可能な限り最良のサービスを確保するため、このサイトでクッキーを使用しています 続きを読む

ピアノで演奏するバッハの最も美しい10の作品

によって書かれた
Gwenn Daniel
ライターについて
子ども時代から音楽に情熱を傾けてきたGwenn Danielは、音楽学校でピアノを勉強する傍ら、勉強という枠を超えて、音楽活動に時間を費やしてきました。この若いピアノの先生の途切れることのない活発な好奇心により、彼女はあらゆるジャンルかつあらゆる時代の音楽を発見することになります。彼女は現在、自身の文学の才能、かつ音楽的才能をTomplayに託しており、皆さまが偉大なクラシック音楽の歴史を知り、Tomplayがご提供する楽譜の豊富なラインナップからお気に入りの作品を見つけて頂けるよう、日々働いています。
発刊の日付
18/05/2021
詳細を表示する/隠す

ピアノで演奏するバッハの最も美しい10の作品

この記事では、ピアノで演奏頂けるバッハの最も美しい10の作品を特集しています。その作品が作られた背景を理解し、初見で演奏してみたい作品を選んでみましょう!Tomplayアプリ上では、指番号のついたピアノ用の楽譜を見つけて頂くことができます。

1. 平均律クラヴィーア曲集第1巻~前奏曲とフーガ第1番 ハ長調 BWV 846

▶ 前奏曲とフーガ第1番 ハ長調 BWV 846を演奏する

▶ 平均律クラヴィーア曲集第1巻及び第2巻をチェックする

バッハ一家は、歴史上最大の音楽家一家であり、ヨハン・セバスチャン・バッハの名はその中でも最も知られています。彼のキャリアと人生は、ドイツ中部で形成されました。彼は、自身の才能に値する役職を獲得したことはなく、働いていた小さな町でもライプツィヒでも、その認知度は非常に低かったのです。

平均律クラヴィーア曲集第1巻の前奏曲とフーガ第1番ハ長調BWV 846は、バッハの最も有名な作品の1つであり、クラシック音楽のジャンルにおいて特別な地位を占めています。一見シンプルに見えますが、その完成度はとても高いのです。それには、正当な理由があります。最終的な形になる前に、その曲は作曲家によって何度も書き直されました。  アルペジオが多く登場するこの曲は、数多くの方法で転写、編曲、再解釈され、今でも現代のアーティストによってアレンジされています。これに関して言うと、ラテン語のテキストをそのアルペジオへと結びつけたグノーのアヴェ・マリアは、プレリュードの主要な改作です。

バッハは、アンハルト=ケーテン侯に仕えケーテンで働いていた1722年に、平均律クラヴィーア曲集第1巻を作曲しました。第2巻は、22年後にライプツィヒで書かれました。 1770年代には、これら2冊分の楽曲集が音楽における参考文献となり、特にハイドンとモーツァルトによって研究されました。 

このプレリュードには3つの教育的関心があります。一つ目は、楽譜の読み易さです。両手でアルペジオの和音を交互に演奏するその楽曲の譜読みは容易であり、ほとんど経験のない生徒でもその演奏法を学ぶことができます。演奏に関してですが、この作品はチェンバロのために作曲されたため、繊細なニュアンスが細かく記されているわけではありません。そのため、ピアニストは自分自身の演奏を作り上げることができます。最後に、その様式は研究の様式に近く、ピアニストはスムーズに演奏することができます。 Tomplayの多くの機能を使用して、このプレリュードを最善の方法で学習して頂くことができます:メトロノームのテンポを調整して譜読みし、楽譜に書き込みをして、難しいパッセージを繰り返し練習し、ドイツ・グラモフォンのマウリツィオ・ポリーニの音源を、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら聴いてみましょう。

2. アダージョニ短調  BWV 974

▶ アダージョニ短調 BWV 974を演奏する

若いヨハン・セバスチャンの音楽教育の面倒を見たのは彼の父親、そして彼の兄弟でしたが、若い天才は独学で沢山のことを吸収し、過去と現代の仲間について好奇心を持ち、彼自身の作曲のスタイルを確立し磨きをかけるために、様々な作品や様式を発見し、理解したかったのです。

身近に作品を知ることに大きな興味を持っていたバッハは、リュリ、クープラン、ラモーヴィヴァルディコレッリアルビノーニといった沢山のフランスとイタリアの作曲家について学びました。

ワイマールの宮廷で、オルガニスト兼ヴァイオリニストであった時、彼はアレッサンドロ・マルチェッロのオーボエ協奏曲 ニ短調の楽譜を読む機会がありました。その作品に感動した彼は、それをチェンバロ・ソロ用に書き直すことを決め、アダージョ ニ短調 BWV 974が誕生したのです。

オリジナルの楽譜に可能な限り忠実でありながら、リズムのバリエーションや和声の豊かさを追加することにより、音楽的な話法は修正されています。この編曲は、バロック時代で最も成功した事例の一つであり、この点で参考になるものです。 

Tomplayを使用して 、アダージョ ニ短調をピアノ・ソロで演奏してみましょう。楽譜は画面上で自動的にスクロールするため、ページをめくる必要はありません。さらに、片手練習機能により、プロが演奏する片手の音源に合わせながら、もう片方の手のパートを練習して頂くことができます。

3. 主よ、人の望みの喜びよ BWV 147

▶ 主よ、人の望みの喜びよ BWV 147をピアノ・ソロで演奏する

▶ "主よ、人の望みの喜びよ BWV 147"を4手連弾で演奏する

ヨハン・セバスチャン・バッハは、ヴァイオリンとヴィオラを含むいくつかの楽器を習得しましたが、とりわけ、チェンバロとオルガンをマスターしました。彼は一目楽譜を見ただけですぐに演奏することができ、複数の声部の楽曲を即興で作ることができました。

バッハのレパートリーにおいて、もう一つ見逃せない作品があります。「主よ、人の望みの喜びよ」は、カンタータ「心と口と行いと生活で」の最後のコラールです。聖母マリア訪問の祝日で演奏しました。

この作品は、4人のソリストと4声(ソプラノ、アルト、テノール、バス)の合唱団、トランペット、オーボエ、バイオリン、ヴィオラ、通奏低音で構成されています。 

冒頭から、コラールのメロディーは本質的にトレオレで構成されています。この作品のいくつかのアレンジには、ピアノ・ソロ用や4手用のものもあります。

Tomplayのカタログにあるピアノ・ソロ版には、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習して頂くために、ラファウ・ブレハッチの音源が含まれています。4手用のバージョンには、第1奏者と第2奏者両方のパートのプロが演奏する音源が含まれており、お一人で練習される場合でも、片方のパートの音源に合わせながら練習して頂くことができます。

4. 平均律クラヴィーア曲集第1巻~前奏曲とフーガ第2番 ハ短調 BWV 847

▶ 前奏曲とフーガ第2番 ハ短調 BWV 847を演奏する

バッハは新しい音楽形式を作ることはしませんでした。オペラ以外の全ての様式の作品を書く好奇心はあったものの、彼はむしろ保守的でした。

バッハは、対位法と和声のバランスを取る達人でした。平均律クラヴィーア曲集第1巻のプレリュード第1番をピアノを学習した初年度から勉強し始められたとしても、絶えず変化するトッカータ、遊び心のある音型を持ち合わせたプレリュード第2はそうはいきません。

そのプレリュードは、2つの手の動きが鏡に映るかのような対称性を保つ、2声の研究として提示されます。この作品を練習することは、右手と左手の独立性を高め、指の動きを滑らかにするための練習に最適です。また、速いテンポで演奏することができるようになるための練習にも最適で、この楽曲のおかげで学べるさまざまな演奏方法に飽きることはありません。

私たちのパートナーであるドイツ・グラモフォンのおかげで、自動的にスクロールする楽譜にマウリツィオ・ポリーニの演奏音源を同期することができ、楽しみながら、そしてインスピレーションを得ながら練習して頂くことができます。

5. 管弦楽組曲 第2番 BWV1067: 第7曲:バディネリ

▶ ピアノ用にアレンジしたバディネリを演奏する

バッハは、同時代の人々からしばしば、冷たく、きつく、あまり親しみやすい人ではないと考えられていました。自分の知識を生徒や息子たちに伝えた後、彼は、余生を、自身の作品を集め、分類し、完成させることに専念し、「音楽的遺言」とも言える物を作り上げました。

バッハの序曲の大半に見られるものと同様に、組曲第2番は非常に活気のあるフィナーレで終わります。喜びに満ちた明るいバディネリを演奏することは、この組曲を通して自身の価値を証明しなければならないソリストにとっては、困難なことであると言えるでしょう。

この曲は、ドイツ的な土台に基づきながら、イタリアの協奏曲の形で構築されており、ルイ14世の宮廷でのこの種の組曲のモデルを扇動したリュリに触発されています。学者たちは、バッハのレパートリーに組曲があまり存在しないことについて疑問に思っており、その成功を考えると、組曲を書く素晴らしい才能があったにも関わらず、バッハはそのカテゴリーの作曲において自分は熟達していないと考えていたのだろう、と結論づけました!

バディネリを演奏することは、速度のコントロール、そして音楽解釈を訓練する上で素晴らしいトレーニングになるでしょう。

この作品をいくつかのレベルにアレンジし、すべてのピアニストに演奏して頂けるように致しました!テンポを調節したり、楽譜に書き込みをしたりしながら、楽譜に同期されたプロが演奏するオーケストラ伴奏音源に合わせて演奏してみましょう。ピアノ・ソロ用のバージョンも選択頂けます。

6. 管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068~第2曲:アリア(G線上のアリア)

▶ ピアノ用にアレンジした管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068のアリア(G線上のアリア)を演奏する

バッハは生涯、ドイツ国外ではほとんど知られていませんでした。彼の死後、彼の作品は19世紀になって再発見され、バロック音楽の偉大な集大成として認識される前は、時代遅れと見なされました。  

ここで、管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068を詳しく見ていきましょう。ブランデンブルク協奏曲とは異なり、これらの組曲は互いに独立しています。専門家は、その楽章は、特定の作品または以前の作品の異なるアレンジの集合体であるとも説明しています。 

有名なG線上のアリアは、このオーケストラ序曲の第2楽章です。その荘厳なメロディーは浮遊を感じさせ、当時の権威ある法廷でのお祝いの瞬間に私たちを連れ戻します。 

この素晴らしいアリアを、ピアノ・ソロ用に3つのレベルでアレンジしました。あなたのレベル問わず、この作品の演奏に没頭し、楽譜に含まれているプロが演奏する音源を聴いて、リハーサルをした上でこの作品を演奏してみましょう。

7. ピアノ協奏曲第1番 ニ短調BWV 1052

▶ ピアノ協奏曲第1番 ニ短調BWV 1052を演奏する

10年余りで、ヨハン・セバスチャン・バッハは、彼の時代の非常に偉大な音楽家や作曲家たちに仲間入りをすることになります。彼はザクセン=ヴァイマル公の礼拝堂で楽長になることを望んでいましたが、拒否されました。というのも、バッハは、ケーテンの宮廷楽長として招聘されていたのですが、ザクセン=ヴァイマル公はそちらに移ることを許さず、彼の頑固さを理由に、彼を刑務所に入れてしまったのです。

バッハは、チェンバロのための8つの協奏曲(BWV 1052~1059)を書いています。当時、彼はライプツィヒのコレギウム・ムジクムの指導者で、彼の息子たちのレパートリーを洗練されたものにしながら、新しい作品を継続的に供給しなければなりませんでした。  これらの理由により、その作曲家は以前に書いた作品のいくつかをピアノのために編曲しました。ピアノ協奏曲第3番 ニ長調 BWV 1054が、ヴァイオリン協奏曲ホ長調BWV 1042にインスパイアされたものである理由もここにあります。

ピアノ協奏曲第1 ニ短調BWV 1052に関してですが、この曲にはいくつかのバージョンがあります。バッハのこの作品への愛情は、彼が何度もこの曲を改変していることが物語っています。

Tomplayの機能を使用して、この素晴らしい協奏曲を、リハーサルをした上で、私たちによって録音された、プロが演奏する伴奏音源に合わせながら演奏してみましょう。

8. インヴェンション第1番 ハ長調 BWV772

▶ インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV772を演奏する

▶ 15の2声のインヴェンション BWV772 - 786を演奏する

以前の職務から上手く解放された後、バッハは、7人の子供をもうけた最初の妻の死に直面しなければなりませんでした。彼女は、夫が遠く離れている間、深刻な病気に襲われ、家に帰る機会もないまま埋葬されました。しかし、このとき、「平均律クラヴィーア曲集第1巻」「フランス組曲」「インヴェンションとシンフォニア」が誕生しました。

ケーテンでの最後の数年の間に、彼の息子ヴィルヘルム・フリーデマンと共同で、バッハは教育目的のために30のプレリュード様式の作品を作曲しました。彼はそれらを「インヴェンションとシンフォニア」というタイトルの教本にまとめました。 これには、2声の15のインベンションと、3声の15のフーガが含まれます。教育のためにこの教本を使用してもらうことを強調するために、この教本に関するバッハ自身のメモがあります: 「クラヴィーアの愛好家、特に学習をしたい方は、2つの声部をはっきりと演奏することを学ぶだけでなく、上達後は、3つのオブリガートのパートを正しくかつ上手に演奏するテクニックを身につけなければなりません。同時に、良いアイデアを得るだけでなく、それらをうまく実行すること、そして、何よりもカンタービレの演奏様式を習得することが大事で、それによって作品を深く理解することができます。」

Tomplayが提供する片手練習機能により、両手でインベンション第1番ハ長調を容易に演奏することができるようになり、それぞれの手のパートで交互に変わるリズムにより、ゲーム感覚で演奏して頂くことができます。

9. メヌエット ト長調, BWV Anh. 114

▶ メヌエット ト長調, BWV Anh. 114 をピアノ・ソロで演奏する

ヨハン・セバスティアン・バッハはアンナ・マグダレーナ・バッハと2度目の結婚をしました。アンナ・マグダレーナ・バッハとは13人の子供をもうけたものの、そのうち7人が若くして亡くなりました。バッハは彼女とライプツィヒ時代を過ごし、その時、彼はライプツィヒの聖トーマス教会の楽長になりました。彼はそこで、300のカンタータを作曲したほか、「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ゴルドベルく変奏曲」そして、「平均律クラヴィーア曲集第2巻」といった多くの秀作を作曲しました。

バッハの典型的な作品であるメヌエットト長調は、作曲家の2番目の妻であるアンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳から引用されています。この楽曲集には、メヌエット、ガボット、ミュゼット、マーチ、ロンド、ポロネーズなど、さまざまなバロックの踊りが含まれており、バロック様式の二声対位法を紹介する素晴らしいものです。

ヨハン・セバスティアン・バッハの作品だけでなく、その作品集には、ヨハン・クリスティアン・バッハ、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ、ヨハン・ゴットフリート・ベルンハルト・バッハ、ゴットフリート・ハインリッヒ・バッハ、クリスティアン・ペツォールト、ゲオルク・ベーム、フランソワ・クープランなど、ヨハン・セバスティアン・バッハと親しかった数多くのバロック作曲家が残した作品が含まれています。ただし、アンナマグダレーナの音楽帳の作品の多くはまだ匿名のままです。

メヌエットト長調は、 1970年までヨハン・セバスティアン・バッハの作品とされていましたが、1970年以降、ドイツの作曲家兼チェンバロ奏者、オルガニストであるクリスティアン・ペツォールトが作曲したものとされています。 

メヌエット ト長調, BWV Anh. 114 は、ピアノを習い始めて1年目または2年目の生徒でも演奏いただける作品です。この作品を通して、生徒はバロック音楽の世界とバッハの書法を知り、トリルを初めて演奏することもできるでしょう。

自動的にスクロールする楽譜に含まれる、プロが演奏する音源とともに、Tomplayの機能は、習いたてのピアニストがこの作品を理解して演奏するのに役立つことでしょう。

10. ピアノ協奏曲第7番 ト短調 BWV1058

▶ ピアノ協奏曲第7番 ト短調 BWV1058を演奏する

苦しみ、しばしば誤解されていたバッハは、彼の作品が、250年経った今でも演奏され続け、2賞賛されていることを想像できなかったかもしれません。彼はあらゆるジャンルの1000以上の作品を残しました。ハイドン、ショパン、モーツァルトなどの他の偉大な作曲家は彼の楽譜に多大なる注意を払い、しばしば彼ら自身の生徒にその曲の指導を行いました。興味深い個性の持ち主であったその卓越したバロック時代の作曲家は、膨大な作品を残し、それらは今日でも参考資料としても使用されます。

ピアノ協奏曲第7短調は、おそらくバッハが初めての試みとして、チェンバロのために書いた協奏曲です。ヴァイオリン協奏曲BWV 1041に触発されてバッハが書いたこの曲は、チェンバロの調性に適応するために、より低い調に移調されています。 

バッハはこの最初の協奏曲の出来に不満だったと言われています。しかし、オーケストラはチェンバロをサポートするために配置されています。 

プロが演奏するオーケストラパートの伴奏音源を活用して、何十人もの音楽家に伴奏をしてもらいながら演奏してみましょう!Tomplayで、ピアノ・ソロのパートを演奏し、この壮大なバロック作品の演奏を堪能して頂くことができます。

 

コメントを追加...