可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ピアノで演奏する最も美しい映画音楽

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
26/06/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏する最も美しい映画音楽

傑作映画10選と、その成功に貢献したサウンドトラックを再発見してみましょう。各解説には、Tomplay楽譜へのリンクが含まれています。ピアノ用の楽譜には、作品の音源とともに、オーケストラの伴奏音源が含まれているものもあります。

音楽無しで素晴らしい映画というのは存在しません!初期の無声映画が登場して以来、音楽は物語に付随し、物語を描いてきました。演出とサウンドトラックは密接に結びついており、映画の雰囲気を生み出し、作品と観客の間に感情的なつながりを生み出します。   

ピアニストの皆さま、この記事を通して、傑作映画10選と、その成功に貢献したサウンドトラックを再発見し、作品の世界に没頭して下さい。各解説には、Tomplay楽譜へのリンクが含まれています。ピアノ用の楽譜には、作品の音源とともに、オーケストラの伴奏音源が含まれているものもあります。ピアノで演奏する最も美しい映画音楽コレクションもお見逃しなく!

▶️️ ピアノのための美しい映画音楽名曲集 (初心者用)

▶️️ ピアノのための美しい映画音楽名曲集 (初級編)

▶️️ ピアノのための美しい映画音楽名曲集 (中級編)

▶️️ ピアノのための美しい映画音楽名曲集 (上級編)

音楽と映画の芸術への旅をスタートさせましょう...

1.  映画「アメリ」より "ある午後のかぞえ詩” - ヤン・ティルセン

▶️️ ピアノ・ソロで映画「アメリ」より "ある午後のかぞえ詩”を演奏してみましょう

オドレイ・トトゥが演じるモンマルトルの若いウェイトレス、アメリ・プーランの魂は、ピアニストのヤン・ティルセンの指から生まれました。フランスのセザール賞及びヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックで多くの称賛を勝ち取った「アメリ」のサウンドトラックは、謎と無秩序の要素の巧妙な組み合わせであり、ブルターニュ地方出身音楽家の評判に大きな影響を与えました。しかし、またその機会が再び訪れたとしても、彼はそれを歓迎はしないでしょう。複雑な体験を振り返ってみましょう…   

ヤン・ティルセンは、ジャン=ピエール・ジュネ監督作品のサウンドトラック用に楽曲を作曲したというだけではありません。アコーディオンのために書いた彼の古い作品のいくつかは特に、ストリート、カフェ、または食料品店でのシーンに付随すべく選ばれました。   

これらの曲のケルトの音は、その作曲家にとって非常に個人的なものでありましたが、フランスのシーンで使用され、彼にとっては不快な不協和音を生み出すものでした。彼は映画を見た後、長い間アコーディオンを演奏することができなかったとさえ話していました、嫌悪感があまりにも強かったのです…   

作曲は彼にとって本能的で有機的なものであるため、彼は、監督の要求に応じるのに非常に苦労したとも話しています。彼らはともに異なる言語を話し、お互いを理解することが難しい状況でした。ジャン=ピエール・ジュネ監督も、ティルセンの作品のいくつかの名前を変更したいと思っていたようですが、それは無駄でした。   

ヤン・ティルセンに再びチャンスが訪れても、彼はそれを受け容れないだろう言われるのはこのためです...ですが、若いアメリの新鮮さは、ティルセンの素晴らしい音楽なしで表現されませんよね?   

初級-中級レベルでご用意した、ヤン・ティルセンの "ある午後のかぞえ詩”のTomplay楽譜を発見してみましょう。オリジナル版と同じく、皆さんに演奏して頂けるものです。ピアノ・ソロで、指順を見ながら、オンスクリーン機能を使用して演奏してみましょう!

2. Schindler's List - John Williams シンドラーのリスト - ジョン・ウィリアムズ

▶️️ オーケストラ伴奏に合わせて、ピアノで映画「シンドラーのリスト」の音楽を演奏してみましょう

幸いなことに、ヤン・ティルセンのフランス映画での体験のようなストーリーばかりではありません。スクリーン上で切り離せないイメージと音楽の牧歌のように、時には監督と作曲家が集い、生涯にわたる仕事上の関係を育むことがあります...

作曲家のジョン・ウィリアムズについて、スティーヴン・スピルバーグ監督は以下のように述べています。-「私が絵を描いてジョンが作曲をする時はいつも、同じ映画のことを考えているのです。私たちの感情的な風景は同じなのです」

ジョン・ウィリアムズは、友人のスティーヴン・スピルバーグ監督が監督した1993年の映画「シンドラーのリスト」のために、彼が手がけた中でも最も美しい作品の1つとなった楽曲を書きました。

ジョン・ウィリアムズは、楽曲を書いた後その映画を観て、スピルバーグ監督に言いました:”これは本当に素晴らしい映画だ!私よりも優れている作曲家が必要だよ。” スピルバーグは答えました:”知ってるよ!でも、彼らは全員死んでいるんだ!” 

第二次世界大戦中の悲劇的な物語を音楽的に表現するために、感情と簡素性のバランスを取る必要があったため、大きな挑戦でした。

したがって、ジョン・ウィリアムズはクラシック様式においてテーマを構成し、ヴァイオリニストのイツァーク・パールマンにその演奏をしてもらうべくその作品を渡しました。この作品は、アカデミー作品賞を受賞しました。

楽譜にオーケストラ伴奏音源が同期された映画「シンドラーのリスト」の素晴らしいテーマ曲を発見してみましょう。伴奏が始まると、楽譜が自動的にスクロールされ、Tomplayのテクノロジーによりご自分にぴったりのテンポに変更して頂くことができます。

3. 映画「ピアノ・レッスン」より"楽しみを希う心” - マイケル・ナイマン

▶️ ピアノ・ソロで、映画「ピアノ・レッスン」より"楽しみを希う心”を演奏してみましょう

お互いを補完し合う監督や作曲家もいれば、お互いを引き裂くケースもありますが、お互いの意見の不一致が、他の人との良好なコラボレーションの温床となることもあります。   マイケル・ナイマンジェーン・カンピオン監督のケースのように

1991年、「プロスペローの本」のリリース後、ピーター・グリーナウェイ監督と作曲家マイケル・ナイマンの5つ目となるべく長編作品のためのコラボレーションは崩壊しました。彼らのタッグは、10年以上にわたるものであり、映画史上に残る最高のコラボレーションの一つとも言われていました。何が起こったかと言うと、作曲家に相談することなく、グリーナウェイ監督は彼のスコアにいくつかの電子音楽を追加したのです…   

ニュージーランド出身のジェーン・カンピオン監督から次の長編映画の音楽を書くよう依頼されていなければ、ナイマンのキャリアは衰退していた可能性があります。 

そうして、マイケル・ナイマンは、現代映画で最も情熱的な映画音楽の1つとなった映画「ピアノ・レッスン」のサウンドトラックの最初の音符を書き留め、ドラマチックで感動的な若いエイダの物語を驚異的に表現しました。楽器はその主人公が自身を表現するための最愛の手段です。  

そのサウンドトラックで欠かせないのは確かに、古いスコットランド民謡のメロディーに触発された作品"The Heart Asks Pleasure First"です。それは、マイケル・ナイマンのコンサートで欠かせない作品となりました。   

Tomplayショップで"The Heart Asks Pleasure Firstの楽譜をチェックし、最適なテンポで、片手パートをプロが演奏する音源に合わせながら練習してみましょう。両手で演奏する16分音符の長いシーケンスを組み合わせることや、持久力への取り組みに非常に役立ちます。

4. 映画「ハウルの動く城」より”人生のメリーゴーランド” - 久石譲

▶️️ ピアノ・ソロで 映画「ハウルの動く城」のテーマ曲を演奏してみましょう

久石譲と宮崎駿という影響力ある2名の素晴らしいコラボレーションをここで見てみましょう。

作曲家、指揮者、ピアニストの久石譲は、宮崎駿プロデュース作品の殆どの音楽を手掛けています。これは日本の大衆文化において見逃せない事実であり、その評判は映画と同じくらい高いものです。

久石が手掛けた作品には、「もののけ姫」「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」などがあり、人類、環境、テクノロジー、厳しく、残忍な世界における平和主義などの本質的なテーマを扱っています。

彼らは出会った後に友人となり、それまで自身の音楽スタイルの基盤を固めていなかった久石譲の才能が明らかになります。宮崎監督と調和し、彼は特徴的で分類はできない宇宙を創造しました。この象徴的なデュオは、世代を超えて、日本のアニメに対する見方を変えました。   

「ハウルの動く城」のメインテーマである”人生のメリーゴーランド"の楽譜をチェックしてみましょう。楽譜はTomplayアプリ上で上級に分類されていますが、運指、片手練習機能、楽譜に組み込まれているプロが演奏する音源を活用して頂くことで、練習が容易になることでしょう。 

5. 映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン」- ハンス・ジマー

 ▶️️ オーケストラ伴奏に合わせて、ピアノで映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲を演奏してみましょう

映画音楽と言えば、ハンス・ジマーの名を真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。30年以上にわたり、約130以上の映画音楽を手掛けてきたそのドイツ人作曲家は、この分野における巨匠です。

ハンス・ジマーとクリストファー・ノーラン監督は即座に結びつけられ、二人のコラボレーションはこの1つの映画に限ったものではありません。ジマーは真のサウンドトラックを制作し、他の多くのプロジェクトにも取り組んでいます。

ジマーと彼のチームは、クラウス・バデルトと共に、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最初のパートの音楽を作曲しました。しかし、最初にこの役割を担うべく検討されたのは、アラン・シルヴェストリでした。

バデルトは音楽を書く時間がほとんどなく、Zimmerのチームは8人以上の作曲家と9人のオーケストレーターに、その映画のためにさらなる音楽、つまり半分近くを書いてもらうべく依頼をしました。

Tomplayの機能を活用して、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲を最適な方法で学んでみましょう。メトロノームのテンポを調整して、プロが演奏するオーケストラ伴奏音源に合わせてヴァイオリン・パートを演奏し、難しいパッセージは繰り返し練習しましょう。

6. 映画「タイタニック」のテーマ曲 - ジェームズ・ホーナー

▶️️ オーケストラ伴奏に合わせて、ピアノで映画「タイタニック」のテーマ曲を演奏してみましょう

映画音楽の作曲家であるジェームス・ホーナー(沢山の成功したハリウッド映画を手掛けた作曲家)のことを紹介する必要はないでしょう。彼は、ケルト音楽の楽器を定期的に用いることでもよく知られていました。

彼のキャリアは、ジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン」でスタートすることとなりますが、「タイタニック」(同じ監督)の音楽は、依然として世界で最も売れているサウンドトラックです。映画「ブレイブハート」の音楽と同様に、彼はこの楽曲により多くの賞を受賞しています。

もともと、キャメロン監督は、自身の映画のクレジット部分に歌を添えることを望んでいませんでした。しかし、彼はホーナーが密かにメロディーを作曲し、ウィル・ジェニングスに歌詞を書いてもらうよう申し出ていたことを計算できていませんでした。このして、”マイ・ハート・ウィル・ゴーン”は誕生したのです。

映画「タイタニック」のために、彼らはジャックとローズの悲痛なラブストーリーにマッチするサウンドトラックを必要としていました。彼らは力強いフルボディの声を必要としていました。セリーヌ・ディオンは監督の考えを変えることができる候補者であると思われえていましたが、セリーヌ・ディオンは、初めてその楽曲を聴いたとき、確信を持つことができませんでした。そして、彼女の夫であるルネ・アンジェリルは、デモを録音するよう彼女を説得したのです。

その歌手は、録音の日に優れた状態ではなかったことを認めています。彼女は、(自身の意図ではなかったものの)、ビブラートを助長することになるブラックコーヒーを飲みました。そして、映画の物語を知ったあと、レコーディングのブースに入ります。ワンテイクで十分であり監督は圧倒されました。

映画の歴史上伝説的なサウンドトラック、 ”マイ・ハート・ウィル・ゴーン”は1,500万枚以上の売り上げを記録しています。1998年にはベストセラーにランクインされ、セリーヌ・ディオンを世界で最もその声が聞かれたパンテオンへとのし上げることとなります。

オーケストラ伴奏付きで中級レベルのピアノのためにご用意した”マイ・ハート・ウィル・ゴーン”の楽譜を発見してみましょう。

7. 映画「トワイライト〜初恋〜」 より"River flows in you”- イルマ

▶️️ ピアノ・ソロで映画「トワイライト〜初恋〜」 より"River flows in you”を演奏してみましょう

韓国のピアニスト兼作曲家であるイルマの作品を探求すべく、時間の旅を続け、私たちが生きる時代に近づきましょう。世界中で知られる、ニューエイジのアーティストである彼は、2001年に啓示のように登場しました。 

彼の最も有名な楽曲は、映画「トワイライト」のサウンドトラック収録されている"Kiss the Rain”と、"River Flows in You"です。軽くて風通しの良いその音楽は、この最も美しい映画音楽セレクションにぴったりです。

"River Flows in You"は、作曲家のカーター・バーウェルが書いた映画「トワイライト」のサウンドトラック用のもう1つの有名なピアノ曲「ベラの子守唄」と混同されることがよくあります。どちらの楽曲もアルバムに収録されています。   

"River Flows in You"が誘う穏やかで優しい夢は、ベラとエドワードのラブストーリーの素敵なメタファーです。それは、時には平和で、時には騒々しいですが、常に情熱的なものです。

"River Flows In You"のメインテーマは、その作曲家の他の作品同様、繰り返しの中で発展していくものです。いくつかの和音がベースになっており、この楽曲を演奏するのに演奏経験はそれほど必要とされませんが、表情豊かなその楽曲を演奏するには、感性を持ち合わせているとなお良いでしょう。

イルマの"River Flows In You"のトムプレイ譜を発見し、片手練習機能を活用して、楽譜に同期されているプロが演奏する音源を聴きながら練習してみましょう。

8. 映画 「プライドと偏見」より"Dawn" -ダリオ・マリアネッリ

▶️️ ピアノ・ソロで、映画 「プライドと偏見」より"Dawn”を演奏してみましょう

テリー・ギリアムの映画「ブラザーズ・グリム」によって広く世に知られるようになったイタリアの作曲家ダリオ・マリアネッリは、ジョー・ライト監督の「プライドと偏見」のサウンドトラックで大きな復活を遂げました。  

この映画音楽の作曲に際して、ピアノ協奏曲の形式でロマンチックな音楽を書くことにより、彼の時代の最も有望な映画音楽作曲家の一人であることを確たるものにしました。   

ジョー・ライト監督とイタリアの作曲家ダリオ・マリアネッリとの面会を設定したのは、ポール・ウェブスター監督でした。彼らは、映画「プライドと偏見」の美しさを引き出す音楽において同じビジョンを持ってした。それは偉大なベートーヴェンのソナタに触発されたものです。  

このサウンドトラックの作品の中には、"その時期に聴かれたであろう”ものを基盤にという原則に基づくものから、その映画の時代から直接インスピレーションを得たものもあります。

彼らはロマンスに満ちたサウンドトラックを必要としていました!   

フランスのピアニスト、ジャン=イヴ・ティボーデが多くの楽曲のピアノ演奏を担当しています。こちらで紹介したいDawn"は、優雅で器用なピアノソロを魅せるものです。   ティボーデとマリアネッリは、見事に作りあげられたスコア、演奏、そして華麗なオーケストラの伴奏を通して、エリザベスとダーシーの情熱とロマンスを凝縮して表現することができました。これは、マリアネッリとライト監督の4つのコラボレーションの第一弾となるものでした。  

Tomplayの楽譜を使用して、ピアノ・ソロでDawnを演奏してみましょう。指使い、片手練習機能、楽譜に含まれるプロが演奏する音源を聴いて、Tomplayのアプリを活用しながら練習してみましょう。

9. 映画「戦場のピアニスト」より "夜想曲  第20番" - フレデリック・ショパン

▶️️ピアノ・ソロで、映画「戦場のピアニスト」より "夜想曲  第20番" を演奏してみましょう

ロマン・ポランスキー監督の、2002年に公開された映画 「戦場のピアニスト」は、自叙伝 「戦場のピアニスト:ワルシャワでの一人の男の並外れた実話」に触発されたものです。  

これは、第二次世界大戦中に家族との連絡が途絶えた後、ワルシャワのゲットーを通して、困難な旅に出た、ポーランドのユダヤ人ラジオ ピアニスト ウワディスワフ・シュピルマンの物語ですアメリカの俳優エイドリアン・ブロディがシュピルマンを演奏しています。

このポランスキーの作品の陰鬱なテーマを描くべく、彼らは柔らかくて憂鬱なサウンドトラックを必要としていました。このサウンドトラックの作品を多数演奏したポーランドのピアニスト、ヤヌシュ・オレイニチャクと同じく、シュピルマンはショパンの愛好家でありました。

1970年にワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールで16位に終わった彼は、素晴らしいピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの音楽的才能を生き生きとさせる理想的な人物でした。   サウンドトラック全体を通して絶妙な音色を耳にすることができます。

死後に出版され、こちらでご紹介しているショパンの夜想曲第20番 嬰ハ短調、華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調、ワルツ第3番 イ短調 Op.34 No. 2のほか、サントラには、ポーランドの作曲家ヴォイチェフ・キラールの"Moving to the Ghetto”も含まれ、これは、2003年にセザール賞  音楽賞を受賞しました。

ポランスキー監督は、ショパンの最も美しい作品のいくつかのパッセージを正しく演奏できるようになるまで、エイドリアン・ブロディに1日4時間のピアノ練習を課したと言います。  

ショパンの絶妙な"夜想曲第20番 嬰ハ短調”を演奏してみましょう。Tomplayの楽譜には、プロが演奏する音源が含まれており、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習してみましょう。

10. 映画「フォレスト・ガンプ/一期一会 」よりテーマ曲 - アラン・シルヴェストリ

▶️️オーケストラ伴奏に合わせて、ピアノで映画「フォレスト・ガンプ/一期一会 」のテーマ曲を演奏してみましょう

優しい前向きな物語でこの旅を終えるべく、トム・ハンクスを主役に迎え、1994年に公開されたロバート・ゼメキス監督の映画「フォレスト・ガンプ/一期一会 」を見てみましょう。この映画は、複数の賞を受賞しました。アラバマ出身のヒーローであるフォレストは、少し発達が遅れているもののその寛大な心で、20世紀の米国における複数の決定的な歴史的出来事に不本意ながらも影響を与えます。 

ウィンストン・グルームの1986年の小説に基き、この映画のサウンドトラックはアラン・シルヴェストリによって作曲され、オスカーを受賞しました。アラン・シルヴェストリは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作の音楽を手掛けた作曲家でもあります。その他、「ロジャー・ラビット」や、大ヒット作「アベンジャーズ」の音楽も彼が手掛けました。

シルベストリの音楽に加えて、この映画のサウンドトラックには、エルヴィス・プレスリー、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルドアーズ、ボブ・ディラン、サイモン&ガーファンクルなど、映画が描く時代に一致する1950年代、60年代、70年代のアーティストによる約30のポップ・ロック曲も含まれています。

ポップミュージックは映画の世界を盛り上げますが、シルベストリの音楽はキャラクターを反映し、それにより大きな個性を与えるものです。   シルベストリが作曲したフォレストガンプのテーマ曲は、映画の冒頭から流れてきます。それはピアノの穏やかでメロディックな旋律であり、主人公の優しさ、純粋さ、そして無邪気さをとてもよく反映しているものです。   

ピアノの旋律に加えて、ヴァイオリンの音色が、音楽に英雄的な次元をもたらします。作曲家は、フォレストの人生は決して単純なものではないことを私たちに理解してもらいたかったのです!さらに、彼自身はほぼ気づいていませんが、彼の人生は非常に素晴らしいものでした…   

テーマ曲のタイトルに関しては、フォレストが一人一人の人生の旅を風に浮かぶ羽と比べて楽しんでいるために、羽という表現が含まれています。「私たち一人一人に運命があるかどうかはわかりません」と彼は言います。 「または、風のように偶然に浮かんでいるだけでも、可能性は双方にあると思います。双方が同時に発生している可能性があるのです。」   

「フォレスト・ガンプ」のテーマ曲をピアノで演奏し、プロが演奏するオーケストラ伴奏音源を活用してみましょう。他の映画音楽の演奏してみませんか?Tomplayでご利用頂けるピアノのための最も美しい映画音楽コレクションもご覧ください。

コメントを追加...

  • Loren Oman
    19/05/2021
    Get subtitles of this movie from Subwhale. You will like the site and easiness of the site to get subtitles of any movie. For The Pianist movie subtitles check: https://subwhale.com/movies/the-pianist/
    あなたのコメントは承認後公開されます