、ロベルトとクララの相補性は最高でした。シューマンはもはや演奏できなかった一方で、当時、女性作曲家による作品が非常に過小評価されていたため、公に作曲をすることができなかった彼女は、ピアノの名手として活躍しました。  

 シューマンは、ヨーロッパで本物のスターとなったクララの影に潜んでいました。彼女はピアニストとしてのキャリアと、妻、母親としての人生を全うし、生き残ったのは6人であったものの、8人の子どもの育児をこなしました。その後、夫婦とフリードリヒ・ヴィークの間にあった緊張は和らいでいきました。   

シューマンは1845年に、クララの励ましのもと、ピアノ協奏曲イ短調Op.54を彼女のために作曲しました。クララは、シューマンが作曲するにあたり、沢山の励ましを与えていました。彼女は1841年8月13日にライプツィヒにて、夫妻の友人であったフェリックス・メンデルスゾーンの指揮のもと、その曲を初演しました。

 第1楽章:アレグロ・アフェットゥオーソ、叙情的なピアノとクラリネットのデュエットとエレガントに対比する、非常に力強いオープニングの主題を示します。その作曲家は、非常に異なる雰囲気を調和させるのが好きでした!

第2楽章:インテルメッツォは穏やかで叙情的で、一時停止することなく続く第3楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ、主題を復活させながら、活気に満ちたフィナーレで終わります。   

Tomplayは、ユニークな体験をご提供します。シューマンのピアノ協奏曲イ短調を、本物のオーケストラと一緒に演奏してみましょう! Tomplayの双方向型楽譜には、オーケストラ伴奏音源が同期されてあり、レベルに合わせてテンポを調節することもできます。

7. 1848年: 子どものためのアルバム Op.68 第1巻〜第16曲:最初の喪失 

▶️ 子どものためのアルバム Op.68 第1巻〜第16曲:最初の喪失をピアノで演奏する

1845年7月中旬に協奏曲が完成した後、シューマンは身体の大きな不調に襲われ、不安感が高まりました。 

1848年9月、彼は娘マリーの7歳の誕生日プレゼントとして、数年にわたって書いてきた様々な小品を一つのコレクション「子どものためのアルバム 」にまとめました。「子どもの情景」は、子供の世界に触発されて書いたものですが、「子どものためのアルバム 」の作品は、より若い聴衆に向けられています。   

この作品の16番目の曲となる”最初の喪失”は、作品全体において、左手と右手の声部の相互作用を示し、流動的な対話とノスタルジックな雰囲気を作り出します。Tomplayアプリで、運指法がついた”最初の喪失”の楽譜を発見してみましょう。

1849年〜1856年: 光から暗闇へ

1849年に、シューマンの創作における新たな爆発が見られました:リート、ピアノのための楽曲、室内楽、合唱曲 - その期間、彼は沢山の楽曲を生み出しました。彼は、妻とのツアーも引き受けました。大成功でした!   

しかし、しばらくしてから、彼は指導やオーケストラの指揮を試みましたが、これらは成功せず、批評家に受け入れられませんでした。自身の肉体的および精神的な体調が日々悪化しているのを感じていたロベルト・シューマンにとって、それは地獄への降下の始まりでした。   

1854年、シューマンは幻覚に悩まされ、その症状により、紙に書いた主題が聞こえたりもしました。しかし、彼はその結果に満足せず、それを神の警告と解釈しました。数日後、彼は雨の中、スリッパでデュッセルドルフの街を歩き回り、ライン川に身を投げました。彼は引きずり出され、生涯過ごすこととなる精神病院に連れて行かれました。   

彼はこの長い監禁期間中に二度とクララと会うことはなく、息子のフェリックスの誕生についても、彼女は彼に知らせることはありませんでした。彼女は、たまに遅れて、手紙を書くくらいでした。そのような状況でしたが、シューマンの状態は改善し、ブラームスやその友人、ヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムが彼のもとを訪れました。医師は、帰国の可能性について話しましたが、クララは彼女の「半硬化」の夫を迎えたくありませんでした。   

作曲家はすべての希望を失いました。彼は最後の手紙をクララに書き、彼女のそれまでの手紙を焼いて、食べることを拒否するようになります。クララはついに、彼の死の床でようやく、彼に会いました。ロベルト・シューマンは1856年7月29日の午後に亡くなりました。クララは以下のように書いています。「 彼は私に微笑みかけ、頑張って両腕で私を抱きしめました。そして、この抱擁は、世界中のすべての宝にも代わるものではありません。」

ロベルト・シューマンは彼独自の音楽を残しました:それは、陶酔と愛に浸り、時には苦しみと陰鬱さを放ちますが、常に想像力に富み、冒涜的で神秘的なものです。

Tomplayを使用してシューマンの作品を演奏してみましょう

Tomplayのカタログには、あらゆる楽器とレベルのためにご用意した20,000曲以上の楽譜があります。各楽譜は、プロが演奏する伴奏音源が同期されており、聴きながら、そして伴奏に合わせて練習して頂くことができます。また、伴奏のテンポを遅くしたり、自分で録音したり、特定のパッセージを繰り返し聴いて練習できる沢山の機能が、楽曲の学習を容易なものにします。

▶️ iPadまたはiPhone用のTomplayアプリをダウンロードする

▶️ Android用のTomplayアプリをダウンロードする

▶️ PC/MacでTomplayを使用する

コメントを追加...

  • Andre Brosseau
    01/05/2021
    Wonderful presentation of Schumann. Thank you.
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む