全くの初心者のためにご用意した、8つの素晴らしいサクソフォーンのための作品

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
26/04/2021
詳細を表示する/隠す

全くの初心者のためにご用意した、8つの素晴らしいサクソフォーンのための作品

アルトサックスで演奏する最も美しい楽曲のセレクションをご覧ください。各楽譜には、アンサンブルの他パートまたはオーケストラの高音質伴奏音源が含まれています。初心者向けにアレンジされた各曲の楽譜へのリンクが含まれます。

1. サマータイム - ジョージ・ガーシュウィン

▶️️ 初心者用にアレンジされた”サマータイム”を、アルトサックステナーサックス、またはソプラノサックスで演奏してみましょう

もともと、オペラ「ポーギーとベス」のために書かれた”サマータイム"の歌詞は、デュポーズ・ヘイワードとアイラ・ガーシュウィン(ジョージ・ガーシュウィンの兄)が手がけたものです。この子守唄は、夏の間の人生の優しさを喚起するものです("Summertime, and the livin' is easy”)。

ジャズ・スタンダードとなったこの楽曲は、スタジオ録音が始まって以来、最もカバーされている楽曲の1つで、33,000ほどのバージョンが確認されています。 

この曲は演奏が簡単です。6つの基本的な音符だけで、即興・そしてアレンジの余地が十分にあり、マイルス・デイヴィスやチャーリー・パーカーをはじめとして、その曲を録音した偉大なジャズマンも多くいます。ジャニス・ジョプリンは1969年、ウッドストック・フェスティバルでその曲を演奏しました。 

Tomplayを使用して、最高の環境でガーシュウィンの”サマータイムを学習しましょう。メトロノームのテンポを自由に調節しながら、プロが演奏するジャズオーケストラ伴奏音源に合わせてにサックスパートを演奏しましょう。

  

2. さらば恋人よ

▶️ 初心者用にアレンジされた”さらば恋人よ”を、アルトサックス、またはテナーサックスで演奏してみましょう

カルト的な支持を得ているシリーズと密接に関連している世界的に有名な楽曲は何でしょう?。それは、20世紀、第二次世界大戦中に反ファシストのコミュニティで生まれた有名なイタリアのパルチザンの唄 "さらば恋人よ”であり、その曲は世界中の過激派及び抗議をする人たちの抵抗の賛美歌になっています。  

それは、1930年代のイタリアで、祖母が孫娘にこの歌を教えたという物語です。彼女はしばしば、大変で長く時間のかかる田んぼでの仕事をしてる時、周りにいた季節労働者と共に、その曲を歌いました。その後、その若い少女は、第二次世界大戦中に抵抗勢力の一員となり、1944年、この歌の歌詞は今日私たちが知るものとなります。それは、革命的な言葉、そして、抑圧に対する闘争の象徴です。  

ドラマ「ペーパー・ハウス」の成功と共に、この曲は現代のアーティストにもカバーされており、若者がこのメロディを口ずさむのを耳にすることもあるかと思います...オーケストラ伴奏音源が付いた、”さらば恋人よ”(アルトサックス初心者用)を発見してみましょう。

 

3. 迷信 - スティーヴィー・ワンダー

▶️ 初心者用にアレンジされた”迷信”を、アルトサックステナーサックス、またはソプラノサックスで演奏してみましょう

”迷信”の歌詞は、スティーヴィー・ワンダーがジェフ・ベックと共同執筆したもので、1972年のアルバム「Talking Book」に収録されています。ヒットしたそのファンクの楽曲は、人気という迷信及びその有害な影響について語るものです。 

スティーヴィー・ワンダーは、歌詞に基づく形で”迷信”の作曲をしませんでした。ドラムのトラックに伴わせるべく、2つのホーナー・クラヴィネットのトラック、その後ベース、ホルン、ヴォーカルを追加しました。歌詞はそれについて来た形です。 

Tomplayの沢山の機能により、スティーヴィー・ワンダーの”迷信”をより容易に演奏して頂くことができます。楽譜に書き込みをして、繊細なパッセージを繰り返し練習してみましょう。


4. 旅立てジャック- レイ・チャールズ

▶️ 初心者用にアレンジされた”旅立てジャック”を、アルトサックステナーサックス、またはソプラノサックスで演奏してみましょう

ソウルミュージックの第一人者であるレイ・チャールズは、ジャズ、カントリー、R&Bからインスピレーションを得て、アメリカの音楽に深い影響を与えました。  

"旅立てジャック"は、パーシー・メイフィールドが作詞・作曲を手がけ、レイ・チャールズが初めて録音を行った曲です。彼の最もよく知られる曲の1つでもあります。 

その楽曲は、女性と彼女の夫のとてもコミカルなやり取りを物語るもので、愛想を尽かされた夫が、彼女にすがるストーリーです。

この曲は、作家のジャック・ケルアックと彼の著書「On the Road」に捧げられています。 

Tomplayを利用して、サクソフォーンで"旅立てジャック”を演奏してみましょう。[再生]をクリックすると、楽譜が画面上で自動的にスクロールされるため、ページをめくる必要はありません。

5. Jealous - ラビリンス

▶️ 初心者用にアレンジされた”Jealous”を、アルトサックステナーサックス、またはソプラノサックスで演奏してみましょう

”Jealous”は、2014年にリリースされたイギリスのミュージシャン、ラビリンスの楽曲で、もともとはピアノとボーカルの形態で演奏されていました。 MTVでは"悲痛なバラード"と表現されているこの歌は、4歳のときに家族を離れた父親に宛てられたものです。 

ラブリンスと彼の8人の兄弟姉妹はロンドンで母親に育てられました。 「私は父親の姿がないところで育ったので、そもそも気になりませんでした。しかし、父親が他の家族を持ったことで、私は嫉妬しました。 [...] それが、この歌を書いた理由で、誰もがそのことを自分の物語に紐付けることができます。」 

いくつかのレベルでサクソフォーン用にアレンジされた Jealous”の楽譜を発見し、プロが演奏する高音質伴奏音源に合わせて演奏をお楽しみ下さい。

  

6. I Can See Clearly Now - ジミー・クリフ

▶️ 初心者用にアレンジされた” I Can See Clearly Now”を、アルトサックス、またはテナーサックスで演奏してみましょう

ジミー・クリフの"I Can See Clearly Now" をご存知の方は多いはず。この楽曲は、映画「クール・ランニング」の音楽としてカバーされた、レゲエの影響を受けた楽曲です。

この曲はもともと、ジョニー・ナッシュが1972年にリリースしたもので、その後、数多くのアーティストによってカバーされてきました。それは、よく想定されている”自殺"を語るものではなく、幸せを見つけることを語るとても楽観的な曲です。

サクソフォーン初心者用にアレンジされたTomplayの"I Can See Clearly Now" を発見し、高音質オーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。Tomplayの沢山の機能を活用して、最適な環境で学習して頂けます。

 

7. Happy - ファレル・ウィリアムス

▶️ 初心者用にアレンジされた” Happy”を、アルトサックス、またはテナーサックスで演奏してみましょう

今日の殆どのポップス曲とは異なり、“ハッピー” はファレル・ウィリアムズがアニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」のサントラのために書いたものです。 

この歌がキャッチーである鍵は、その繰り返しにあります。「ハッピー」という言葉は56回繰り返され、コーラスはその曲の半分以上を占めます。

トレンドを無視せずにユニークな楽曲を作ることは、不可能に思えます。ですがこれは、ファレル・ウィリアムスが”Happy"を作曲するにあたって賭けたことで、彼は、"Blurred Lines”や"Get Lucky”といったヒット曲の流れに乗りながら、R&BやFunk、ソウルミュージックの要素も組み入れたのです。 

サクソフォーン初心者用にアレンジされた”Happy”の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜に書き込みをして、高音質伴奏音源に合わせてテンポを自由に調節しながら演奏してみましょう。

  

8. All of Me - マークス&シモンズ

▶️ 初心者用にアレンジされた”  All of Me”を、アルトサックス、またはテナーサックスで演奏してみましょう

ジェラルド・マークスとシーモア・シモンズの"All of Me”は、ビング・クロスビー、ビリー・ホリデイ、ルイ・アームストロング、フランク・シナトラといった多くの著名なミュージシャンが演奏してきたジャズの大ヒット曲の1つです。

この曲は、当時夫を亡くしたばかりのアメリカの歌手で女優のベル・ベイカー によって初めて演奏されました。演奏の途中で、彼女は涙を流したと言われています。彼女のその感情的なパフォーマンスはマスコミに取り上げられ、この曲はヒットとなったのです。

"All of Me"は、ジャズを初めて演奏する人にとって理想的な楽曲です。Tomplayショップにて、サクソフォーン初心者用にアレンジされたこの曲の楽譜を見つけて頂けます。プロが演奏するジャズバンドの伴奏音源に合わせて演奏してみましょう!

コメントを追加...

  • michèle
    28/06/2020
    Super ! J'ai hâte d'essayer quelques morceaux dans cette sélection. Merci !
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • SENOUQUE PATRICE
    04/12/2020
    SUPER MOI AUSSI JE VAIS ESSAYER, MERCI
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Bole leon
    07/12/2020
    Bien,mais veux partitions
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Tomplay
      14/01/2021
      Cher Leon, vous trouverez dans cet article tous les liens redirigeant vers les partitions de chaque morceau présenté. Vous pouvez les acquérir individuellement, ou bien en téléchargement gratuit et illimité si vous êtes détenteur d'un compte Premium. Cordialement
      あなたのコメントは承認後公開されます
  • Bechet Philippe
    13/02/2021
    Génial Je débute et je ne attenais que ça
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • BAGNI. Maximin
    19/02/2021
    Je suis débutant au saxophone et je suis intéressé par les 8 morceaux que vous proposez, Comment vous les commander J’attends vos instructions Merci Salutations
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む