ピアノで演奏するラフマニノフの8つの最も美しい楽曲集

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
27/04/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏するラフマニノフの8つの最も美しい楽曲集

この記事では、ピアノで演奏するラフマニノフの最も美しい作品を8つをご紹介します。前奏曲からパガニーニの主題による狂詩曲、そして有名なピアノ協奏曲第2番まで、ラフマニノフが遺した最高傑作の歴史に浸りましょう。Tomplayアプリのリンクより、運指が記され、伴奏音源がついた楽譜にアクセスして頂けます

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフは、1873年4月2日にロシアのノヴゴロド近くの大邸宅で生まれました。彼は貴族の家系であった両親のもとに生まれた、計6人の子どものうちの4番目であり、当時のロシアの貴族が享受していた芸術的かつ音楽的な世界に浸り、幸せな子供時代を過ごしました。 

 夢想家で、時には憂鬱であるも勤勉であった若いセルゲイは、4歳から母親と一緒に音楽を学び、サンクトペテルブルク音楽院で勉強を続けました。 12歳から16歳の間、彼は アントン・ルビンシュタインとチャイコフスキーの友人であるニコライ・ズヴェレフの弟子でした。

ズヴェレフは、その厳格さと厳しさで知られ、尊敬されている教師でした。コンセルヴァトワールの彼のクラスで才能のある数名の生徒は、厳格な倫理に従わなければなりませんでした。厳しい要求を課すこの教師は、図書館で生徒に幅広い文化体験を与え、劇場、コンサート、オペラの観劇に生徒を参加させることに熱心でした。  

彼はモスクワを旅する偉大な音楽家を招き、自分の生徒の演奏を聴いてもらうよう手配をしていました。そして、若いセルゲイは、チャイコフスキーに出会いました。チャイコフスキーは、この若いピアニストの才能を高く評価し、トップに君臨させます。ラフマニノフはその後すぐ、作曲に転向したいと思いますが、卓越したレベルでピアノを弾くことを知る先生と衝突しました。

1892: 幻想的小品集,Op.3〜第2曲:前奏曲 嬰ハ短調

▶️ 前奏曲 嬰ハ短調をピアノ・ソロで演奏してみましょう

自由と作曲に飢え、教師の厳しい訓練体制に疲れたセルゲイは、毎年夏にイワノフカの壮大な邸宅に滞在していた叔母のサティーヌと従兄弟たちと一緒に暮らすようになります。彼が情熱とインスピレーションに満ちて、有名な前奏曲嬰ハ短調を作曲したのはそこででした。  

 5つの作品からなる幻想的小品集Op.5の第2曲目にあたる前奏曲嬰ハ短調は、ラフマニノフのピアノ作品の中で最も知られる作品の1つであり、彼の初期の作品の1つでもあります。 ラフマニノフが1892年にこの作品の作曲を始めたとき、彼はわずか19歳でしたが、それは巨匠としてのキャリアのスタートでもありました。前奏曲は、自身があまりその作品を高く評価していなかったにもかかわらず、彼が生きている間に、有名になりました。   

冒頭のレントは、両手で演奏される和音のテーマに続き、右手で広範にわたるアルペジオが登場し、第二部のアジタートのパートでは、左手が支えを見せます。  

第三部では、主題は両手で演奏され、より発展した形で登場します。和音はより豊かで、より重たく、トリプル・フォルテで演奏されます。主題ははるかに実証的で朗読的なものであり、忍耐を必要とします。 

強さは2小節の間に突如減少し、楽曲は穏やかな和音で終わり、ラフマニノフがピアノのために書いた特徴的な1つである鐘の音を思い起こさせます。   

ラフマニノフの作品の中では比較的難しくない楽曲の1つですが、テンポが遅いにもかかわらず、演奏するのは簡単ではありません。和音の主題には、強さ、指の調整、手のポジショニングにおいて優れた技巧が必要です。鍵盤から指を離さずに、和音のすべての音に同時に指が到達できねばなりません。さらに、最初のセクションでは、右手と左手が常に交差しています。   

ラフマニノフは映画が大好きでした。ホロヴィッツと一緒にウォルト・ディズニースタジオを訪れたとき、彼はミッキーマウスの映画「The Opry House」を見ました。この映画では、ミッキーマウスがこの有名な前奏曲を演奏するピアニストの役を演じています。彼は以下のように述べています:「私の不可避的な前奏曲が数名の最高のピアニストによって素晴らしく演奏され、また一方で、酷な演奏も聞きましたが、偉大なマエストロであるミッキーマウスの演奏ほど私を感動させたものはありません」!

Tomplayで、前奏曲 嬰ハ短調を演奏し、楽譜に同期されたプロが演奏する音源を聴いて、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習してみましょう!

1892: 幻想的小品集,Op.3〜第1曲:エレジー 変ホ短調

▶️ エレジー 変ホ短調をピアノ・ソロで演奏する

イワノフカで、彼はいとこのナタリアと恋に落ちました。ナタリアは後に、彼の妻になります。彼は1891年にピアノの試験に合格し、1892年に幻想的小品集及びチャイコフスキーに勇気づけられて一幕物のオペラ「アレカ」を書き、作曲賞を受賞しました。 

幻想的小品集を探求し続けましょう。この楽曲のタイトルは、作品の構造が実際に「幻想的」ではなく、音楽形式というよりその作品の特徴を反映しています。  

 ラフマニノフは1892年12月27日に、ハリコフで初めて公の場で演奏し、その2か月後、彼が崇拝していたチャイコフスキーに、出版されたばかりの作品の最初の楽譜を渡しました。   

セルゲイ・ラフマニノフは、瞑想的なエレジーよりも、勢いのある前奏曲でよく知られています。しかし、この作品の最初の楽曲であるエレジー変ホ短調の予想外の優しさと流動性は、作曲家の他の作品からは一線を画すものです。

エレジーは、前奏曲嬰ハ短調の劇的な性格を持っていません。作品の穏やかな憂鬱さが、より穏やかな内省に誘います。それはキャッチーな要素を持って聴き手を引き付けるのではなく、その軽さと明快さで心を捉え、にもかかわらず彼がほとんど探求しなかった様式を持って、その作曲家の天才ぶりを驚異的に示すものです。   

多面的なピアニストであり、敏感であるも、技巧を極めたラフマニノフは、この作品を聴く私たちの期待をある意味で裏切り、倍音のリズムやパターンをしばし変更するこの作品を持って、私たちを驚かせます。左手のメロディーは右手を圧倒することはなく、響き渡る形で支えます。

エレジーを一言で言い表すのは難しいです。憂うつにならずに悲しく、平凡にならずに憂鬱であり、私たちの感情と同じように、複雑で常に変化しています。   

Tomplayで、エレジー変ホ短調を演奏し、楽譜に同期されたプロが演奏する音源を聴いて、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習してみましょう!

1900:  ピアノ協奏曲第2番 Op.18〜第1楽章:モデラート

▶️ ピアノ協奏曲第2番 Op.18より第1楽章:モデラートを、オーケストラ伴奏に合わせて演奏してみましょう

ラフマニノフは作曲家兼ピアニストとしての輝かしいキャリアを追求することに成功し、ヨーロッパを旅するようになりますが、その冒険は彼が最初の交響曲を手がけることで別の方向に進み、それが悲惨であることが判明します... 

ピアノ協奏曲第2番ハ短調に目を向けてみましょう。これは間違いなく、ラフマニノフ作品の中で最も人気のあるものです。ですが、1900年頃にこの曲を手がけた頃、彼は最悪の衰退状態にありました。

1897年に、指揮者であるアレクサンドル・グラズノフの指揮の下で初演された彼の最初の交響曲は失敗に終わりました。グラズノフは酔っぱらっていて、その公演は大失敗だったと言われています。ラフマニノフは初演の夜、コンサートホールに立ち入ることができませんでした。批評家たちは容赦のないものでした。この作品は、「復讐は私のもの」をモットーにしています。 

その後、ラフマニノフは3年以上にわたり、うつ状態に陥りました。催眠術を使って彼を治療したのは、神経内科医のニコライ・ダーリであり、彼に、ピアノ協奏曲第2番を書くべきだと提案しました。こうして、彼はうつ病から恒久的に抜け出すことができ、その協奏曲は、医師と友人に捧げました。  

1901年10月27日、ピアノ協奏曲第2番はモスクワ交響楽団によって初演され、大成功を収めました!

第1楽章のモデラートは、ラフマニノフの音楽に忠実な、教会の鐘のように響くピアノから始まります。さまざまなテーマの嵐が続き、ピアノとオーケストラが混ざり合い、互いに補完し合い、壮大なフィナーレで締め括られます。  

第1楽章で、その作曲家は自身の最も暗く苦痛な記憶の悪魔払いを試みているように思えます。

複数のレベルでご用意しているピアノ協奏曲第2番ハ短調の第1楽章:モデラートを、オーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。比類のない品質のオーケストラ伴奏音源を提供すべく、プロの楽団員を集めて、スタジオで録音しました。

 

1900: ピアノ協奏曲第2番 Op.18〜第2楽章:アダージョ・ソステヌート

▶️ ピアノ協奏曲第2番 Op.18より、第2楽章:アダージョ・ソステヌートをオーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう

傑作と言える、この素晴らしいピアノ協奏曲第2番では、常にヴィルトゥオーゾ的な要素を必要とされます。つまり、演奏におけるヴィルトゥオーゾ性は、テクニックにおけるヴィルトゥオーゾ性と同様に重要であり、単にそれらが結び付いているのではなく、それは音楽の発展を促すものです。   

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏することは、小さな手や太い指を持つピアニストにとっては特に、簡単ではありません。繊細なモチーフは、手を柔軟に広げ、タッチを正確にコントロールすることの両方を要求します。  

第2楽章:アダージョ・ソステヌートを聴いていると、その音楽家は生まれ変わり、私たちの前で生き返ったように見えます。彼の状態は脆弱なままですが、彼は希望を新たにしました。 

この協奏曲は、あらゆる時代の素晴らしい音楽作品に大きな影響を与えました。特に第2楽章は、1976年にリリースされた、エリック・カルメンのポップロックのヒット曲"All by Myself”や、デヴィッド・ボウイのヒット曲"Life on Mars?”のテーマを形成しました 

複数のレベルでご用意しているピアノ協奏曲第2番ハ短調の第1楽章:モデラートを、オーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。比類のない品質のオーケストラ伴奏音源を提供すべく、プロの楽団員を集めて、スタジオで録音しました

ドイツ・グラモフォンとのコラボレーションにより、この第2楽章の楽譜には、ピアニストのスヴャトスラフ・リヒテルの神話的な録音が含まれており、その演奏を聴いて楽しみ、インスピレーションを得ながら練習してみましょう。

1901: 組曲 第2番 Op.17

▶️ 組曲 第2番 Op.17をピアノ伴奏に合わせて演奏してみましょう

ラフマニノフは、尊敬と熱意を取り戻し、成功を収めたピアノ協奏曲第2番を書くと、2台ピアノのための「組曲第2番」の”序奏””ワルツ””ロマンス””タランテッラ"を作曲しました。  

 最初から、その作品は断定的で大胆です。”序奏”の堅実な冒頭の行進曲は、作品にある2つの踊りの一つ目のきらめくようなワルツに先行するものです。これは、ラクマニノフの作品のもう1つの大きな特徴である、滑らかな伴奏の上に和音のリズムを伴った、成熟したロマンチックなメロディーを呈するものです。 

第3楽章:ロマンスは見事に考案されており、叙情性とファンタジーで溢れています。この楽章の本質的な部分は内省的ですが、中心となる情熱性は、前楽章のワルツの表現力豊かな世界を再現するものです。

 ラフマニノフはもう一つの踊り(ロマンス)、タランテラでこの組曲第2番を閉じます。この作品でもラフマニノフは彼の力量を発揮し、2名のピアニストに驚異的なヴィルトゥオーゾ性を要求するフィナーレを書いています。  

組曲全体を通して、ラフマニノフは二台のピアノのパートを、まるで分割できない存在を作り上げるかのように、互いに溶け合うように、組み合わせを行いました。   

セルゲイ・ラフマニノフと、彼のいとこで、教師であったアレクサンドル・シロティ(ピアノの才能でも知られています)は、1901年11月24日、モスクワフィルハーモニー協会にて、この作品の初演を行い成功を収め、かつて沈んでいた作曲家の再生の強固な象徴となりました。

かつて落胆していたクリエーターのリニューアルの強力な象徴であるモスクワフィルハーモニー協会のコンサートで初めてこの作品を演奏しました。ピアノ伴奏に合わせて、組曲 第2番 Op.17を演奏してみましょう。第1ピアノか第2ピアノのパートを選び、プロが演奏する、自分が演奏するパートではない方の演奏音源に合わせて練習してみましょう

 

1901:  前奏曲集 Op.23〜第5番

▶️ 前奏曲集 Op.23より第5番をピアノ・ソロで演奏してみましょう

ラフマニノフの前奏曲集は、手が届かなくはないものの、技術的に難しい作品です。中でも、曲集の中で初期に書かれた第5番ト短調が最も知られています。それは、そのロシアの作曲家の母国の強さと広大さ、そしてその文化の力と富を呼び起こすものです。   

ラフマニノフの音楽は、要求される技術力でよく知られていますが、この前奏曲も例外ではありません。最初の主題では、左手の大胆な動きが要求されます。 研究、とも見なせる第2主題では、無限のアルペジオが左手で演奏される一方、右手はポリフォニックな旋律を奏でます。   

このような強力な作品を学ぶときは、求められている解釈を保持し、悪い習慣を根付かせないために、ロマンチックで情熱的な側面に気を取られ過ぎないようにすることが重要です。

Tomplayを使って、前奏曲第5番ト短調をピアノ・ソロで演奏し、プレリュードNo.5 Alla marcia、Opus 23をTomplayと一緒にソロピアノで演奏し、楽譜に同期されたプロが演奏する音源を聴いて、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習してみましょう。

 

 

1912: 14の歌曲集 Op.34〜第14曲: ヴォカリーズ

▶️ ヴォカリーズ をピアノ・ソロで演奏してみましょう

20世紀に入った最初の15年間は、ラフマニノフが楽しく、快適に暮らした期間でした。特に、モスクワ近郊のサチン邸にて夏の間、数多くのツアーや作曲から休息を取るべく、その時間を楽しんでいました。  

ここでご紹介する素晴らしいヴォカリーズは、ラフマニノフの14の歌曲集 Op.34の最後の作品です。元々は、ピアノ伴奏付きで、ソプラノまたはテノールために書かれた作品で、母音を使用して歌われる歌詞はありません。

非常に表現力豊かなこの作品は、大きな喜びと大きな悲しみの両方を表現するものです。それは、陰鬱で神聖な音楽です。

  1912年に作曲されたこの作品は、1915年、第一次世界大戦の暗黒の時代に出版されました。この時期は、彼の友人であり、作曲家であったアレクサンドル・スクリャービンの死によっても特徴づけられるものでした。その後、セルゲイ・ラフマニノフにとってもう一つの困難な時代が始まりました。   

Tomplayを使用して、ピアノ・ソロでヴォカリースを演奏してみましょう。片手練習機能をご使用いただくと、練習するパートではない方のパートは、楽譜に同期されている音源に合わせて練習して頂くことができます。

1934: パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43

▶️ パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43を演奏してみましょう

第一次世界大戦の始まりは、ラフマニノフの人生で最も幸せな時期の終わりを示すものでした。彼は抑圧されたものを創作する必要性を感じ、死についての考えに苦しめられました。 1916年の初め、その作曲家の不安は、おそらく、心身医学的な苦痛を伴う、感情の面での危機に変わったと思われます。 

戦争は彼の国にとって惨事であり、十月革命がすぐに起こると、彼は最愛の故郷を永久に去ることを余儀なくされました。   

亡命前に友人の一人が言うところによると、"彼の手を唯一の資産"として残し、44歳で友人のニコライ・メトネルと、フルタイムのピアニストとして新しい生活を始めました。   

演奏に集中的に取り組み、レパートリーを構築する必要性から、彼は作曲からは遠ざかりました。ですが、彼が強制労働と考えるようになった米国とヨーロッパでのツアーは、彼に非常に快適な暮らしを与えるものでした。  

1930年の秋、セルゲイ・ラフマニノフは57歳でした。彼は家族生活を愛し、職業上の義務として旅行していましたが、コンサートで疲れ果て、ピアノ協奏曲第4番の失敗に影響を受けていました。 

そして、彼はヨーロッパに戻ることを決意します。彼はスイスに家を持っており、自分の名前と妻のナタリアの名前を考慮し、ラフマニノフの「r」で終わらせる形で、その家を”セナールSénar”と名付けました。彼は家庭で幸せでした。その生活は、サティーヌのいとこの家を思い出させ、そこで作曲し、ガーデニングをして、彼の2人の孫の世話を熱心にしました。   

最後にご紹介したいのは、狂詩曲の名を冠した壮大な作品です。その作品は、主題と変奏の原則に基づいて構成されています。

24の主題と変奏からなるこの作品は、ニコロ・パガニーニのヴァイオリン・ソロのための24のカプリースに基づくものです。ラフマニノフがこの楽曲を書く以前に、ヨハネス・ブラームスが”パガニーニの主題による変奏曲”で、フランツ・リストは”パガニーニによる6つの練習曲”ですでにこの主題を用いていました。   

この作品は、音楽家1人が演奏するように設計されていますが、協奏曲の3つの楽章に対応する、3つのセクションに分けることができます。したがって、この狂詩曲は実際にはラフマニノフの第5番目のピアノ協奏曲に匹敵すると考えることは、非常に賢明です。 

この作品が知られるようになったのは、18番目の変奏曲にあり、晩年のロマン主義に見ることのできる、ラフマニノフの究極的で象徴的な表現を堪能できるものです。パガニーニとは何の関係もないと思われていますが、よく見ると、その天才作曲家はパガニーニの主題の音符を、水平対称に反転させていることがわかります。  

Tomplayを使用して 、パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43を、プロが演奏するオーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。私たちがスタジオで録音した伴奏音源は楽譜に同期されており、音源をスタートすると、楽譜が自動的にスクロールし、自宅のリビングルームでオーケストラ伴奏に合わせて練習して頂くことができます。

最後の作品

1941年、ラフマニノフはもうめったに作曲をしていませんでしたが、彼の最後の作品であり、生命の寓話と言える交響的舞曲の作曲に着手し始めます。。彼はビバリーヒルズの家を購入した後、アメリカ国籍を取得し、1942年頃には、肺がんで痛みを感じ始め、1943年3月28日に69歳で亡くなりました。彼の遺書によると、彼はイワノフカから遠く離れたニューヨーク州に埋葬されています。

このようにして、この伝説的なロシアの作曲家兼ピアニストの歴史は終わりました。1917年の共産主義革命に続いて追放され、当時、最も高収入のコンサートスターの1人であり、20世紀で最も影響力のあるピアニストの1人、そして後期ロマン派の素晴らしい作曲家の1人でもありました。  

ラフマニノフの楽譜は、すべてTomplayのピアノのカタログにあり、アプリの多くの機能を活用して、これらの絶妙で複雑な作品を、最良の条件下で練習に励んで頂くことができます。

コメントを追加...

  • 17/10/2020
    Absolument intéressant, Mil MERCI! J'espère pouvoir vous relire encore et encore. Amitié,
    あなたのコメントは承認後公開されます
    • Tomplay
      14/01/2021
      Merci beaucoup pour votre chaleureux commentaire ! Au plaisir
      あなたのコメントは承認後公開されます
  • Arthur Arapetian
    19/03/2021
    Thank your for the very interesting blog. I have just yesterday discovered for myself Rachmaninoff . YouTube suggested for me to wacht the second piano concerto by Rachmaninoff. I liked it very much! Rachmaninoff is now my third favorite composer with Mozart and Bach.
    あなたのコメントは承認後公開されます
可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む