ピアノで演奏する、リラックスできる10の作品

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
17/05/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏する、リラックスできる10の作品

この記事では、ピアノ・ソロで演奏するリラックスできる10曲をご紹介します。ショパンドビュッシーサティなどの作品が含まれています。リンクをクリックして、これらの楽曲のTomplayの楽譜をチェックしてみて下さい。また、リラックスできるピアノ・ソロ曲を、いくつかの楽譜コレクションにまとめてみました。お楽しみ下さい!

▶️ ピアノで、最も美しく、優しく、リラックスできる音楽を演奏してみましょう

1. ドビュッシー - ベルガマスク組曲  L.75〜第3曲:月の光(原曲版)

▶️ ドビュッシーの”月の光”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

ポスト・ロマン派/現代時代の最も著名な作曲家の一人であるドビュッシーの有名な、"月の光”をもって、クラシック音楽に欠かせない作品を探っていく旅を始めましょう。クロード・ドビュッシーは、臆病でありながらワイルドで、ぎこちなく、驚くべきほど複雑でとらえどころのない性格の持ち主でした。彼のことを、先生は風変わりであると見ていました。  彼は音楽、詩、芸術に情熱を注いでおり、少し女性っぽい一面をありました。彼には1人の娘、Chouchouがいて、2番目の妻であるEmma Bardacは、彼が亡くなる時まで添い遂げました。   ドビュッシーは音楽の画家であり、色の代わりに音符を使用していたと言えます。彼の最も有名な作品の中には、「亜麻色の髪の乙女」「アラベスク第1番」「」そしてベルガマスク組曲〜「月の光」が含まれます。この組曲はしばしば、彼が若かりし頃に作曲した、ピアノのための最も優れた作品と見なされます。 1890年頃に書かれ、1905年に出版されたこの組曲は、前奏曲メヌエット月の光パスピエという4つの楽章から成ります。月の光を正しく演奏するには、まず、演奏を始める前にテンポを考える必要があります。 テンポが遅すぎると、フレージングは​​しなやかさと表現力に欠けてしまいます。   同様に、左手は右手よりも柔らかく演奏する必要があり、音のバランスをとる必要があります。そして、ルバートの部分を楽しまなくてはなりません!演奏が自由に流れるようにしましょう。   

ドビュッシーの"月の光”は、Tomplayアプリにて、中級-上級に分類されており、繊細な演奏が求められるため、すでに数年間練習しているアマチュア奏者にお勧めします。 Tomplayでご用意している”月の光” 原譜には運指が記されており、プロのピアニストが演奏する音源が含まれています。

2. リスト - 愛の夢 第3番

▶️ リストの"愛の夢”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

多くのピアニストがフランツ・リストという名を聞くと、ある反応を示します!究極の技、華やかな和音、悪魔のようなトリル、これらは、音楽史上最も偉大なピアニストの1人であった、情熱的かつ衝動的なこの作曲家の作品を説明するにあたって頭に浮かぶ言葉です。  

一方で、リストは、穏やかで表現力豊かな旋律を持つ、非常に深遠な作品をいくつか遺しました。1843年から1850年の間に作曲された、3曲からなる愛の夢がそれにあたります。リストは、マリー・ダグーとの恋愛により、この楽曲を作曲したのでしょうか?   このコレクションは当初、ルートヴィヒ・ウーラントとフェルディナント・フライリヒラートによって書かれた3つの詩の伴奏であると考えられていました。最も一般的には、それぞれが愛の形を説明していると解釈されています。最初の詩で宗教的な愛について語った後、ウーラントは自身の2番目の詩をエロティックな愛に捧げました。 フライリヒラートによる3番目の詩に関しては、無条件の愛を表すものです:「O lieb ’、solang du lieben kannst!」 (「愛することができる限り愛し続けなさい!」)。   この楽曲を演奏するのはそれほど簡単ではありません!柔らかく憂鬱なその曲を演奏するには、非の打ちどころのない運指の技術が必要です。フランツ・リストの他の多くの作品と同様に、この曲を演奏するには、高度な技巧を習得する必要があります。   

アレンジしました。

愛の夢 第3番のTomplay双方向型楽譜で、楽譜に同期されたダニエル・バレンボイムの演奏を聴きながら、練習してみました。

3. ショパン - 24の前奏曲 Op. 28 ~ 第15番 変ニ長調「雨だれ」

▶️️ ショパンの前奏曲第15番「雨だれ」をピアノ・ソロで演奏してみましょう

マヨルカの冬の雨の雰囲気に触発され、ショパンは1838年、前奏曲「雨だれ」変ニ長調を作曲しました。彼のパートナーであるジョルジュ・サンドは回顧録の中で、ショパンを激怒させた屋根の雨滴の音を真似て作曲していることを彼女が彼に言ったときの議論について語っています。今では非常に有名な名称となった「雨だれ」というタイトルを15番目の前奏曲につけたのは、彼自身でした。ショパンのレパートリーには簡単な曲はほとんどありませんが、中級レベルで演奏できるものを挙げるとするならば、この曲でしょう。

この「雨だれ」前奏曲の微妙な解釈をマスターすべく、Tomplayの双方向型楽譜に同期されているマルタ・アルゲリッチの音源を聴きながら練習して頂くことをお勧めいたします。読み取りカーソル付きの楽譜は画面上で自動的にスクロールされ、再生されている楽曲を楽譜上をとても簡単に追うことができます。

4. シューベルト -即興曲集 第3番 D 899 Op.90-3 

▶️️ シューベルトの”即興曲集 第3番”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

詩的な即興と同じ精神で、その場で準備なしで作曲された小さな作品である「in promptu」は「利用可能」を意味します。音楽の即興曲は、作曲家がリスナーに、それは一種の即興であることを納得させる自由形式の作品のことを指します。シューベルトの即興曲は、1827年に作曲されたピアノ・ソロのための8曲からなるシリーズです。4つの即興曲を2つにまとめて(D.899とD.935)出版されました。即興曲集 第3番 D 899 Op.90-3は、シューベルトがオーストリアのグラーツでの休暇中に作曲した4つの即興曲のサイクルの一部です。彼は数名の友人と一緒にその地に滞在しており、その中の一人、マリー・パハラーは優秀なピアニストでした。   この即興曲は、シューベルトの並外れた叙情性と、長い旋律ラインを彼が好むことをよく表しています。この3番目の即興曲は、1番の瞑想を長引かせるように見え、2番と4番は、穏やかな空想のようにきらめくものです。

プロの演奏が同期されたTomplayの双方向型楽譜で、即興曲集 第3番 D 899 Op.90-3を演奏してみましょう。両手での演奏を容易にすべく、テンポを調節しながら練習してみましょう。

5. チャイコフスキー「四季」Op. 37a〜第6曲:6月 "舟歌 "

▶️️ チャイコフスキーの「四季」より6月”舟歌”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

チャイコフスキーの「四季」を見てみましょう。チャイコフスキーは、ピアノ・ソロのために12の短く特徴的な曲を描き、その曲はそれぞれ、1年の1ヶ月を指すもので、ピアノ協奏曲第1番及び「白鳥の湖」と同時に作曲されました。   これらの作品は、サンクトペテルブルクの月刊音楽誌「Nouvelliste」に掲載されることを念頭に、作曲されました。チャイコフスキーは、練習がとても簡単であることに気がつき、使用人に毎月、自分に思い出させるように頼み、一度に書かれた作品を送りました!   そんな感じで無頓着に書かれているにも関わらず、それは、素晴らしい作品集です。それぞれに、独自の魅力と繊細さがあります。時には遊び心があり、時には憂鬱ですが、それはすべて魅惑的で、典型的なロシア人の性格を表しています。   これらの短い作品にはすべて、いくつかの詩が付随しています。 “6月"(こちらでご紹介したい楽譜)は、ロシアの詩人Alexei Pletcheievによって書かれました。  

「岸辺に行こう。 

 そこで、波は私たちの足にキスをします。 

不思議な悲しみとともに 

星が私たちを照らします。」  

チャイコフスキーの「四季」Op. 37a〜第6曲:6月 "舟歌"は、Tomplayアプリで、中級-上級レベルに分類されています。楽譜には運指が記されており、プロのピアニストが演奏する高音質音源が同期されています。

6. イルマ - River Flows In You

▶️️ イルマの"River Flows In You”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

韓国のピアニスト兼作曲家であるイルマの作品を探求すべく、時間の旅を続け、私たちが生きる時代に近づきましょう。世界中で知られる、ニューエイジのアーティストである彼は、2001年に啓示のように登場しました。   彼の最も有名な楽曲は、映画「トワイライト」のサウンドトラック収録されている"Kiss the Rain”と、"River Flows in You"です。軽くて風通しの良いその音楽は、このセレクションにぴったりです。"River Flows In You"のメインテーマは、その作曲家の他の作品同様、繰り返しの中で発展していくものです。いくつかの和音がベースになっており、この楽曲を演奏するのに演奏経験はそれほど必要とされませんが、表情豊かなその楽曲を演奏するには、感性を持ち合わせているとなお良いでしょう。 

イルマの"River Flows In You"のトムプレイ譜を発見し、片手練習機能を活用して、楽譜に同期されているプロが演奏する音源を聴きながら練習してみましょう。

7. サティ - ジムノペディ第1番

▶️ サティの"ジムノペディ第1番”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

エリック・サティの有名なジムノペディ第1番を知らない人はいるでしょうか?ゆっくりとしたワルツ、霧のかかったような、ミニマリストの性質を持つそのタイトルは、古代ギリシャ時代に、若いダンサーが裸になって踊る儀式の舞を思い起こさせます。今ではピアノ作品として必須の一つですが、時代を違えると、それが必ずしも同じ評判というわけではありませんでした!   1888年に作曲されたジムノペディはその後すぐに出版されましたが、大きな成功はありませんでした。数年後、友人のサティのキャリアを後押ししたいと思ったクロード・ドビュッシーは、その曲をオーケストレーションし、コンサートで演奏することにしました。ですが、残念ながら、計画通りには進みませんでした。  ドビュッシーは 批評家の的にならなかったものの、このコンサート後、サティについての批評は悪質なものでした。彼はEcho de Parisのジャーナリストから、"ばかげた神秘家”、"落ち着きのない無学の者"、さらには「苛立たしい、卑劣なマリファナ常用者」とまで言われました。この記事が出ると、ジムノペティ、そしてサティの作品はしばらくの間、コンサートで演奏されることはありませんでした。 そして、サティの友人でもあったモーリス・ラヴェルは1911年に、ピアノのための3つのサティの作品をコンサートで演奏することを決めます。それが、批評家から称賛を得ることとなり、エリック・サティとジムノペディは、ラヴェルのおかげで、彼のおかげで評価を得ることができたのです。   

サティのジムノペディ第1番 を、Tomplayの双方向型楽譜を使って演奏してみましょう。運指を見ながら、オンスクリーン・キーボード機能をオンにして、プロが演奏する音源を聴きながら練習してみて下さい。

8. ヤンティルセン - Porz Goret

▶️️ ヤン・ティルセンの"Porz Goret”をピアノ・ソロで演奏してみましょう

ヤン・ティルセンは、2002年にセザール賞を受賞した映画「アメリ」の楽曲を手掛けたことで世界的に知られており、ピアノの作品が特に注目される、フランスのシンガーソングライター兼マルチインストゥルメンタリストです。   ブルターニュ出身の彼は、6か月でブルトン語を学ぶための集中コースを受講しました。この言語の習得により、自身が住んでいるウェサン島の場所の名を理解し、詩を読むことができました。   こうして、コンセプトアルバム「EUSA」(ブルトン語では「Ouessant」)が誕生しました。そのピアノの各曲は、環境の記録、GPS座標、妻の写真、ブルターニュ地方の詩人Anjela Duvalによる朗読を通じて、島のある場所に敬意を表しています。  

 彼は次のように述べています。「ウェサン島は私の家以上のものです。それは私の一部です。それは、島の地図、つまり私が誰であるかを描くということでした。」   ここでご紹介したい作品、"Porz Goret”は、以下のように解釈されます。Porz は海岸線であり、Goretは干潮時にPorz に残された石のバラスト・ネットです。満潮時には、ブイのおかげでGoretが垂直に立ち、魚を捕まえることができます。   

ヤン・ティルセンが醸し出す雰囲気は、ルドヴィコ・エイナウディやイルマなど、私たちの時代のピアニストを思い起こさせるものです。   ピアノ初心者ではないという方はぜひ、ヤン・ティルセンの"Porz Goret”を演奏してみて下さい。Tomplayアプリでは中級に分類されており、楽譜に同期されたヤン・ティルセン自身の演奏を聴きながら練習してみましょう。

9. シューマン - 子供の情景 Op.15〜第1曲:見知らぬ国

▶️️ "子供の情景 Op.15〜第1曲:"見知らぬ国”を演奏してみましょう

ロベルト・シューマンは、「子供の情景」の中で、ロマンチックな祭儀への関心を明らかにしています。それは、彼自身の子供時代、彼が9歳から知っていたクララの子供時代、またはその2つが巧妙に混ざり合って、触発されたものなのでしょうか?  

1838年3月17日、彼はクララに次のように書いています。「これは、ある日あなたが私に書いた「時々あなたは子供に思えます」というメッセージに対する返答なのでしょうか?もしそうなら、私が30以上の小品を書き、その中から12を選び、その子どもが翼を伸ばすことがわかると思います。それらの楽曲を、「子供の情景」というタイトルでまとめます。この作品を楽しんで演奏してくれることを確信しています。しかし、自分が名手であることを忘れなければならないかもしれません。意図的にそうしなければならいかと思いますが、非常にシンプルで、自然で飾り気のない優雅な音楽に身を任せて下さい。」   その年、彼は、"クライスレリアーナ"を含むいくつかのピアノの傑作を作曲しました。これは、シューマンが当時困難な時期を経験してことを全く感じさせないものです。

このサイクルの最初の曲であり、最も有名な"見知らぬ国”を演奏するためには、左手のテクニックに取り組み、左手と右手の2つの声部を理解する必要があります。これは、指の独立した動きのトレーニングにも最適です。Tomplayアプリで、運指が記された楽譜を発見してみましょう。

楽譜には、ウラディミール・ホロヴィッツの演奏音源が組み込まれており、演奏を聞くことで、楽曲の解釈が容易になります。

10. ヘンデル - 組曲第1番 変ロ長調 HWV 434〜第4曲:メヌエット(編曲:ヴィルヘルム・ケンプ)

▶️ ヘンデルの組曲第1番 HWV 434より、”メヌエット”を演奏してみましょう

このブログを締めくくるにあたり、隠れされた宝石をご紹介したいと思います。スタンリー・キューブリック監督の映画「バリー・リンドン」にも登場する、ヘンデルの組曲第1番 変ロ長調 HWV 434のメヌエットです。

ト短調という憂鬱な調と、当時ダンサーが「可憐な」小さな一歩を踏み出した、メヌエットの3拍の特徴が、この作品にバロック様式の非常に個性的な魅力を与えています。   このメヌエットがいつ作曲されたかは謎のままですが、1733年に、組曲集として初めて出版されたと推測できます。ヘンデルが作曲した他の鍵盤作品と同じように、このメヌエットはもともとチェンバロのために書かれました。ヴィルヘルム・ケンプによるアレンジ(オクターブとアルペジオの追加、ハーモニーの強化を含む)は、ピアノの音色を際立たせることを目的としています。 

彼自身の演奏は、Tomplayの組曲第1番 変ロ長調 HWV 434〜第4曲:メヌエットの楽譜に組み込まれています。多くの機能を活用して、このメヌエットを演奏することで、より容易に、そしてより楽しく、楽曲を習得することができます。

コメントを追加...

  • Patxi
    12/02/2021
    Me gusta, me ha pillado mayor....pero esta muy bien.
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Alfredo Bustos-Ramirez
    12/02/2021
    Beautifull!
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Alfredo Bustos-Ramirez
    12/02/2021
    Beautiful!
    あなたのコメントは承認後公開されます
  • Nicole DUCROZ
    20/02/2021
    superbe, cela donne envie !!
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む